100年時代のビジネス経営戦略
戦略があれば、ホッと一息つける経営ができる。

毎月・毎年増収増益をし続けるための最新経営戦略をレクチャーします

仕事の悩み

仕事に行きたくないとなぜ涙が出るのか?対処法まとめ!

YOU
YOU
どうも。「100年ホッと安定ビジネス」経営戦略家のYOUです。今日は「仕事に行きたくないとき涙が出る!という症状に対しての対策」についてお話していくので覚えて帰って下さいね。
MOCHA
MOCHA
ここでバイトしてます♪店員のMOCHAです!オーナー、わかりました!今日も頑張って覚えていきます!
YOU
YOU

このページでは、「なんで涙が出てしまうのか?」「これからどうしていけばいいのか?」「まずすべきことはなんなのか?」を全て明確にしていきます。

このページを読み終わる頃には、あなたは「よし!とりあえず行動しよう!」と思えるようになっているはずなので、楽しみにしておいてください。

仕事に行きたくない!で涙が出るのはあなたが弱いからではない

まず、言っておきますが、涙が出てしまうのは、あなたが弱いからではありません。もちろん、メンタルの強い人、弱い人はいます。でも基本的に人間って脆いです。何か嫌なことが同時に積み重なってしまうと、精神的ダメージはどんどんと蓄積されていきます。メンタルがいかに強い人でも、やはり嫌な出来事が続くと、心はすり減っていきます。

人間ってそもそも弱い生き物だということをしっかりと自覚しておいてほしいんです。

これが意外にできない人が多いんです。「周りは頑張っているのに…..。自分が弱いからダメなんだ….。」って思ってしまう人が多いです。でも、周りの”辛さ”とあなたの”辛さ”はまた別物です。

相談すると、「その程度の仕事で涙が出るなんて甘えだろ!」とか「俺の方がもっと頑張ってるし、キツイ仕事をしているんだぞ!」とか言われてしまうかもしれませんが、「キツイ」とか「辛い」っていう気持ちに絶対値なんてないんですよ。

あなたが辛ければ、それはもう「辛い」でいいんです。

あなたが自分の気持ちを認めてあげないと、他に認めてくれる人なんていないので、辛いままになってしまいますよ。涙が出るのはあなたのせいではありません。だからそれ以上、頑張ろうとしないでくださいね。

仕事に行きたくない!だけで涙が出るのは異常だと気付こう

僕の友人起業家の1人に、山際さんという人がいます。

山際さんは、現在、不用品販売ビジネスや投資などで収益を出しながら、世界中を夫婦で旅していますが、会社を辞めた速度は、僕と同じく、入社後たった2日でした笑。

入社した会社で2日経った時、ポロポロと涙がこぼれてきてしまったんだそうです。しかもなんで自分で泣いているのかがわからなかったんだとか。これ、どう考えても異常ですよね?

先程も言ったとおり、人間というのは正直いって脆いです。だから、自分の弱さを即座に認めてあげてください。体と心に無理をさせすぎている、ってことをわかってください。

山際さんも僕も、2日で会社で働くことを諦めました。ここは自分に向いていないな、と判断したんです。それがわかっただけでも儲けものなんですよ。一個ダメだったら、他の場所で戦うだけです。

苦手なステージで頑張って、上手くいった成功者なんていません。みんな、好きだからとかやりたかったから、必然的に上手くいったんです。涙が出るほど嫌なら、それは異常ですし、この先も上手くいくはずがないので、さっさと辞めてしまいましょう。その場所にかけている時間と労力がもったいないと思います。

仕事が原因で涙が出る3つの理由とは?

ちなみに、仕事に行きたくないとき、涙が出てしまう理由は大きく分けて3つあります。涙が出るほどなので、理由がなんであれ、かなり精神的に苦しい状況だとは思いますが、「なんで自分は泣いているのか?」がわかった方が、問題に対処しやすいので、ぜひ明らかにしておきましょう。

上司や先輩に怒られるのが怖いから

まず1つは、単純に上司や先輩に怒られるのが怖いからです。今日行けば、確実にまた怒られるのが目に見えていて、絶対に行きたくないけれど、でも、会社には行かなければいけない、という2つのプレッシャーの狭間で苦しみ、結果的に涙が出てしまうわけですね。

自分が非力で情けないから

次に、自分の不甲斐なさに情けなくなってしまって、泣けてくるパターンです。すでにお話した通り、「自分がダメだから…」と思い込んでしまうと、自分が情けなくなって泣けてしまうこともあります。

特に理由もなく涙が出る

これが最も危険な状態です。

恐らく情緒不安定になっていますので、すぐに病院へ行ってくださいね。山際さんもこの状態だったわけですが、たった2日でもこういった症状にはなってしまいます。

仕事が原因で涙が出るのはうつ病の前兆かもしれない

理由もなく涙が出るのは、うつ病の一歩手前だと言われています。

通常、鬱を治すのには、数ヶ月〜1年程度かかると言われていますが、早期に治療にかかれば短期間で治すことも可能な病気です。ですから、早い段階で自分の気持に気付くことが重要だということです。

  • 趣味や楽しいことすら楽しめなくなってきている
  • 最近眠れなくなってきている
  • 食事をしていても楽しくない
  • 体がだるい、疲れやすい

こういった症状があるなら、うつ病の可能性も十分にあるので、まず心療内科に行き、診察を受けてみてくださいね。

とりあえず、意味もなく涙が出てしまったらすべきことは1つで、病院に行くことですよ。

とりあえず仕事から離れてみよう

涙が出るほど、仕事が嫌なら、一旦仕事のことを考えるのは辞めましょう。僕は今でこそ自動収入の構築をして、生活できていますが、これを作るまでは結構頑張りました。

仕事に疲れるときもありましたが、そのときは思いっきり海外に行って長期滞在したりして、とにかく仕事から離れることを考えましたよ。思いっきり遊んだあとは、やっぱり仕事しないといけないよな、と結構やる気になるもんです。

体や心が疲れてるってことは、今必要なのは休息だったり、遊びだったりするわけですから、とりあえず仕事のことや生活のこと、人生のことは置いておいて、遊んでしまえばいいです。

人生なんてどうにでもなります。僕の友人の起業家が言っているのが、「死ぬこと以外、ノーリスク」ってことです。この言葉、僕は大好きなんですよね。

起業家って、収入が今月は数千万だったけど、来月はゼロになるかもしれない。ってことが結構あるんですよ。でも仮に、収入がゼロになったとしても、最悪バイトすればいいや。くらいに考えているんですよね。もちろん、僕もそうです。

あなたは起業する気なんてさらさらないのかもしれませんが、こういうメンタリティは、会社の中にいるとなかなか養われないでしょう。収入によって生活レベルなんて、どんどん変えていったらいいですし、例えばアジアに移住しちゃえば、高級マンションが月5万で借りれたりします。なんでもありの世界です。

目の前のことに注意を奪われすぎないでください。人生、探せば楽しいことなんていくらでも掘り出せます。

ABOUT ME
アバター
経営戦略家YOU
1993年生まれ/牡牛座/愛知県出身/大阪大学出身 好きなもの:カフェ、海外、インテリア 嫌いなもの:キノコ、ナス、ほうれん草 大阪大学を卒業後、2日で会社を辞め、起業。月500万の利益を安定的に自動で稼ぐマーケター。 エリートサラリーマンだった父が会社環境が原因で鬱になり、起業。その姿を見て、「もっと楽しい仕事はないのか?」と葛藤し、大阪大学在学中に独自の自動収益システム「Libre System(システム)」を構築。 父のように「つまらない仕事」や「ストレス」に頭を抱え、人生に悩む人へ「もっと楽しい仕事」という選択肢を与えるためにオンラインサロンを主宰。 「JOY×JOB」を理念に掲げ、起業知識や楽しいライフスタイルを送るための考え方をシェアしている。 既に月数十万の自動収入を生み出すサロンメンバーを多数輩出中。
自動収入を作って、
好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?