100年時代のビジネス経営戦略
戦略があれば、ホッと一息つける経営ができる。

毎月・毎年増収増益をし続けるための最新経営戦略をレクチャーします

仕事の悩み

仕事に行きたくない!助けて欲しいときの最終手段3選

どうも。YOUです。

今日は、仕事でかなり追い詰められて、「助けて!」と叫んでしまいたくなるほど、精神的にダメージが蓄積されているあなたのための記事です。辛い!助けて!といっている人ほど、真面目なんですよね。ただ、今日のこのページを見れば、「あ、こんなことしてもいいんだな…」と思って、かなり楽になるはずですし、気分も落ち着くはずです。

なので、ぜひ読んでみてくださいね。

仕事に行きたくない!なら辞めればいい。

仕事に行きたくない!と言いつつ、会社を辞めることをしないのは、理性でまだコントロールしているからです。本当に心の底から「もう働けない!」と思っていて、100%抜け出したいと思っているなら、辞めればいいんです。

 

でも、きっと100%じゃないから、退職することにブレーキをかけているんですよね?

例えば、会社のせいではなく自分のせいだと思っていたり、、、

例えば、今の企業でももしかしたら、今の時期を乗り越えれば苦しくなくなるんじゃないかなと思ったり、、、

例えば、今の企業を抜け出したとしても、もっと状況が悪くなってしまうんじゃないかなと考えたり、、、

 

他にも親に顔向けできないとか、いろんな理由があって、「仕事に行きたくない!」とは言いつつも、その感情にブレーキがかかっているんだと思います。

ただ、断言できるのは、そのまま何もしないと、いつかブレーキが壊れて、めちゃくちゃなアクセルがかかってしまうということです。最悪の場合、自殺してしまうこともあります。本当に会社が嫌なら、とりあえず何かはしないといけません。ずっとそのままというわけにはいかないんですよ。

 

僕のおすすめはとりあえず本当に嫌なら辞めるってことです。

ちなみに僕は、自分で言うのもなんですが、そこそこ勉強も頑張ってきて、ブランド大学も出ました。が、2日で辞めました。周りの人からは会社辞めるなんて勇気あるな!とか言われたりもしましたが、別に勇気なんて必要ありませんでした。

だって、人生はなるようになるんです。そういう風に出来ています。道は絶対に1つではありません。僕の周りには元暴走族だけど、社長として活躍していたりって人、いっぱいいます。一回くらい、人生で失敗したからといって、そこで終わりなんてことはありません。

 

というか、一発で上手くいく人生の方が珍しいです。

ビジネスで上手くいく人も、とんでもないくらい何回も失敗しています。普通の人からすると考えられないようなリスクを犯しながら、果敢にチャレンジしていきます。

自分でビジネスをしてみれば、その感覚が少しはわかると思いますが、会社を辞めることくらい、なんらリスクではありません。些細な出来事です。

 

もっと外の世界を見ましょう。今の会社が全てではないです。他の会社も見ましょう。他の業界も見ましょう。バイトしながら、子供の頃の夢を追いかかるのも楽しいです。起業してみるのもいいと思います。今はリスク無く起業できる方法が揃っています。

サラリーマンの世界で生きていると、ずいぶんと可能性や価値観が狭まってしまいますが、楽しいことはもっと外側にあります。ポンッと一度、外に出てしまえば、「なんだ、あんな些細なことで悩んでいたのか」と思うはずです。

本当に会社に行きたくないなら、すぐに辞めてしまっても問題ありません。

何度も言いますが、なんとかなります。

どうしても助けて欲しいときの最終手段3選

どうしても助けて欲しいなら、とにかく会社や仕事と離れましょう。

冒頭でもお話しましたが、放っておいてなんとかなるものでもありません。

ズル休みをしてサボる

会社に電話して、サボってしまうのもいいと思います。責任が、とか迷惑がかかる、とか結構気にされる人がいますし、実際それはそうなんですが、仕事なんて90%以上は、「その人がやらなければいけない」ものではありません。つまり、いくらでも代わりはいるってことです。

内閣総理大臣ですら、「あの人でなければいけない」なんて人はそうそういないわけです。あなたが会社に行かなかったとしても、誰かがその穴を必ず埋めてくれます。

ただし、ズル休みをしてサボるというのは、せいぜい出来ても数日が限界です。数日休んで気分がよくなるなら、土日に回復しているはずですよね。なので、あまり効果はないと思って下さい。あくまで、本当にもう行きたくない!と思った時の最終手段です。

こういうことをしてしまっても問題ないんですよ、という一例に過ぎません。

病院へいって診断書をもらい、休職する

病院へ行きましょう。そこまで思い悩んでいるなら、何かしらの精神的な病気である可能性も十分あります。そして診断書を貰いましょう。そうすれば、休職が可能ですし、なんなら裁判で勝つことも出来るかもしれません。会社のせいで精神的に追い詰められたのであれば、そういうことも可能なわけです。

そして一度休職しながら、次の仕事を探しましょう。転職エージェントも様々あります。転職を繰り返すとやはり条件はだんだん悪くなってしまったりますが、全部が全部とは言いませんし、条件がよくなることだってもちろんあります。

仕事を辞めて、失業手当をもらい、次の仕事を探す

最後に。仕事をとりあえず辞めてしまうという方法です。そして失業手当をもらいましょう。失業手当をもらうのに必要な資料を会社から受け取り、それをハローワークにもっていけば、失業手当が受けられます。ただし、病気や怪我などで、今すぐに働けない人は貰えませんので注意してください。

失業手当を受けながらであれば、かなり精神を安定させて、次の仕事選びに専念できるでしょう。

ぶっちゃけ会社に助けてもらわなくても副業すればなんとかなる

もし、今の会社を辞めて、新しい転職先もダメだったらどうしよう……と迷っているなら、副業する方向で考えてみてください。収入だけがネックになって、今の会社を辞められないのなら、別に大丈夫です。お金を稼ぐ方法なんていくらでもあります。

会社に依存した結果、精神的に苦しくなってしまったんだとしたら、今度は依存しない働き方を見つけるべきですよね。

僕が数多くのクライアントさんと関わらせてもらってわかったのが、「生活もお金も、もう心配なくなっちゃったら今の仕事を続けないだろう」ということです。みんな、生活とお金のために頑張って働いていて、会社と社員の繋がりってやっぱり「お金」なんですよね。

 

だったら、やはり副業してみてください。

普通に世界が広がると思いますし、副業で本業以上の成果を出すのもそう難しくありません。そこまでいけば、本当に自分が楽しい!と思えるような仕事に集中できますし、趣味に没頭することも出来ます。やりたい放題できます。

力の入れどころをミスらないでください。

会社の中で死ぬほど頑張っても、報われることはほとんどありませんし、精神的に疲れて、追い詰められるだけです。人生のミッションは、幸せに生きることだと思うので、会社でお金を稼ぐこと以外に目を向けるのも重要ですよ。

ABOUT ME
アバター
経営戦略家YOU
1993年生まれ/牡牛座/愛知県出身/大阪大学出身 好きなもの:カフェ、海外、インテリア 嫌いなもの:キノコ、ナス、ほうれん草 大阪大学を卒業後、2日で会社を辞め、起業。月500万の利益を安定的に自動で稼ぐマーケター。 エリートサラリーマンだった父が会社環境が原因で鬱になり、起業。その姿を見て、「もっと楽しい仕事はないのか?」と葛藤し、大阪大学在学中に独自の自動収益システム「Libre System(システム)」を構築。 父のように「つまらない仕事」や「ストレス」に頭を抱え、人生に悩む人へ「もっと楽しい仕事」という選択肢を与えるためにオンラインサロンを主宰。 「JOY×JOB」を理念に掲げ、起業知識や楽しいライフスタイルを送るための考え方をシェアしている。 既に月数十万の自動収入を生み出すサロンメンバーを多数輩出中。
自動収入を作って、
好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?