未分類

ドルガバと呪術廻戦のコラボ戦略は見ておくといい

どうも、日本最速FIREプロデューサーのYOUです。

 

私が月収100万円を超えるようになったのは、自分で仕事をしだして、1年半程度が経過してからでした。

いわゆる遅咲きタイプです。

 

私が自分の要領の悪さを認識し始めたのもこの頃からでした。

周りは、始めて数ヶ月でまとまった収益を得ていましたからね。

 

私は元々、かなりお金がなく、

大阪箕面の家賃2万円のところに住んでいました↓

バイトをしていた頃は、月に10万円稼ぐ、、、、

ということがかなり大変なことだと認識していて、私は確かピザハットで働いていたのですが、シフトをぎゅうぎゅう詰めにしなければ、月10万円に届きませんでした。

 

バイト先の社員も、超手際がよく、

会社のために人生を捧げて働いているにも関わらず、

手取り20万円の手取りもないようでした。

 

誰しもそんな感じに「労働」というものの感覚や

頂けるお給料の「相場感」みたいなものを学び、

 

バイトなら月10万円くらい稼げて、

社員になると月20万円くらい稼げる、、、、

必死に働いてもそれほど収入は増えない、、、

というのが常識化していくと思うのですよね。

 

私もそんな常識の中、この家で暮らしていました。

 

そして、この家から、超急激な坂が続く、

大阪大学まで自転車か原付で通っていました。

この頃は、バイトもろくに続かないため、収入が途切れ途切れになっており、

「将来は商社とかに入社して、30歳くらいで年収1000万円とれたら理想的だなー」

なんて考えながら生きていました。

 

私の中のエリートサラリーマンの常識では、

「サラリーマンで年収1000万円に至ること」=「成功」

という図式が出来上がっており、将来、結婚する嫁さんも高学歴でハイキャリアな人なら、世帯年収2000万円くらい狙えるかもな!よし、それでいこう!

くらいの気持ちでいました。

 

エリートサラリーマン組に入るために必死でした。

ある筋から、体育会系の部活をやっておくと、就活の裏ルートを用意してもらえる、、、なんてことを聞き、そのためだけにバスケットボール部に入りました。

 

家系的に、起業家や経営者は多いのですが、起業というと、どうしても不安定な感じがしますし、ボーナスも退職金もなく、社会的な保証や信用もない。。。

起業に憧れはしますが、私の中では、あまり現実的なプランではありませんでした。

 

ですが、大学2年の終わりのとき、大阪にとあるネット系起業家が来ていて、その方のセミナーに参加したのですよね。

その人は早稲田を卒業後、就活で失敗し、2〜3年くらいパチプロをやっていて、そこから起業した、、、という経歴を持つ方で、実際にPC1台で大金を稼ぐ、、、といった人をリアルに見たことがなかったので、実際に出会ってみて初めて、そういった世界があるんだな、、、ということを知りました。

 

そして、その人の元でインターネットマーケティングを始めることになり、ブログ/メディア運営から始めていったのですよ。

ま、、、月に10万円弱くらいしか売り上がらず、、、センスのなさを痛感しましたが。

 

そして、メディアは向いてない!次だ!と思って、

そこから、コンテンツマーケティングの方に移行し、

移行して2、3ヶ月で月100万円を超えました。

 

ブログ→コンテンツマーケティング

に変えたことで、月100万円をあっけなく超えたのです。

 

かなり驚きました。

大学4年生で、就活はある程度終えた時期です。

 

もうすぐで内定した会社に入らなければいけない、、、

そんな時期に月100万円を超えてしまったのです。

 

ある日突然、Paypal(という決済ツール)残高に

100万円近い数字がドンっと表示され、私は嬉しいやらなんやら、

現実感が湧きませんでした。

 

大学4年の頃、内定先が東京だったため、

一人暮らしをやめ、愛知県の実家に戻ってきていましたが、

 

両親に「すご、、、100万円入ってきた….」と焦って報告し、

親も「え、、、変なことしてないでしょうね?」

と若干心配そうにしていたのを覚えています。

 

私の場合、大阪で出会った起業家や、そのクライアントの成果を見ていたので、月100万円を達成している人がいる、、、というのはなんとなくわかってはいましたが、いざ自分がそれを達成してみると、、、

「おぉ、、、とうとう自分もPCで、ここまでお金稼ぐことができちゃったんだな、、、」

と驚きました。

 

今までの

「サラリーマンで年収1000万円に至ること」=「成功」

という図式が壊れ始めていました。

 

そして、私が一番最初に販売していたのは、ダイエットのオンラインサポートコンテンツだったのですが、そこから、医療系コンテンツ、ビジネス系コンテンツ、、、と

コンテンツの種類を変え、販売していきました。

 

私は他の人よりもたぶんかなり冷静で、

月100万円が転がり込んできたとき、豪遊するなんてことは一切なく、

 

とにかく収益がちゃんとあがっているうちに、

次の手を仕込んでおかなければならない、、、という

いわゆるマーケティングの「座組み」や「展開」というものはなんとなく感覚的に理解できており、次のコンテンツを仕込みにいっていたのです。

 

一旦、収益があがったはいいものの、

いつ収益が止まるかもわからない、、、という恐怖とリスクが

わきおこっていました。

 

ところが、収益は下がるどころか、上がり調子。

 

月100万円を超えたわずか3、4ヶ月後には月200万円、さらに数ヶ月後に300万円、1年が経過する頃には、500万円にまで膨れ上がり、安定してきていました。

 

いろいろな収益源をこの間に作ったことで、私の不安要素も少しずつ減っていきました。

 

そして、就職のため、東京にはいったものの、入社2日で会社をやめてしまい、

本格的に力を入れていったところ、、、

そこで、また月の収入が100万円→200万円→500万円→1000万円→2000万円、、、

と増えていったのですよ。

 

今考えると、会社を2日でやめたのはいい判断だったと思います。

当時は、親に言ったら怒られはしないものの、驚かれると思って言えずにいましたが、あそこで会社をやめていなければ、恐らく、流れで2~3年は会社にどっぷりと浸かることになり、いい感じに社会の常識に洗脳されていたでしょう。

 

月に200時間近くを使って、ようやく月に20万円やら30万円やらをもらう、、、

というのが当たり前だと思っていたのだと思います。

 

その点、社長に中卒やら高卒やらの人が多いのも頷けます。

20歳くらいからいきなり起業した人も多く、恐らく社会の常識を刷り込まれなかったということもアドバンテージだと思うのですよね。

 

そして、今回の体験談を通してお伝えしたいのは、

市場を変えたことで、今まで当たり前だと思っていた

単価、報酬、常識が全て変わってきた、、、ということです。

 

バイトの相場は月10万円、

正社員の相場は月20万円~30万円、

エリートサラリーマンは月80万円、

ブログやメディアは月10万円~30万円、

コンテンツマーケティングは月100万円~2000万円、、、、

 

私の収益が増えたときというのはいつも、

「市場を変えた瞬間」でした。

 

これは全てのことに当てはまり、

例えば、整体師も、普通に働けば、1人あたり5000円~1万円しか貰えませんが、ひとたび市場を変えれば、客単価が5万円~10万円になります。

 

また、副業業界も同じで、これから副業やりたい人向けに商売をすると、単価20万円~80万円くらいが相場になりますが、

少し市場を変えるだけで、平均単価を変えるだけで、

客単価が200万円~500万円へと早変わり。

 

 

多くのビジネスを見ていて思うのは、

いつも狭い市場で戦っている、、、ということ。

 

その単価、その業界が「当たり前」だと思っている。

自分がいる場所は、小さい箱でしかなく、隣に移れば、とんでもない単価で商品がやり取りされている市場もあるんだよ、と。

 

例えば、普通にセミナービジネスをやっている人たちは、感覚としてわかるでしょうが、セミナーに参加しよう!と考えている層は、

全体の見込み客の中のわずか5%であり、

もっといえば、セミナーに参加し、かつ、30万円以上の金額を払って、学び実践していこう!と考えている層は、全体の見込み客のわずか0.3~0.8%にしかなりません。

 

ですから、セミナービジネスしかやっていない人たちは、

この0.3~0.8%を互いに奪い合っているわけです。

もはや、狂気の沙汰です。

 

 

そうではなく、市場を変える戦略を少しは入れようよ、と私は言いたいわけです。

例えば、最近、ハイブランドがアニメとコラボする機会が増えました。

 

コーチとナルト。

ヴィトンとファイナルファンタジー。

ロエベと千と千尋の神隠し。

ドルガバと呪術廻戦。

 

何も知らない人たちからすれば、

「え、、、?いやいやダサすぎるでしょ?誰が買うのよ(笑)」

と思っていそうですが、

 

まずアニメコラボをすることで、服を目当てに買っていた顧客ではなく、

「アニメグッズを目当てに買う顧客」をターゲティングすることができ、

客層が広がる効果があります。

 

要はこれも市場を変えているわけです。

知っていると思いますが、オタクやマニアほど、店の売上に貢献してくれる層はいないです。

 

また、今の若い世代に対して、認知させておき、ブランドの名前だけでも覚えておいてもらえれば、将来、若い世代が金をもったとき、

「そういえば、ここのブランド、呪術廻戦のグッズ見るためだけにショップいったなー、久しぶりに寄ってみるか」

となる可能性もありますし、当然、SNSでの拡散率は高く、認知シェアをとることもできる。

 

当然、ブランドを棄損するリスクはありますが、

商品ではなく、ほぼ「広告」として割り切って展開していますし、

顧客獲得CPAも落ちているでしょう。

 

総合的に見て、賢い戦略です。

 

あのブランド戦略を見て、

「とち狂った方法に乗って出たな笑」

と思う方が、勉強不足であり、

しっかりと市場を変える重要性を認識しておくべきです。

 

 

もう一度いいますが、あなたの報酬が変わる時というのは、

えてして、市場を変えたときです。

 

まずはサラリーマンという市場の中にいるのなら、

起業家、経営者の市場へ来てください。

すでにビジネスをやっている人たちは、自分の事業の市場を変えることも検討されるといいかと。

 

では!

ABOUT ME
[email protected]年商1億円を作る方法
1993年生まれ/牡牛座/愛知県出身/大阪大学出身 WEBでゼロから1億を作る手法を教えている。 事業を作るスピードとノウハウは業界の中でもトップクラス。1ヶ月で1事業を作ってしまう。 大阪大学を卒業し、大手WEB広告会社に入社するも、2日で辞め、起業してしまう。その後、ビジネスを短期間のうちに軌道に乗せ、増収増益を繰り返す。 現在では、年商20億円企業の経営サポートから、美容院コンサル、歯科医院や飲食店コンサル、個人の起業・独立サポートまで幅広い経営戦略の立案を手がける。 その他にも、経営者・マーケター・プロデューサー・コンサルタントなどなど、様々な一面を持っており一言では説明できない存在である。 特に個人起業家のサポートには定評があり、ビジネスの基礎を作らせたら右に出るものはいない、と言われるほどビジネスの基礎作り・会社員の独立サポートは人気がある。 詳しいプロフィールと実績はこちら →https://you-ito.com/profile
ホムコン