起業家として「未熟」なまま
3ヶ月で100万円以上の収益を立てようじゃないか
起業というのは、スキルが完璧でなくても、
せいぜい100万程度の収益なら、割と誰でも作れます。
具体的な作り方をレクチャーするサロンです。
起業に関する基礎知識

100万円で出来る商売!これが一人で起業できる仕事だ!

YOU
YOU
どうも。「100年ホッと安定ビジネス」経営戦略家のYOUです。今日は「100万円で出来る商売」についてお話していくので覚えて帰って下さいね。
MOCHA
MOCHA
ここでバイトしてます♪店員のMOCHAです!オーナー、わかりました!今日も頑張って覚えていきます!
YOU
YOU
正直、元手が100万あれば、余裕。僕は元手40万くらいのところから1年で年商5000万のビジネスを育てましたからね。

100万円で出来る商売!これが一人で起業できる仕事だ!

冒頭でもお話しましたが、100万円あれば、正直ビジネスを大きくするのは余裕です。むしろ半分の50万円くらいでも出来るくらいです。

 

他のサイトではやれ、

  • フリーマーケットサイトを使いましょうだとか、
  • アフィリエイトをやりましょうだとか、
  • 店舗経営をしましょうだとか、

まぁいろいろと考えなしのアホなことが書かれているわけですが、

結論から言うと、情報発信をしましょう。

以上です。

 

MOCHA
MOCHA
え、情報発信ってなに?

ってなってると思うので軽く説明しますが、情報発信っていうのはそのままで「情報を仕入れて、それを発信する」。これだけのビジネスです。

MOCHA
MOCHA
そんなことがビジネスになるんですか?

という疑問も湧いてきそうなので、先にお答えしておきますが、ビジネスになるんですねー。というか、下手に他のビジネスモデルに手は付けない方がいいですよ。

  • 個人で年商5億円が目指せて、
  • 失敗しても赤字になるリスクが極めて小さく、
  • 起業難易度が恐らく最低レベルで低い

という、かなり美味しいビジネスモデルが「情報発信」です。

 

正直、このビジネスで上手くいかない、軌道に乗せられないのであれば、他のビジネスをやったとしても無駄です。5年~10年持つかどうか?ってとこがいいところでしょう。

こないだもこんなメールが僕のところに届きました。

小さいながらも自分の店をオープンさせました。
お店にも料理にも自分の思いを全て詰め込みました。
前菜からデザートまで11皿という他にない構成。
イタリア料理と感じさせない繊細で懐石料理のような数々。

しかし、残念ながら7年後、閉店いたしました。
隠れ家と癒しの空間をコンセプトにマーケティングは一切していませんでした。
かろうじてフェイスブックをしていた程度。
料理は季節の食材を使ったもの。
品数、盛り付けに拘っていましたが一人で全て作っていました。
お客様を待たせることもしばしば。

お店を閉めた時に残ったのは2000万程の借金と極度の疲労。
そして今も治らない耳鳴り。

好きなことを必死で守ってきたと思ったのに、一体何をしてきたのだろう。
妻にも本当に申し訳ない気持ちで今もいっぱいです。

 

正直いって、店舗経営は難易度が高いです。

正直、知識と戦略があれば、なんとかなりますが、とりあえずはリスクの少ないWeb事業から始めるべきなんですよ。

なので、再三再四繰り返しますが、ひたすら「情報発信」

ここだけに心血を注いでください。

100万円で出来る商売はたくさんあるのに、みんなビジネスが下手すぎる件

正直、僕は今のビジネスモデルが時代を迎えてダメになったとしても、100万円があればいくらでも復活できます。ですが、中には数千万円借金しても、成功できない人がいるわけです。

数千万使う勇気があるっていうのは、盛大に拍手したいところですが、基本的にみんな無駄なことをしすぎています。無駄なところにお金をかけすぎています。だから上手くいかないんです。

まぁ、基本的には「知識不足」が原因ですね。

やってはいけないことをバンバンやりたがるので、ちょっとそこの注意喚起をしておきたいと思います。

開業資金・独立なんて難しいことは辞めてまずは副業すればOKな件

とりあえず開業したがる人。とりあえず独立したがる人。

まぁいいんですが、ちょっと待ちましょう。ひとまず副業でやりませんか?

時間的に厳しい人もいるでしょうが、そういう人は時間的にゆとりが作りやすい企業に転職しましょう。実際、僕の友達でまずタクシードライバーになって、起業準備を進めている人とかもいますよ。

もう統計データで出ているんですが、いきなり知識もないまま起業する人よりも、副業から始めてしっかり知識へ投資し、潤沢な資金で起業する人の方が、30%も成功する確率が高いことがわかっています。

とりあえず副業で始めましょう。副業で結果が出なければ、独立しても無駄です。

フランチャイズで起業するのは愚の骨頂な件

僕の両親もフランチャイズで塾経営してますが、ぶっちゃけおすすめできません。うちの両親は、数あるフランチャイズ店の中でも全国でナンバー2の売上を誇る店ですが、それでも経営がめちゃくちゃ安定してて売上も上々かというと別にそんなこともありません。

フランチャイズって売上を馬鹿みたいにあげるって難しすぎるんですよ。

経営マニュアルがあるので、最初どんな風に経営すればいいのか?ってことは確かにわかりやすいです。ただし、当然マニュアルが全国で配られてるわけですから、「差別化」が一切というほど出来ません。

USP(Unique Selling Proposition)って言葉くらいは聞いたことがあると思いますが、日本語でいうと商品の特長です。これは他社製品との差別化を行うために作るものなわけですが、そもそもなんでこんなものが必要だと思いますか?

それは、ライバル企業がたくさんありすぎて、世の中のニーズがほとんど満たされて来ているからですよ。だから、USPを作らないと商品が数あるライバルに埋もれちゃうわけです。

しかし、フランチャイズはこのUSPが作れません。

もちろん、本店のUSPは引き継げますが、その店舗独自のUSPがないわけです。ってことは、強みを発揮しにくいし、選ばれ続ける理由を作りにくいってことです。

そういう条件で起業しないといけないのが、フランチャイズなんですよ。一見、起業に関する全てが揃っているからハードルが低そうに見えますが、完全に逆です笑

経営が苦しくなっても、縛りが多くて、工夫できる点が少ないので、素直に潰れていくしかないのがフランチャイズなんですよ。しかもテナント代が数百万くらいかかってきますしね。

正しい100万円の使い方でここまでビジネスは大きくできる!資金はこうやって使え!

そんな使い方はやめて、正しい方法で100万円使えば、普通に年商1000万~3000万くらいのビジネスは初年度に作ることができます。どのように使えばいいかをお話ししましょうか。まず大前提として「情報発信をしていく」ということは押さえておいてください。

例えば、ダイエットジャンルを攻めるなら「ダイエット講座」を販売するし、投資ジャンルを攻めるなら「投資ゼミ」みたいなものを販売します。何度も言いますが非常に簡単で、情報を仕入れて、売る。やることはただそれだけです。

で、その情報発信ですが、以下のようにビジネス・会社を大きくしていきます。

  1. 市場リサーチをして、マネタイズしやすいジャンルを探す
  2. コンセプトメイキング(USP)をして、独自の市場を作り出す
  3. 商品概要を決める
  4. MA(マーケティングオートメーション)のシステムを作り、自動で営業がかかるようにする
  5. 広告を流し、期待値計算(ROAS)をする
  6. 広告を入れたとき、何倍のリターンがあるのか?が算出できたら広告予算をあげる
  7. 新商品をリリースし、利幅を増やしていく

うーむ、シンプル。

「まだよくわからないよー」って思ってるかもしれませんが、その場合は僕のオンラインサロンが無料で開いてますから、そっちに参加してください。そっちの方でかなり具体的にどうすればいいか?は説明していってますので。

正直、Webマーケティングを使って会社をデカくするのであれば、基本的にはこの流れしかないんですよねー。

なので、ぜひ覚えておいてください。

ちなみに、100万円をどのように使えばいいか?って話ですが、内訳としては、、、

  • メンターorアドバイザーの雇用費用:50万円
  • Webサイトのサーバー代やメーリングシステムの経費:月1万円
  • 広告費:30万~50万

こんな感じがベストでしょう。

例えば僕の場合だと、広告費に30万突っ込むと、5倍くらいになって返ってくるので、150万の利益が出て、広告費を差し引いても120万くらいの粗利になります。で、こういうビジネスを設計するのに、経営アドバイザーに数十万ほどお支払するっていう感じのことをやってきました。

「一人で起業できる」のではなく、「一人で起業しなければならない」のだ

今や、企業組織よりも個人が影響力を持つ時代になってきました。今、ニーズがめちゃくちゃ細分化されてきてるんですよ。大雑把なニーズとかは大企業が拾っていけるんですけど、細かいニーズっていうのは、企業は拾いきれません。

で、そういう細かいニーズっていうのを拾っていけるのが、小回りが利く個人なんですね。

大企業は基本的にノロマ。会議に出して、上に通って、予算が下りるまでアホみたいに時間がかかるので、融通が利きません。まぁ、最近ティール組織とかも米国の方では出てきてるみたいですが。

ただ、これからの時代、基本的に個人が有利だし、大企業はコストや経費がアホみたいにかかる割に時代制にマッチしてないので、ガンガン潰れていくところも多くなってきます。なので、組織を作ろうとしなくていいんです。むしろ、一人で起業しないといけないんですよ。

起業とまでいかなくても、会社に依存せずに利益をあげる力がある人にならなければいけません。いつリストラされるかわからんわけですからねー。ってことで、100万の元手があるんなら、しっかり将来のために起業力をあげていきましょうって話でした。

ではではー。

ABOUT ME
アバター
経営戦略家YOU
1993年生まれ/牡牛座/愛知県出身/大阪大学出身 ビジネスの基礎(月商300万まで)を作る専門家。 大阪大学を卒業し、大手WEB広告会社に入社するも、2日で辞め、起業してしまう。その後、ビジネスを短期間のうちに軌道に乗せ、増収増益を繰り返す。 現在では、年商20億円企業の経営サポートから、美容院コンサル、歯科医院や飲食店コンサル、個人の起業・独立サポートまで幅広い経営戦略の立案を手がける。 その他にも、経営者・マーケター・プロデューサー・コンサルタントなどなど、様々な一面を持っており一言では説明できない存在である。 特に個人起業家のサポートには定評があり、ビジネスの基礎を作らせたら右に出るものはいない、と言われるほどビジネスの基礎作り・会社員の独立サポートは人気がある。 詳しいプロフィールと実績はこちら →https://you-ito.com/profile
【オンラインサロン】
入会費3000円⇢今なら永年無料

好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?

【学べる内容】

  1. 月商で30万いかない起業家が翌月から月商100万~300万をコンスタントに出す方法
  2. 年商1億円いかない人が確実にやっていないあることとは?
  3. 6割の起業家は3~4年に消える。しかし、10年~20年以上続くビジネスにする方法がある。その方法とは?
  4. 月商100万がまだまだ非現実だと思う人へ勧める「初月で月商30万を出す方法」
  5. 1日50人安定して集客する方法
  6. コピーライティングは習得するのに最低3年かかる。しかし圧倒的な成約率を3ヶ月で出す方法とは?
  7. 世界中を旅しながらビジネスをするイケてる社長になる方法
  8. 半年以内に独立・起業したい人がムダなことをせずに最短でビジネスを軌道に乗せる方法
  9. リピート率を驚異的に高めて、固定客だけで安定した売上を出す方法とは?
  10. 初心者が短期のうちにメディアに取りあげられ、一気に知名度を高める方法