未分類

サラリーマンが起業するとどれくらい稼げるのか?

YOUです、

最近、お金を稼ぐというのは本当に簡単だなと身に染みて思います。

厳密にいうと、お金が生み出される仕組みを作るのが簡単、という話です。

私自身がお金を稼いでいるわけではなく、スタッフが頑張ってお金を作ってくれるわけですからね。本当に感謝です。

 

ですから、社長である私はポンコツなままでも、

周りにいる優秀な人たちが私を支えてくれるので、売上があがるわけです。

 

年商1億円とか2億とか遠いゴールだなと思っていたのは遥か昔の話で、

今は勝手に放っておいても、売上高が下がる気がしません。

 

なんなら、大学受験の方がよっぽど難しかったですし、

お金を作るなんていうのは、難易度的に下の下です。

 

ですから、それもあって、

金持ち自慢をしているのはシンプルにダサい。

特に月収100万円くらいで調子に乗って、サラリーマンをボコボコに叩きまくる起業家なんかは一番ダサいと感じます。

 

お金を稼ぐとか、誰でもシステムさえ整えれば稼げるわけで、

なぜそんな簡単なことを達成して、自慢しているのかがわからないんですよね。

 

あれかな?

いい大人になって、九九が言えるからって言って、褒めてもらいたいタイプなのかな?

 

はっきり言って、会社員の方が、

スキルだけで見たら優秀であるケースは多いです。

 

私が過去教えてきた人たちの感じでいうと、、、

さすがにフリーターや大学生、信用ブラックや、年収200~300万円以下の派遣社員、、、

とかだとちょっと厳しい感じがしていますが、

 

年収400万円、500万円以上ある方なら、

1年以内に月100万円以下程度ならいけますし、

 

年収600万円~700万円ある方なら、

1年以内に年収3000万円くらいまでスイスイとあがっていく人が多いです。

 

年収1000万円プレイヤーになると、

本気でネット事業に力を入れたら、私なんかはちょちょいと抜かせてしまうと思いますし、年収でいっても、少なくとも1億は下らないんじゃないかなと思いますよ。

 

もちろん、実務的な能力の話であって、

マインドセットを抜いた場合の話ですが。

 

ですから、月収100万円程度で調子に乗っている人たちは、

ポテンシャルがかなり低く、今でこそサラリーマンをやってますが、

ネット事業に取り組み始めたら、すぐに抜かれるということを自覚した方がいい。

 

例えば、うちのクライアントで深山さんという方がいます。

もともと子供向けのキャンプイベントなどを事業としてやっていた方で、

月の売上がなんと、10万円、、、、(笑)

みたいなところからスタートしている方です。

私も最初、びっくりしましたよ。

月の売上10万円、、、って、そもそも私の講座、受講し続けられるのかな?って。

なんなら、一回、破産する可能性すらあり得るなと思っていました。

 

ところが、1年弱、私のところで学んでもらって、

現在、「年商5000万円くらいはいけそうです」とのこと。

(画像には2000万円と書いてますが、画像作成時より売上の飛躍が多くなったようで、現在、年商5000万円見込みとなりました)

 

月10万円からでも、年商5000万円、

年収2000万円くらいはいけてしまうわけですよ。

 

ですからね、月収100万円がいかにショボいかってこと。

 

言うなれば、サラリーマンは外の世界を知らないだけです。

進撃の巨人みたいなものですね。

深山さんに関しても、最初はそもそも、商品なんて持ってないですよ…

というところからスタートしていますし、マインドセットとしても弱かったわけですが、

正直、私が手伝ったのは最初のシステム作りだけで、

 

サービスをどう作り、どうやって世の中に広めていくのか?

のルートマップを提示しただけ。

 

あとは深山さんの努力です。

 

深山さんが作った商品と仕組みは、

一回売ったら終わりというものではなく、

メンテナンスさえすれば今後も軽く5年は売り続けられる仕組みです。

 

おそらく、億程度の資産なら簡単に作れるでしょう。

ある意味彼は一生の資産を手に入れたといっても過言ではありません。

 

「ホントにyouさんのおかげです」

と、いつも言ってくれて、私もまんざらではないというか、やはり嬉しいです。

 

ただ、起業の世界では1年で年収が5倍や10倍になるなんてのはよくある話です。

私だって、1つのきっかけで月100万円を超えましたが、その1ヶ月前までは売上10万円くらいなもので、深山さんと同じでした。

深山さんは、私の上位カリキュラムも受講したいと言っているので、近いうちに年収1億円くらいはいくかもしれないですね。

 

常々思いますが、

「自分でネットで売れる仕組みの作り方を知っているか知らないか」

というのは、物凄く大きな違いであり、人生への影響度は計り知れません。

 

深山さんも私も、普通に働いていたら、

年収300万円とか400万円とかでくすぶったままだったでしょう。

 

週休2日が当たり前になり、毎月貴重な時間を何百時間も消費して、ようやく月20万円やら30万円程度の収入を手にし、そのほとんどを生活費にあてて、翌月になる頃にはすっからかん。何百時間の労働で得た報酬は、使うときは一瞬です。

 

サラリーマンという世界で生きていると、

「年収1000万」「週休2日」「ボーナスが出る」
「定時で帰れる」「退職金をもらって老後を豊かに暮らす」

みたいな常識を刷り込まれるわけですが、

 

一度、自分で商品を売るという経験を積んだだけで、

もともと5年やら6年かけて得るはずだった収入を

わずか1年で手にできるレベルくらいにはなれているわけですから、

学習に対するコストパフォーマンスは信じられないほど高いでしょう。

 

ネット事業でやることと言えば、

お客さんを集めてきて、商品を売る、、、というたったこれだけなんですが。

このシンプルな流れを一度覚えるだけで、人生あがったも同然なわけですから、

やっぱりお金を稼ぐのは簡単だなぁ、と思うわけですよ。

 

深山さんはもともと公務員だったのですが、

真面目に就職して、真面目に働き、それでも収入面で苦しんでいました。

 

一方で、ナーナーな仕事をしている私のような人間でも、億単位の売上が作れ、

のんびりと会社経営をしていられるんですから、

 

幸福度を上げる上で、幸せなサラリーマンになるのは難しく、

幸せな起業家になるハードルの方が、はるかに低いのだろうなと感じます。

 

要は人は、どの場所に属するか?で、結果が大方決まってしまうということですよ。

ポテンシャル高い人、もったいないですねぇ。

すぐ隣に、年収数千万、億の仕事もあるというのに、気づかない人たちだらけです。

 

ま、サラリーマンが全員、起業家になったら、私みたいな凡人は、圧倒されて売上が立たなくなるでしょうから、今のままサラリーマンを続けてくれた方が、こちら側としてはありがたくもあるのですが。

 

ではでは。

ABOUT ME
[email protected]年商1億円を作る方法
1993年生まれ/牡牛座/愛知県出身/大阪大学出身 WEBでゼロから1億を作る手法を教えている。 事業を作るスピードとノウハウは業界の中でもトップクラス。1ヶ月で1事業を作ってしまう。 大阪大学を卒業し、大手WEB広告会社に入社するも、2日で辞め、起業してしまう。その後、ビジネスを短期間のうちに軌道に乗せ、増収増益を繰り返す。 現在では、年商20億円企業の経営サポートから、美容院コンサル、歯科医院や飲食店コンサル、個人の起業・独立サポートまで幅広い経営戦略の立案を手がける。 その他にも、経営者・マーケター・プロデューサー・コンサルタントなどなど、様々な一面を持っており一言では説明できない存在である。 特に個人起業家のサポートには定評があり、ビジネスの基礎を作らせたら右に出るものはいない、と言われるほどビジネスの基礎作り・会社員の独立サポートは人気がある。 詳しいプロフィールと実績はこちら →https://you-ito.com/profile
ホムコン