未分類

5年後の目標を明日叶えるという思考法

どうも、日本最速FIREプロデューサーのYOUです。

私は、基本的にポンコツビジネスマンでして、
メールの返信などはめちゃくちゃ遅いし、
というかメールボックスすらほとんど開きません。

だから取引先に激怒されることもありますし、
基本だらだらしがちなので、
集中力もなく、要領もあまり良くないのですよ。

 

それでも、目標に決めたことは
ほぼほぼ達成できていまして、、、

サブスク単体で毎月500万円売り上げる、
高額商品単体で毎月1500万円売り上げる、
ドバイに移住する、、、

などなど、、、

年度毎に決めた目標なんかは
ほぼ全て達成できてきております。

 

これ、ちなみに「やり方」というか、
目標の達成の仕方があるのですよね。

 

夢の叶え方、、、と言ってしまうと
スピリチュアル臭いですが、
決めたことを前倒しでどんどん達成していく方法がありまして、、、

今回はそのあたりについて
軽く執筆しようかなと思った次第です。

 

目標を叶えるためには「片足突っ込み」が重要

さて、その方法ですが、結論からいえば、

「考える前にまず片足を突っ込む」

ということです。

 

みんな大好きなのが、「予定を作ること」で、新年を迎えるたびに「今年はあんなことをしよう、こんなことをしよう」といって、盛り上がるのですが、

盛り上がりのピークは毎回、予定を立てているその瞬間であり、いざ実行しようと思っても、結局、掲げた目標のうち5%も達成できてない、、、

みたいな感じになるのがオチです。

 

私もそうなるのは目に見えているので、私の場合は、考える前にさっさと片足を突っ込んでいくスタイルで行動に移すことが多いのですよね。

 

 

例えば、、、、

私は元々海外が結構好きなので、
将来的には妻と一緒に海外移住をしたいな
ぼんやり考えていたのですよ。

5年後、10年後ぐらいにできたらいいかなぁ、、、と。

 

ただ、そもそも人が言う

「将来的には」とか
「来年には、5年後には、10年後には、、」

みたいな言葉ほど信頼できないものもなく、

だいたいのケース、
忘れ去ってるか気持ちが冷めてるか

あるいは予定を延長して、
「う〜ん、やっぱもう更にあと5年後くらいかな」
とか言い出すのですよね。

 

ですので、今年とか来年とかに
移住する気はさらさらなかったのですが、

とりあえず海外の法人設立や移住をサポート
してくれるような会社を数社ほどネットで見つけてきて、

とにかく鬼のように問い合わせをしまくる
ということをしました。

 

問い合わせをすることで、
向こうから近々電話がかかってきて、
現状確認であったり、サービスの案内であったり、
一度、個別面談で説明をしてもいいですか?などの提案が来ます。

 

繰り返しますが、
私はまだサービスを受けるつもりはさらさらなく、

でも、とりあえず片足を突っ込むことで、

夢にリアリティが持てるようになるだろうし、
事前にどういった準備が必要なのかも
わかるだろうから、、、

ということで、問い合わせをしているだけです。

 

 

ただですよ、
一度問い合わせをすると、、、

「お問合せありがとうございます、今回どちらの国への移住を検討されていますでしょうか?」

「えーっと、ドバイとかアイルランドとかプエルトリコとか、法人税安いところがいいです」

「節税メリットがあるところを検討中ということでございますね、畏まりました。それでは、一度個別面談をさせていただきたいのですが、直近ですといつ頃の日程がよろしいでしょうか?」

「え、じゃあ、、、明後日の午後とかなら。。」

みたいな感じになるわけですよ。

 

 

 

で、いざ個別面談にいってみると、

「移住するならお子様が生まれる前の方がよろしいかと思いますので、早い方がいいかと思いますよ」

「そうっすよね!!じゃあもう今年移住します!うぇい!」

みたいな話に飛躍するわけですよ笑

 

 

当然、移住のサポート会社は
私に営業をかけにきますので、
今すぐ契約を勝ち取りたいわけですし、

「移住するなら今っしょ!!」

と背中を押してくるわけです。

 

そして、放っておけば、具体的な日取りなんかも決められちゃったりして、

「もしご契約いただいた場合は、まず9月に一度、ドバイの方に来ていただいて、、、そちらでVISAの申請をしていただきます、そして、、、」

といった具合に、もはや引き返せねぇ、、、、といったレベルのスケジューリングまで案内される始末。

 

これは、経営者、YOU。
ここで引いたら男じゃねぇぜ!

と言われているような気がして、

とうとう「今年移住します!」な〜んて軽いはずみで言ってしまって、移住代行費用も300、400万円くらいその場で払ってしまって、、、

 

 

わかります?

片足を突っ込むだけだから、、、と思って気づいたら
両足突っ込んでいた、、、という現象が起きるわけですよ。

 

私はこれを「ア、モーメント、ダブルフットダイブ」と名付けようと思います。

 

ただ、私としても、ゴリゴリ営業されるのが
事前にわかっていながら問い合わせをしているし、、

私が「将来的に、、、」とか
甘い言い訳をするのを防いでくれるんじゃないか
という期待も込めて、話を聞きにいってるのですよね。

 

 

これちなみになんでもそうでして、、、

情報収集のために毎日、本を絶対読もう!

と決める人とかいますが、
私の経験上、こういう新たな決意はだいたい
3日で尽きると思っているので、

 

私の場合は、知りたい情報周辺に投資をする
ということを先にするのですよね。

 

例えば、ITについて詳しくなりたい、、、
と思ったら、IT関連の会社の株を買うのですよ。

しかも、ちょっと減ったら困るぞ、、
くらいの金額を買うわけです。

すると、株から目が離せなくなるじゃないですか。

 

そして、損したくないので、
IT系のニュースサイトとか、
かなり読むようになるのですよね。

 

で、結果的に、IT分野に超詳しくなる、、、
という形で成長していくわけです。

 

 

日本人って、「準備」が好きな種族で、
「実践」ができない人が多いのですよ。

 

金持ちになるためには、
いい職業についた方がいい、
いい職業につくためには資格があった方がいい
資格を取るためには今のうちから勉強しておいた方がいい

、、、みたいな感じで、

連想ゲームか!!

と突っ込みたくなるほど、遠回りなことをしたがるわけです。

 

そんなことしなくても、
金の稼ぎ方をストレートに実践してみて、

片足突っ込んでからの方が、はるかに情報の密度も濃いし、
実践で必要な情報を得られるんですけどねぇ。

 

 

準備が好きなおバカさんたちは、

いつまで経っても「今行動しないための理由探し」で必死です。

「今は金がないから」
「今は時間がないから」
「また今度にしよう」

といって、永遠に目標が達成されることはなく、だらだらと低空飛行を続けます。

 

一方で、いきなり片足を突っ込みにかかる、ダブルフットダイバーたちは、なぜかとんとん拍子に話が進んでいき、「5年後には叶えたいなぁ」と思っていた願いが、明日叶う(笑)などの現象が続々と起きます。

 

 

ですから、これいつかやってみたい
と思ったら、その日のうちに問い合わせをしまくる。

だいたいの願いや目標はこれで叶うと思うのですよね。

 

ま、参考にしてみてくださいな!

 

では!

 

 

ABOUT ME
[email protected]年商1億円を作る方法
1993年生まれ/牡牛座/愛知県出身/大阪大学出身 WEBでゼロから1億を作る手法を教えている。 事業を作るスピードとノウハウは業界の中でもトップクラス。1ヶ月で1事業を作ってしまう。 大阪大学を卒業し、大手WEB広告会社に入社するも、2日で辞め、起業してしまう。その後、ビジネスを短期間のうちに軌道に乗せ、増収増益を繰り返す。 現在では、年商20億円企業の経営サポートから、美容院コンサル、歯科医院や飲食店コンサル、個人の起業・独立サポートまで幅広い経営戦略の立案を手がける。 その他にも、経営者・マーケター・プロデューサー・コンサルタントなどなど、様々な一面を持っており一言では説明できない存在である。 特に個人起業家のサポートには定評があり、ビジネスの基礎を作らせたら右に出るものはいない、と言われるほどビジネスの基礎作り・会社員の独立サポートは人気がある。 詳しいプロフィールと実績はこちら →https://you-ito.com/profile
ホムコン
0 0 votes
Article Rating
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x