未分類

自己破産という最強のヘッジツール

どうも、日本最速FIREプロデューサーのYOUです。

 

私は、元々一人暮らしをしていたときは、

かなり貧乏でしたので、それもあってか、

どのようにしたら短期間で、大きな資産を作れるのですか?

と聞かれることも多いです。

 

うちでやってるMarketing Training Campのクライアントさん達には、全員共有してるはずですが、そういえば、このコラムを読んでくれているメールマガジンの読者さんには共有したことがなかったので、

いかにお金がない段階をさっさと乗り越えるか、、、

という部分について、考え方を一部共有しておこうと思います。

 

まずそもそも前提として、

この世の中にお金を増やす方法は3つしかなく、

  • お金を使う
  • 時間を使う
  • 労力を使う

いずれかの方法を使うことでしか、お金は作り出せません。

 

お金を使ってお金を作るというのは、シンプルに言えば投資であり、使った額以上のリターンが得られる投資をすれば、自然にお金は増えていきますし、

時間を使ってお金を作るというのは、投資の世界でいうならば、複利があります。

労力を使ってお金を作るというのが最も一般的で、会社員/個人事業主的な働き方になるわけです。

 

そしてここからが問題なのですが、貧乏な人というのは、

お金がないのは当然のこととして、時間もなく、

その上、それらをカバーできる行動力もないので、

完全なる八方塞がり、、、となっているケースが多いです。

 

ちなみに一番、お金を作る上で要となってくるのは、

『お金を使ってお金を作る』、であり、

これができない限り、永遠に大した額は手に入れられないと思った方がいいです。

 

とはいえ、お金がないから貧乏なわけで、

どうしたらいいのかというと、

簡単な話、借り入れを起こすのが手っ取り早いです。

 

ただ、普通に銀行の借り入れは断られるでしょうし、

金融公庫もケースバイケースですが、融資の通し方を理解していないと

なかなか難しいケースが多いです。

(私に聞いてもらえれば、融資を通すプロなどの人脈も紹介できるのですが、、)

 

ではどうしたらいいのかというと、

そこで使うのが、消費者金融です。

 

消費者金融は、金利が高いため、嫌煙されがちですし、

使ってはいけないもの、というイメージのある方も多そうですが、

ものは使いようでして、、、

 

もし消費者金融で100万円以上、借り入れができるのであれば、

結論、私なら、一気に1000万円くらいまで

お金を増やすことが可能です。

 

そもそも、「金利が高い」=「借り入れるリスクが高い」

と判断している時点で、考え方が違うのですよねぇ。

 

 

ちなみにこちら、

Marketing Training Campで共有している講座の一部なのですが、、、↓

ここに書いてある内容を理解できるのであれば、

どんなに貧乏だったとしても、一気に成り上がることが可能。

 

そもそも、私の場合、「貯金」という考え方はせず、

「軍資金」というマインドセットです。

 

現金100万円を、100万円の現預金としてしか認識できないのが、貧乏な人で、

100万円を5万円ずつ20個に分割し、1回の事業テストに5万円必要なのか、と考える人がお金を作り出せる人間です。

 

 

例えば、飲食店をやるとして、

いきなり100万円を投じて店を始めるのは怖いですが、

例えば、Shopcounterなどで、1日だけスペースレンタルをし、、、、

軽食などを販売してみて、売れるかどうか?のテストをし、

売れれば実際に店舗を借りて事業をすればいいですし、

売れなければ別の商品を販売するなど試行錯誤をすればいい。

 

こういったスペースを間借りするだけであれば、

1万円程度あればスペースは借りれますし、軽食を作るにしても、

そう何万円もかかりませんから、合計5万円以内でテストは可能なはず。

 

合計100万円の軍資金があるならば、

5万円のお金を投じて、それ以上のリターンが出るまで、

約20回ほどは挑戦できますから、

この20回の中で、あたりを引けばいいことになります。

 

ひとたび、5万円投じて、10万円になる、、、などのビジネスができあがったら、

あとはひたすらその事業をやっていけば、投じた金額の倍額がリターンとして返ってくるわけですから、もはや作業ゲー。

 

このように、資金が少ないうちは、さらにそれを分割するという考え方が重要で、

100万円と捉えるのではなく、

5万円×20回のテストが可能、と捉えた方がいいわけです。

 

ま、、、ちなみにここまで話をしておいてナンですが、

基本的に貧乏な人たちは、お金、時間、労力も使えない上に、

 

マインドセットも壊滅的なことが多いので、

今、このコラムを読んでいる人の中で、実際に、借り入れを起こし、

行動に移す人は限りなく0に近いでしょうね。

 

ただ、リスクテイクはいわばストレッチのようなもので、

リスクを取る練習を少しずつ増やしていけば、

最終的にかなり大きなリスクも許容できるようになってきます。

 

広告費に関しても、最初は月に10万円の広告費をかけるのにもヒーヒー言いながらやるのが普通ですが、少しずつ月の広告費を増やすストレッチをやることで、最終的に月に1000万円、2000万円のリスクをとることも可能になります。

筋トレでもストレッチでもそうですが、徐々に負荷をあげていかなければ成長はなく、それは広告費に関しても同じこと。

にも関わらず、月の広告費をあげずに「売上UPしたい」と言っている起業家がどれだけ多いことか。

 

リスクは取りたくないが、

より大きなリターンが欲しいと言っているわけで、

これがいかに難しいことかは、リテラシーのある人ならわかるはず。

 

日本は、破産制度が充実していますし、もし消費者金融で借り入れを起こし、失敗したとしたら、破産申請をすれば、債務放棄が可能ですので、リスクなんてあってないようなもの。

成功すれば、数千万、億が入り、失敗しても放棄できる。

事業とは、なんて簡単なのでしょうなぁ。

 

ちなみに、変にリスクばかりを恐れる人間よりも、若干、ギャンブル性を帯びたマインドセットの人間の方が、大きく跳ねる傾向にありまして、

ほら、よく社長が昔の苦労話として、借金を何千万円も抱えて、、、

という話をするじゃないですか。

 

借金を何千万円もできるようなマインドセット・胆力がある人間は、

次復活したときの売上上限も非常に高いことが多いです。

 

一方で、売上はあるし、利益も一応出ているのに、一向に広告費をあげようとしない人間は、放っておけば、5年後、10年後も変わらず同レベルのステージにとどまり続けていることが多いです。

ストレッチを怠っていたから、5年後も10年後も、見える世界が全く同じになってしまったケースですね。

近頃は、数十万、数百万の売上を作る個人事業主が非常に多いですし、以前よりもその程度の売上を出すこと自体は、かなりイージーになってきていますが、一方で、リスクテイクに慣れない人もかなり多く、そのあたりの課題感はまだまだこれからもありそうですね。

 

では!

 

ABOUT ME
[email protected]年商1億円を作る方法
1993年生まれ/牡牛座/愛知県出身/大阪大学出身 WEBでゼロから1億を作る手法を教えている。 事業を作るスピードとノウハウは業界の中でもトップクラス。1ヶ月で1事業を作ってしまう。 大阪大学を卒業し、大手WEB広告会社に入社するも、2日で辞め、起業してしまう。その後、ビジネスを短期間のうちに軌道に乗せ、増収増益を繰り返す。 現在では、年商20億円企業の経営サポートから、美容院コンサル、歯科医院や飲食店コンサル、個人の起業・独立サポートまで幅広い経営戦略の立案を手がける。 その他にも、経営者・マーケター・プロデューサー・コンサルタントなどなど、様々な一面を持っており一言では説明できない存在である。 特に個人起業家のサポートには定評があり、ビジネスの基礎を作らせたら右に出るものはいない、と言われるほどビジネスの基礎作り・会社員の独立サポートは人気がある。 詳しいプロフィールと実績はこちら →https://you-ito.com/profile
ホムコン