未分類

サラリーマンが副業をすると、赤字でも得するという話

YOUです、

今回はコラムというより、Tipsを紹介しますが、結論からいうと、サラリーマンは是が非でも、ビジネスを始めた方がいい、、、という話になります。

理由としては、上手く立ち回れば、節税対策を活用できるからです。

 

例えば、会社員の人が、税務署で開業届を出し、

自分のビジネスを所有すると、そこにかかる経費は、

本業で稼いだ給与と相殺することができます。

 

仮に、年収900万円の方が、そのまま所得税33%を適用されると、297万円の税金を支払わなければならず、手残りは603万円程度になるわけですが、

マーケティングスクールなど、講座費用を払い、80万円ほどかかったとすると、年収と相殺して、課税対象になるのは、900万円-80万円=820万円になります。

すると、税金として支払わなければいけないのが、課税率23%で、188万円。

 

手残りは632万円となり、

なんと、マーケティングスクールの講座を受講する前よりも

受講したあとの方が、実は手残りが多くなるのですよ。

 

この時点で、スクール受講した方が、手残りが多くなるので、得になるわけですが、もっといえば、生活にかかる様々なコストを経費にすることが可能でして、、、

 

4年落ちの中古車で、事業に必要な車と証明すれば、

ベンツやらの輸入車でも経費にすることができますし、

 

日頃の食材費なども、スーパーで買わず、ドラッグストアで購入し、オフィス用品などとまとめて購入することで、一括経費として認められます。

また、不動産オーナーと契約の切り替えを行うことで、自宅の家賃に関しても、経費にすることができますし、

書籍漫画などは全て経費に入れられます。

 

交通費もろもろであったり、ふるさと納税を使うことで、トイレットペーパーから、米から、肉から、レトルト食品から、、、あらゆるものを経費にすることが可能。

PCなども最新型のものを経費で買えますので、かなり節約になりますし、、、、

 

副業として事業をやることで、

全体的に生活コストが3割程度、下がると思って下さい。

 

そのため、仮に事業が泣かず飛ばずで全く成功しなかったとしても、

実は、生活コスト面で、100万円以上は得しているはずなので、総合的に見れば、1年間での収支はむしろプラスになっているはずです。

 

当然、事業を軌道に乗せるために頑張るとは思うのですが、

もし失敗したときの「保険」をかけておくのは重要。

 

意外と知らない人が多いですが、サラリーマンは副業を始めることで、節税できる項目が大幅に増えるので、結果、どちらに転んでも得をすることが多い、、という話でした。

 

では!

ABOUT ME
[email protected]年商1億円を作る方法
1993年生まれ/牡牛座/愛知県出身/大阪大学出身 WEBでゼロから1億を作る手法を教えている。 事業を作るスピードとノウハウは業界の中でもトップクラス。1ヶ月で1事業を作ってしまう。 大阪大学を卒業し、大手WEB広告会社に入社するも、2日で辞め、起業してしまう。その後、ビジネスを短期間のうちに軌道に乗せ、増収増益を繰り返す。 現在では、年商20億円企業の経営サポートから、美容院コンサル、歯科医院や飲食店コンサル、個人の起業・独立サポートまで幅広い経営戦略の立案を手がける。 その他にも、経営者・マーケター・プロデューサー・コンサルタントなどなど、様々な一面を持っており一言では説明できない存在である。 特に個人起業家のサポートには定評があり、ビジネスの基礎を作らせたら右に出るものはいない、と言われるほどビジネスの基礎作り・会社員の独立サポートは人気がある。 詳しいプロフィールと実績はこちら →https://you-ito.com/profile
ホムコン