販売は終了となりました。ありがとうございました。

販売は終了となりました。

ありがとうございました。

 

常に発信の中でもお話している通り、

基本的に僕は、再販であったり販売延長を一切いたしません。

 

それは、やはり本気の人にだけ本気で答えていきたいからです。

 

僕も販売中は、クロージングにて、極力、背中を押させてもらっています。

それは、背中を押し購入してもらうことで、かなり「参加しておいてよかった!」と言ってもらえる確率が高いからです。

 

 

あるいは、クロージングをしっかりすることによって、

これからビジネスを始める人のお手本となることを考えています。

 

基本、僕が何か商品を販売したとき、あなたに常に考えておいてほしいのは、

「YOUさんはどういう考えや戦略を持って、今回の企画の販売をしているんだろう」

ということです。

 

つまりは、商品を消費者目線で見て欲しくないんですよね。

 

僕は教育者であり、あなたを起業家やマーケターとして成熟させるのが仕事です。

 

ですので、単純に「販売者」と「お客様」

薄っぺらい関係で終わらせたくないわけですよ。

 

なので、商品や企画の販売が開始されたら、

マーケター視点で、

「YOUさんはどういう考えや戦略を持って、今回の企画の販売をしているんだろう」

という裏側の意図であったり戦略を読み取るようにしてください。

 

あるいは読み取れなくても、読み取ろうとしてみてください。

それだけでもだいぶ進歩です。

 

で、商品をもし購入される場合は、こういう思考でやってください。

 

「今回の企画の裏側を覗いてみよう」。

 

はい、これキーワードですよー。

 

例えばですね、

あなたが東京ディズニーランドの

マーケティングを研究したければ、

まず東京ディズニーランドのお客になると思います。

 

当然ですよね。

 

だって、中に入らないとどういう

マーケティングやって利益をあげてるかわかりませんから。

 

あるいはあなたが、トヨタの営業手法を知りたければ、

まずトヨタにいって、お客になって、車を売られに行くと思います。

 

そりゃそうですよね、お客にならなければ営業されませんから。

 

 

これ、当たり前のことを言っているようですが、超重要であり、

かつ多くの人ができていないところです。

 

こいつ、マーケティング鬼上手いぞ!

って人がいたら、まずお客になってみる。

で、中を覗いてみる。

 

この企画の裏側を覗きにいこう!っていう意図でお客になってください。

 

これが消費者ではなく、

マーケターとしての視点です。

ビジネスができる人の視点ですよ。

 

僕もビジネスをやっていますので、当然のごとく商品は販売します。

 

が、もはや、どれくらい売れたか?とかどれくらい儲けたか?とかはどうでもいい。

別にお金に困ってないので、まぁ、欲しい人に届けばいいな。くらいのものです。

 

ですが、、、マーケティングが下手にはなりたくないし、

かつ、これからマーケを勉強する人のお手本でい続けたい。

 

なので、こういったコラムを書かせていただきました。

 

今回の企画、参加された人、されなかった人も応援しております。

参加された人は企画の中で、

参加されなかった人は企画以外のところで、

ともに頑張ってまいりましょう。

 

ではでは。

 

YOU

WEBで年商1億を作る方法