セミナー内容台本

改善点

  • 実績もっと足していく
  • 動画を見せる前に動画の価値が高いことを言ってもらう
  • クイズを用意する(相手のイエスセットを取りたいところを穴埋めにする)
短期的にFIREを狙わないとどういったリスクがあるのか? リストラ、病気、増税、収入の低下、アカウントBAN、規約変更、ビジネスモデルの風化
通常のFIRE理論では〇〇万円を〇〇年間投資し続けるとFIREできると言われている。 20万円を20年間
初心者が短期的にFIREを狙う場合に順守しなければいけないお金の2つのルールとは? ROASが高い、キャッシュフローがいい
資金が少額しかない場合、年間のリターン率が〇〇%以上の投資を行うべき 300%
資金がない人がFIREを狙う場合、〇〇を使って、キャッシュが増える速度をあげる クレジットカード
講座ビジネスをやる場合の利点として、〇〇になることも挙げられる 市場調査
コンテンツを使ってFIREを狙う場合、主に〇〇、〇〇、〇〇の3つが必要になる LP、サンクスページ、ステップメール
コンテンツマーケティングを始めると、〇〇したことが全て利益になる 学んだこと
〇〇という手法を使うと、商品がなくてもFIREができる リーンスタートアップ
健康系コンテンツのトレンドは、〇〇、〇〇、〇〇の3つ 腸内改善、オートミール、低糖質
〇〇というサイトを使うと、自分の知識が0でもFIREが可能 タイムチケット
医療関係の仕事をしている人は、〇〇をすれば利益がとれる 医療関係者向けの起業講座、健康系のコンテンツ(予防医学セミナーなど)
整体業界の人は、〇〇をすれば利益が取れる 腰痛改善のセルフケアコンテンツ、他の整体向けの経営アドバイス講座
営業経験のある人は、〇〇をすれば利益が取れる 営業講座
税理士や弁護士は、〇〇をすれば利益が取れる 差別化をするためのコンセプトを入れこんだHP制作をして、集客に繋げていく、節税マニュアルのような講座を販売
ファッション関係の人は、〇〇をすれば利益が取れる ファッション講座
プログラマーやSEの人は、〇〇をすれば利益が取れる プログラミングの入門講座
コンテンツマーケティングで重要な3つのポイントとは、〇〇、〇〇、〇〇 コンセプト、セールス、広告
〇〇を使わなければ、ダイソンは売れていなかった 吸引力の落ちないただ1つの掃除機というコンセプト
オーシャントーキョーは〇〇で差別化をしている美容院 トーク
商品において、クオリティよりも〇〇がまずは重要 見た目
コンセプトが上手くいかない原因は、〇〇だから。 0から売れるものを作ろうとしているから
コンセプトを成功させるためには〇〇という手法を使う 横展開
コンセプトを成功させるためにまず注目すべきは〇〇であり、こちらを意識するだけで、売上、資産の増え方が3倍にあがる キーワード
通販会社は、商品力ではなく、〇〇の力によって売上を立てている コピーライティング
セールスが下手な人は、〇〇が軽いから、時間をかけても物が売れない ウェイト
人間心理が理解できない人は〇〇を売ろうとしているケースが多い 要らないもの
婚活アドバイザーという職業が売れづらい理由は? 結婚に対して焦っている人が少ないから
コピーライティングは〇〇を見ながら書くものである お手本orカンニングシート
「セールスマンは〇〇であれ。」という言葉にセールスが上手くなるコツが詰まっている 医者
美容師の「このシャンプーはアミノ酸系で、これこれこういう成分でできているので、髪にとってもいいんですよ」というセールスはどこがいけないか 重要性ではなく、商品自体について説明してしまっているところ
セールスマンは商品についての〇〇も話さないと物が売れない デメリット
集客をしたければ、まず〇〇から始めなければならない 広告
売上が増えない人たちは、〇〇、〇〇、〇〇、〇〇、〇〇のいずれかから集客をスタートしている クチコミ、交流会、紹介、SNS、ブログ
集客で苦戦するのは主に、〇〇、〇〇、〇〇の3つだが、〇〇を使えば一発で解決する 最初の100人を集めるのに苦労する

集客数を増やすのに苦労する

最後に集客を安定させるのに苦労する

広告

集客数が増えない、集客が安定しない理由は〇〇だから 1つの集客にこだわりすぎているから
集客は最低〇〇はやらなければ、会社員でいう倒産寸前の危機と同じレベルで危うい 3つ
集客を安定させるために必要なことは〇〇をまず1つ始めてみること 広告
広告は生物で、〇〇によって反応が取れるもの、取れないものが変わってくる。 時期
広告は〇〇技術がないと、当てずっぽうになり、いずれ赤字になるケースが多い 狙って当てる
広告と〇〇を組み合わせる手法なども有効 チラシ
バカでもFIREを狙う手法は、労力や知識などをほとんど使わない代わりに、〇〇というデメリットがあるが、さっさとFIREしたい人に向いている スキルが身につかない
FIREを達成する上で重要なことは、FIREを達成した人の〇〇を追いかけること ストーリー

 

はじめまして、

今回は、セミナーを受講いただきまして、ありがとうございます。

セットアップ(体験をさせるための問題、クイズを用意する)

まずですね、今回のセミナーの受け方について説明したいと思います。

  1. 基本はマイクオフ
  2. セミナー中、指名することがありますので適宜、マイクをオンにしてください
  3. ビデオオンでご参加ください

こちらまずよろしいですかね?

 

 

続いてセミナーを受ける上でのルールについてお話しさせていただきます。

  1. 本名で参加(安心、安全のためです)
  2. 着席で集中できる環境で聞いてください(携帯、スマホの電源はオフにしてください)
  3. 積極的に発言し参加しましょう(今回、いろいろなノウハウを解説していきますが、みなさんの興味のない話はスキップしたいと思っています、ですから、興味がある話は手をあげて、「聞きたいですアピール」をしてください。興味がない話は手を上げないでください。みなさんの意見を伺いながら、どの話をして、どの話をしないのかを決めていきます)
  4. 録音/録画はご遠慮ください
  5. 食事はご遠慮ください、水分補給はOKです
  6. メモを取りながら受講しましょう
  7. 批判的な発言はお控えください(その他、他の方のやる気を妨げる行為もご遠慮ください)

以上ですね。

 

さて、それではですね、最初にみなさんのことを教えていただきたいので、

自己紹介をしていただきたいと思います。

マイクをオンにしていただいて、

  1. お名前
  2. お仕事
  3. セミナーで知りたいこと

この3つを簡単に30秒くらいで教えてください。

ではスタートです

はい、ありがとうございました。

ちなみに今回のセミナー少し変わっておりまして、資料をちょっとスタッフから送らせていただきますが、穴埋め式のシートがあります。こちら今回のセミナーで学べることの要点がまとまっております。

穴埋めシートを埋めながらセミナーを聞いていただけますと、後から復習もしやすいですし、セミナーにも集中しやすいと思いますので、ぜひ活用してください。

では、スタッフさんは穴埋めシートを配ってください。

また、常にこの動画の中にLINEのQRコードが貼り付けてあります。このQRコードを携帯で読み取っていただいて、LINEを追加していただくと、このセミナー中にわからなかったところをすぐに質問可能です。穴埋めシートの答えを聞き逃したところなども、このLINEで質問してください。

ちなみに私、知識だけ聞いて実践しない人って、ちょっと意味がわからないというか、うんちく集めるのが趣味のうんちくおじさんなのかなって思ってしまうんですよ。

実践しなければ意味がないので、実践できるレベルまでどんどん質問してください。今もし携帯でzoomに出てしまっている場合も、lineのurlをzoomのチャットに送りますので大丈夫です。特にline追加後にあいさつとかはいりませんから、lineに質問内容だけを貼り付けて質問してください。

ちなみに質問はいくつ聞いていただいても大丈夫です。lineを構えながら、質問を打ち込みながら、セミナーを聞くというスタンスでやっていただけると、しっかり結果が出るセミナーになるかなと思います。では、スタッフさんは、ラインのURLもチャットの方で流してあげてください。

 

さて、では本題に入っていきますが、、、

今回のセミナーでは、

『巷で言われているよりも圧倒的に早く3年でFIREを達成する方法』

について話をしていきます。

 

あ、ちなみに投資をしよう、積立をしよう、、、みたいな話はしません。書籍にはそう書いてあるかもしれませんが、投資から始めていたらFIREするまでのスピードがどんどん遅くなります。

そうではなく、オンラインで事業を作り、マーケティングをかけていって、FIREを達成する、、、、という話です。

私の自己紹介

ここで、軽く自己紹介をさせていただきます。

元はSEOの会社をやっておりまして、30万PV~50万PVほどのメディアをポコポコ生み出していましたが、ブログを使ってのマーケティングは収益効率が悪いことに気がつき、いくつかのメディアを他者に売り、撤退。

次にやったのは、お医者様とタッグを組んだ医療系コンテンツのマーケティング。

このあたりからマーケティングというものが理解できるようになってきまして、1商品のみで1億ほど売り上げたりとか、新商品も単月で毎回1000万円ほど売り上がるような状態を作り上げることができ、、、

無事、私自身、FIREを達成することができました。

今では妻と愛犬に囲まれ、ゆっくりと会社経営をし、日々を送っているような感じです。

FIREとは

FIREをよく知らない人のために一応、解説しておきますと、、、

FIREとは、Financial Independence Retire Early の略で、

経済的自立&早期リタイアのことです。

 

主にはインデックスファンドや債券など、利回りは小さい(3~7%)けれど、リスクも限りなく小さい投資に、資金を入れておくと、年間の支出は全て投資の配当金によってまかなえるので、働かなくてもいいよね、、、、

という考え方です。

 

例えば、1億の資産あり、それを投資に回しておけば、年間300~700万円程度は入るわけなので、生活費くらいはまかなえるよね、、、と。

であれば、お金のために仕事をするのは、一旦1億の資産を作ってしまえば終わりで、あとは自由に暮らせばいいじゃないか!というのが発想の起源となっております。

 

ですので、基本的には

「年間支出額×20~30倍」の資産を作って仕舞えば、

あとはもう働かなくていい!という夢のFIRE生活が待っている、、、

端的にいうと、こういう話になります。

FIREが近年注目されているのは、こういう問題をみんなが認識し始めているから

で、FIREってそもそも何がいいの?って思っている人もいると思うので、

一応説明しておくんですが、私からすると、FIREというのは、した方がいいよね、ではなく、しなくてはいけないものだと思っているんですね。

 

みなさん、それぞれ、漠然と将来の不安だったりとかは抱えていると思うんですよ。

会社員だったら、家族との時間がないっていう問題とか、収入が少ないとか、老後どうしようとかが多いですよね。

個人事業主や社長なら、集客の不安とか、売上があがっていかないとか、労働集約型になっちゃってるとか、低単価でしか商品が売れないとか、そのあたりが多いですよね。

 

 

で、こういった不安を今すぐに取り除かないといけないと、私は思っているんですよ。

 

 

ちょっと話変わるんですけど、

コロナのせいで、リモートワークが増えたじゃないですか。

で、最近、DXって言葉よく聞きませんか?

 

デジタルトランスフォーメーション。要は、コンピューターを使って、事業を効率化しましょうねって動きなわけですけど、最近CMとか雑誌とか広告でもこのDXって言葉がよく出るようになってきてるんですよ。

これって会社員の人たちが前々から怖がっていた、「AIに仕事が奪われるっていう将来」が、めちゃくちゃ加速したってことなんですよ。DXってAIを活用して事業を効率化するっていう意味でもあるので、DX化を進めるのって、みなさんの仕事が奪われるのがどんどん進んでいるってことなんですよね。

で、こうやって、何かをきっかけに、一気に世の中が変わるという経験をみなさんもした
じゃないですか。

 

トラブルっていきなりくるんですよ。

リスクっていきなりくるんですよ。

 

じわじわくると思っている人いると思うんですけど、いきなりくるんです。

税金だっていきなりあがるでしょ。給料もいきなりさがるでしょ。

リストラもいきなりされるでしょ。

 

全ての物事は、いきなりやってくるんです。

 

リストラも、なんやかんや自分には関係ないと思っている人多いと思うんですが、リストラって別に不況でも全然起きますからね。

会社って時価総額っていう基準で価値がはかられるんですが、時価総額って、売上よりも利益が高い企業の方が評価されやすいんですよ。

だから会社は売上よりも、利益を伸ばしたがるわけです。じゃあ利益を伸ばすためには、どうしたらいいか?というと、経費を削減するんですよね。そして、経費を最も大きく削減できるのは、なんだと思います?そうです、人件費なんですよ。

だから、こんな感じで、企業というのは自分の会社の価値を高めるために、定期的にリストラを繰り返します。

 

だから、リストラしてる会社めちゃくちゃあるでしょ。

一般的に人材が減ると困る企業は多いですが、だからこそ、さっきもいった、DX化というのを進めて、人ではなく機械やシステムにやらせる仕事を増やしていくんです。そうして人件費をカットしていくわけですね。

あるいは最近、日本人の首をきって、その代わりに外国人労働者を雇うところも増えてきていますよね。

そうやって、リストラもいきなりされるんですよ。

 

 

収入もいきなり下がりますよね。

実際、コロナで全体の4割の方が、収入がさがったと、朝日新聞で発表されていますし、

じゃあコロナだけのせいで収入がさがったのか?と言われると、そうではなく、日本は30年間給料が低迷し続けています。

先進国の中で唯一、日本だけが給料が下がり続ける国なんですね。

一方で、税金や保険料はこんな感じで上がり続けているわけです。

そして、年金の受給開始年齢は遅くなっていくという、、、、

 

そりゃ、こんな国で働いてたら、不安にもなるわ!っていう感じの状況なんですね。

だから、会社員の人も急いで本業以外にビジネスを始めたり、フリーランスになりだす人が急激に増えているんでしょう。

 

 

で、話を戻しますが、とにかく言いたいのは、リスクっていきなりやってくるものなので、対策が事前にしこめている人は対応ができて、しこめていない人は飲み込まれて大ダメージを喰らうっていう話なんです。

 

 

さっきのはサラリーマンの話でしたが、

事業をやっている人も、いきなりトラブルは発生します。

自分でビジネスやっている人でいうんなら、プラットフォームがいきなり使えなくなったりするじゃないですか。

アカウント BANだったり、規約変更がしょっちゅうありますよね。

LINEもFacebookもYouTubeもGoogleもYahooも、規約変更が何度もされるじゃないですか。それによって、今まではFacebookで集客できていたけど、ある朝、目覚めたらいきなり集客できなくなっていた、、、みたいな人ってみなさんが知らないだけで、山ほどいるんですよ。

具体的にいうと、2018年にyoutubeの大きな規約変更で、収益が0になった人が大量発生しましたし、

2020年の2月に[email protected]の規約変更で、会社が潰れた人が何人もいました。

Googleは毎年、2回、大きなアップデートを繰り返しますし、全てのトラブルがいきなり起きます。

 

わかりますか?全部いきなりなんです。

問題を長期的に引っ張っていって、ずーっと悩み続けるって言う方がリスクがあるんです。

お金がない〜〜〜って10年も20年も言い続けていたら、絶対にその間に、税金はまたあがってるだろうし、時代は今と変わってしまっていて、収入が減っていってしまうリスクもあるわけですよ。

だったら、今、この1年、2年のうちに問題をさっさと解決したほうが、リスク少ないよね。そっちのが簡単だよね、、って話なんです。

 

ですから、私は、お金がない、時間がない、、って死ぬ直前まで永遠に言い続ける人にはなりたくないし、さっさと解決しようと思って、FIREっていう選択肢をとったんですね。

今回のセミナーを聞いていただければ、資産をさくっと3年以内にまとめて作る方法がわかるようになりますから、安心してください。

ちなみに私は今回セミナーでお話しする内容を使っていくことで、仮に今、貯金が100万円しかなくなってしまったとしても、2年以内に1億にする自信があります。

 

知識は武器ですし、知識や経験がないから不安が起きるんです。

100万円を1000万円にする経験を3回も5回も経験していたら、貯金が100万円になってしまっても全然怖くないじゃないですか。結局、経験と知識があれば、不安ってなくなるんですよね。

ですから、このセミナーでさっさと知識を積んで、さっさとfireしてください。

 

まじで、問題を先送りにしたりとか、漠然と不安があるんですよね〜〜と何年もずっと言って何も行動しない人は、正直、バカだと思っています。

だから、全部今回のセミナーで解決しちゃいましょう。

FIREで得られる最高の未来、逆にfireしないと何がやばいのか

FIREはいいですよ。

まずそもそも、お金のために働く必要がなくなります。

好きな仕事だけできますし、趣味だけの生活になります。

仕事をやめたければやめてもいいわけです。

 

仕事は好きだけど、気分が上がらない日は、

「今日は映画と漫画三昧だー」でもok
なわけですよ。私は実際そうですしね。

 

私、継続力ないんです、、とか言う人いますけど、FIREしたら続かなくていいですからね。お金は自動的に入ってくるわけですし、続けたい熱中したいと思う仕事しかしなくていいわけですから。

 

実際こうやって考えていくと、悩みの9割はお金で解決するんですよ。

私の場合、一人で仕事しますから、人間関係の悩みもないですしね。お金が全てじゃないって言ってる人もいるとは思うんですけど、それは、本当にお金を手にしてから言えることです。実際、月収100万円でも貧乏ですからね。まずはそこを突き抜けるという経験は最低限してほしいなと思います。

 

あとは、FIREするとリスクをとれるようになります。

将来、こんな仕事やってみたい〜、こんな会社立ち上げてみたい〜とか思っている人もいると思うんですけど、でも、リスクあるしな〜とかやり方わからないしな〜とかで一歩踏み切れない人って多いと思うんですよ。

 

でも、FIREしていたら、別にリスクとっても、生活は保証されているわけですから、ダメージはないわけですよ。だから本当の意味で、自由に好きなようにお金が使えるようになります。当然、事業はリスクをとったほうが伸びますから、FIRE後にどんと資産が伸びる人も多いです。

 

結構、月100万円超えても、また来月も100万円いけるのかな、、とか来年は収入がさがるかもしれない、、、とか想像しだすと、意外とお金を気前よく使えなかったりするんですよね。でも、fireすれば、それがストレスなく、バンバン使えるので、本当にfireは最低限、全員目指すべきだと思っていますね。

遅いスキームばかり蔓延している、、、それってFIREなの?

私は、MTCといって、マーケティングをガッツリ教えて、FIREさせる、、、というマーケティングスクールをやっているのですが、、

 

その過程で例えば、0から始めた主婦の方が、毎月300~400万ほど売り上がるようになったり、、、

あるいは月20万程度のOLの方が、毎月1100万ほど売り上げられるようになったり、、、、

さらにいえば、私の妻にも教えたところ、たった1ヶ月で売上100万を超えました。

まぁ、嘘だとおもったら実際に検索かけてみてください。

 

 

そんなこんなで、私は0スタートの人間に事業を作らせるのが得意です。

普通、起業スクールだったりに記載してある実績とかって、すでにある程度実績がある人たちの実績を支援して、伸ばして行ってたりするのですよね。

 

「売上100万円達成です!ね、すごいでしょ?」みたいに言っているところもあるのですが、

実は蓋を開けてみれば、元の売上が30万程度あった人を100万円に伸ばしているだけであって、それってめちゃくちゃ簡単なのですよ。

 

 

例えばこの人なんかは、もともとカウンセラーとして動いていて、個人で起業していたりしたのですよね。カウンセラー協会の代表理事、、、みたいな肩書きを持っていて、いってみれば、すごい人なわけです。

オンラインでちゃんとビジネスを立ち上げる、、、という経験はそこまでない人なのですが、正直、売る商品なんかも全部揃っているし、他の事業では売上が立っていたりしたので、事業経験もある。

だから新しくオンラインのビジネスを始めさせても、売上させるのがめちゃくちゃ楽です。サクッと月300~400万円ほどにはなりました。

 

中級者だったりとか、今少しでもネット上で活動していて、売り上げがほんのちょびっとでも立っているのであれば、その売り上げを5倍、10倍にするのは朝飯前なのですが、

 

どこのマーケティングスクールでもできていないのが、

「初心者に売上をあげさせていく、、、」

ということです。

 

完全に事業立ち上げが初めてです、、、みたいな人がどうやって売上をあげ、100万を超え、300万を超え、1000万を超え、、、、

順当に年商規模をあげていけるのか、、、

この辺りを教えられる人間ってとてつもなく少ないのですよ。

 

 

ちなみに先ほど話した、

「月100~1000万円ほど売り上げていって、短期的にFIREする、、、」

というこのあたりの手法を今回のセミナーで話していきます。

 

このセミナーで話す内容は、実際にMTCで扱っている内容をシェアする形になっていますから、有料級というより、本当に有料の情報を出していきますので、必ずメモをとるようにしてください。

 

ちなみに、FIREを実現しても、そのまま働き続ける人が実は多く、、私のクライアントでFIREできるレベルの方は山ほどいるのですが、彼らも普通に働いている人たちが多いですね。

 

一方で、私は、、というと、正直、資産運用がメインになってきており、ゴリゴリと会社経営をやっているわけではありません。

私自身、イケイケの社長ではありませんので、ストイックになにかをする、、、ってかなり苦手ですし、どちらかというと、効率よく物事を進めていきたいタイプです。

 

語弊があったら困りますが、「楽にFIREするためにはどうしたらいいのか、、、」みたいなことをずっと考えてきた人間ですので、そのあたりを知りたい方は、今回のセミナーが役立つのではないかな、、、と思います。

 

 

このセミナーを開催しようと思った理由はシンプルで、

既存の「FIREについて解説している書籍やセミナー」があまりに再現性がなく、ほんとにみんな、この方法でFIREしようとしてんの!??

とあまりに無謀な挑戦をしようとしている人たちが急増しているように思えたからです(苦笑)

 

 

最近は、FIREを謳う投資セミナーなるものが増えてきたのですが、、、

実はうちのクライアントが、そういった投資セミナーでポンジスキームという犯罪に巻き込まれてしまいまして、、、、

せっかくうちで学んで資産が作れてきていたところなのに、みんな1000万円単位で資金を失い、みんな鬱になったり、あるいは自殺を考えた方もいらっしゃったりで、、、、

う〜〜ん、ちょっとこれは看過できんな、、、、

ということで、重たい腰をあげるに至りました。

 

 

ちなみに、既存の書籍やらセミナーやらで言われている手法でFIREを狙おうとしても、ほとんどのケース、途中で頓挫します。

 

理由としては、そもそもが高所得者を前提に組まれているスキームだからです。

なんとなく、その辺の書籍やらセミナーやらの言う通りに投資を始めて見ました、、、って言っても、

 

 

よくよく話を聞いてみれば、毎月10~20万円程度は投資に回そう!

しかもそれを10年~20年以上は継続しよう!

みたいな話だったりして、

 

いや、月10万とか20万かけるなら、3年とかでFIREできるスキームって山のようにあるけどな、、、

とか

 

そもそも10年~20年って遅すぎないか!?

FIREの意味を知らないんでしょうか。

Financial Independence Retire Early の略で、

早期リタイアを意味するわけですが、10年~20年ってFIREじゃなくね、、、

 

とか、、、

ツッコミどころだらけだったりします(笑)

 

 

書籍の言う通りにやるとすると、、、

インデックスファンドに、毎月10万~20万円程度の積み立て投資を10年~20年程度継続することになるわけですが、、、

 

月20万円も投資に回したら大概の方は、まずそもそも節約生活を余儀なくされますし、その状態を20年継続って、、、

将来のFIREを得るために、直近20年間の生活を犠牲にし、一体なにをやっているんだ?みたいなことになりかねません。

 

健康体でいられている今が重要なのであって、
よぼよぼになってからFIREできても、なんの意味もないのですが、、、

そんな当たり前のことを理解していない人たちが多いようです。

 

 

逆に私であれば、世の書籍で書いてあるような、なにも考えずインデックスファンドに資金を入れておけ、、、みたいな乱暴なスキームではなく、

 

 

まず初心者が元手50~100万円程度からでも、3年で数千万から億の資産を築けるようなリターン率の高い事業を構築し、さっさとそちらへ投資していったり、、、、

月額課金制のサービスを構築し、ほぼ自分が稼働しなくても、月数百万程度はサブスクとして入ってくるような形を構築したり、、、

あるいは小さなメディアや事業を作り、それを売却するような形で節税を図りながら短期的に資産を構築する、、、

 

、、、、などなど、、、いくらでも短期的にFIREを達成する手法はあるのですが、実際問題こういった話をする人がいないのですよね。

 

 

はっきり言いますが、巷の薄くて、資産を構築するまでに少なくとも10年、20年かかるスキームはFIREとは呼びません。

 

よぼよぼになってからのヨボFIRE手法は、そもそも毎月10万、20万を20年近く投資し続けてようやくリタイア、、、という形で時間がかかりすぎる一方、

私が教える最速FIREは、これまでの記録で言うとたったの1年でFIREに至りましたし、数年間のうちにFIREすることは珍しくもなんともありません。

 

ヨボFIRE手法は、ただただ積み立て投資に回していくだけで、なんのスキルも磨かれていきませんし、起業のキの字も知らないまま、単に20年過ぎるのを待つだけですから、知識/スキル的な資産は何も残っていきません。スキルが何も上達せずにただただ老けて年老いていくだけです。

私が教える最速FIREは、一度経験しておけば、オンライン系のマーケティングは全般的に扱えるようになりますし、通販事業、店舗事業なども興せるようになりますから、FIREしたあと、暇ができれば会社を作る、、、みたいな遊びをすることも可能です。

 

ヨボFIREでは、万が一、20年かけて1億程度の資産を構築できたとしても、本人にお金を作る力、会社を作る力があるわけではないので、1億をいかに生涯守り抜くか、、、みたいな、、、結局のところ節約との戦いになってくる一方、

私が教えるFIRE手法では、そもそも3年など、短期間である程度の資産をパッと構築してしまうので、5年、10年あれば、FIREという枠は大きく超えて数億の資産構築をし、日本で言う超富裕層というグループに仲間入りを果たしたり、そもそも節税も兼ねて海外移住するなど、、、余裕資金ができるので、充実したライフスタイルを送ることが可能です。

 

と、、、ここまで言えばわかっていただけると思うのですが、

正直、圧倒的な差がありますので、どうせFIREを実現するのなら、私がMTCで教えているような手法でFIREに挑戦してほしいと思います(笑)

FIREの達成スキームはさまざまあるが、、、原則的に重要なこと

先ほどお話しした通り、FIREのスキームは多数存在します。

書籍や他のセミナーで言われているような投資を使ったヨボヨボFIRE手法から、

会社を作り、株式譲渡することで、いきなり数億の資産を狙いに行く方法、、、、

海外移住を絡めて、手元資金を残しにいく方法から、、、

 

山ほどやり方はあるのですが、

必ず今からいう2つの条件を守ったFIREスキームを組むようにしてください。

 

  1. リターン率(ROAS)が高い
  2. CF(キャッシュフロー)が良い

 

リターン率(ROAS)が高い

投資でもなんでも、基本的にはROASが高いものだけに手を付けるようにしてください。ROASというのはリターン率です。いくらお金を払い、それが何倍になって返ってくるのか?ここがとにかく重要です。

巷のFIREでは、インデックスファンドを勧めていますが、インデックスファンドは年間の利回りが3~7%程度です。100万円の資金で始めても、年間に増える額はたったの3~7万円とスズメの涙程度。

数千万〜1億の資産に届くまでにかなり時間がかかります。

 

逆に私の場合、このリターン率は少なくとも、300~500%を狙えるものしか手をつけません。まずはキャッシュを増やさないと何も始まっていかないので、

とりあえず手持ち資金100万があるとしたら、これを3~5倍で300万~500万円。

100万円入れて300万円になるのなら、

300万円入れて900万円、

900万円入れて2700万円、、、、

とこういった形でキャッシュが増えていくはずです。

 

少ない手元資金でも、ROASが高ければ、わずかな時間にキャッシュが大幅に増えます。

(ただし、「投資」でROASが高いものはだいたいリスクもその分高いケースがほとんどです。仮想通貨などはその典型です。資金が消えるケースの方が多いですので、「事業」でROASを高く出す、、、ということを狙っていってください)

 

ちなみにめちゃくちゃPC苦手な人っています?

もうマジでネットでまともに検索できません、みたいな人がいれば、ROASは若干低くなっている傾向にあります。それでも黒字は黒字ですけどね。

ただ、ネットがちゃんと検索できて、とか、調べ物できて、、くらいにネットが普通に扱える人であれば、初心者でもroas300%~500%くらいは超えていることが多いですので、安心してください。

わざわざ時間をとってセミナーを受けているような意識の高い方々ですので、結果は楽に残せると思います。

CF(キャッシュフロー)が良い

キャッシュフローというのは、簡単にいってしまえば、

「出ていくお金を遅く、入るお金を早く」。

これだけ覚えてください。

 

例えばですが、よく起業をわかってない人が言うのが、「私、元手があまりないんですけど、起業できますか?」という質問なのですが、これ完全にお金についての勉強をサボってきたパターンの人の質問なのですね。

 

例えばクレジットカードを使うと、支払いを先送りにできますよね。すると今手持ち資金がなくても、キャッシュを使えることになるじゃないですか。

例えば広告費をクレジットカードで支払うと、お客さんは集まる。けれど、その広告費の支払いは後払いで済む。

集まったお客に対して、商品を販売し、売上が立つのが先になるので、

売上を先にもらっておいて、その一部を使って広告費を払う、、、

という形を取れるわけです。

 

この状態をキャッシュフローがいい、と表現します。

キャッシュフローが良ければ、手元資金が仮に0円だったとしても、初月から100万、200万、、、と売上を作ることが可能です。MTCは初心者が多いのですが、それでも売上が立ちやすいのは、キャッシュフローをかなり意識しているからなんですね。

FIRE戦略は、コンテンツマーケティングに始まり、コンテンツマーケティングに終わる

そして、この2つの条件を達成しやすい事業モデル、、、

というのが、私は「コンテンツマーケティング」だと思っています。

 

コンテンツマーケティングというのは、定義がいろいろあるのですが、

簡単にいえば、「ネット上にコンテンツを作り、それを販売するマーケティング」

コンテンツマーケティングと呼んでいます。

 

わかりやすいところでいうと、講座ビジネスは全般的にコンテンツマーケティングです。

  • 英語講座
  • ダイエット講座
  • 健康改善講座
  • 睡眠講座
  • お金の講座
  • プログラミング講座
  • マーケティング講座
  • 恋愛講座
  • 婚活講座
  • スピリチュアル講座

 

講座ビジネス系は、先程のFIREの条件2つを達成しやすいですし、今まで起業など経験してこなかった人間でも、割と楽に売上を作りやすい点でおすすめできます。

ちなみにもう一個上のレベルの話をすると、、、講座ビジネスを始める利点として、「市場調査になる」というのがあるんですね。

例えば、婚活市場で講座ビジネスをやるとします。すると、婚活で悩んでいる人たちは、具体的にこういった悩みがあるんだな、ブライダル業界にはこういった問題があるんだな、ということを深く理解できるようになります。

基本的に事業は「悩み解決」が全てのベースですから、どんな悩みがあるのかを知っていれば、そこに対しての解決案が出せるし、事業も作りやすいです。

 

ですので、何か事業を始める場合でも、とりあえず講座ビジネスから始めてみて、市場調査をし、その後、事業に本格的に取り組んでいく、、、

というのもおすすめですし、

そんな混み入ったことをせずとも、普通に講座ビジネス単体でも、FIREは可能です。

 

講座ビジネスで売上を作る、、、という過程を経ると、オンラインマーケティングはもちろんのこと、次に通販事業であったり、店舗事業であったり、、、、

正直、事業って売上を作る上で意識すべきポイントは同じですので、他の事業も容易に作り出せるようになります。

FIREを達成するコンテンツマーケティングのフロー

具体的にコンテンツマーケティングを構築していく流れについて説明します。

これも実際にMTCで教えている流れです。

 

まず結論から言いますと、あなたがfireするために作っていくのは、

  • LP
  • サンクスページ
  • ステップメール

この3つだけです。

実際に画面でどういったものを作っていくのかをお見せしましょう。

 

(ここに後日撮影する動画を差し込む)

 

だいたい全体像に関してはわかったでしょうか?

 

そして、通常、LPを広告に流すと、だいたい一人あたり、1000円から1500円程度で人が集まります。100人集めると10万円くらいかかるようなイメージです。

そしてそのうち、サンクスページに来てセミナーへ申し込む人が、全体の10~20%程度現れます。100人いたら15くらいが申し込むようなイメージです。

実際はドタキャンとかもあるので、だいたい7割くらいの人が当日くると思って下さい。そして、じゃあ10名程度の人に対して、商品を販売していくわけですが、商品の価格は初心者は30万円程度からスタートしてください。だんだんと価格をあげていき、最終的には200万円程度の講座を作って販売、、というところまでやっていきますが、とりあえず30万円の商品が全体の3割くらいの人に買ってもらえればokです。

ですので、10名の3割だと3人程度ですね。

3人くらいの人が30万円の商品を買って、90万円程度売上が立ちます。

10万円かけて、90万円の売上が立つ。そんなビジネスを一緒に作っていきます。

90万円じゃ足りないんです、月300万円、500万円ほしいんです、という方はもっと広告費をあげていってください。さらに収入が伸びます。

私は基本、プレイヤーではなく、経営者として、自分は動かずにやっていきたいんです、という方は、ここまでの流れを全自動で回す方法やコツなども教えます。

まずこれらを作り、そして短期的に資産をパパッと作ってしまいます。

 

 

ややこしいと思うかもしれませんが、最初の段階で作らなければいけないのは、

  • LP(お客様にメールマガジンへ登録していただくためのページ)
  • セミナー集客ページ(セミナーへ来ていただくためのページ)
  • ステップメール(自動でメールマガジンを配信)

この3つのみとなりますので、慣れれば1週間~2週間、初めての人も、PCの電源の付け方がわからない、、、というレベルの人でない限り、1ヶ月程度で終わる作業量です。

 

やることとしては、

「広告を使って人を集め、セミナーを開催し、商品の提案をする」、、、

というこれだけですし、広告費以上の売上があがれば黒字。以下であれば赤字、、、

という猿でも理解できるほど、シンプルなビジネスモデルな割りに、個人で年商3~5億程度。年収でいうならば、1億〜3億程度を狙えるようなビジネスモデルです。

ある程度組織化していけば、マックスで年商20億程度、、、と膨らませている人もいますので、FIREするには十分すぎるほどの事業です。

ちなみに、どんなにしょぼい人でも年商1000万はいきますから安心してください。絶対これはいけます。年商1000万いけないというのは嘘です笑 単によっぽどひどいやり方をしているだけです。

ちなみに、このビジネスモデルをシミュレーションして、いくら売上げれば、fireに何年かかるのか、、、?ということを一目瞭然にするfireシミュレーションシートというものがあるんですが、これが欲しい方は、LINEに、「FIRE」というキーワードを送っておいてください。セミナー後にプレゼントします。

はい、では次行きますね。

学んだことが全て利益に変換される

コンテンツマーケティングの良いところとして、まずそもそもインプットが全てアウトプットとして吐き出せる良い機会になる、、というところがあります。

私も講座を作るときのベースは、まずは自分の実体験ですし、事業を作っていく過程で、こういう実験をしてみた、そしたらこういう結果になった、、、とか、

こういうことをやると上手くいく、失敗する、、など、自分自身で検証した結果を講座にすることが多いです。

 

これちなみに、他の講座で学んだことを自分なりにまとめて講座にしてしまう、、というのも全然ありですし、むしろそうやっている人たちが多いです。

プログラミングスクールでこういうことを教えてもらって、それをやったらこんなことができるようになった、、、この方法おすすめだから、自分の講座にも入れよう、、、とか

逆も然りで、あそこのスクールはこの辺りがわかりにくかったけど、自分なりに調べてみたら、もっとわかりやすく理解する方法が判明した、、、であれば、あのスクールよりもわかりやすいコンテンツが作れるな、、、

など、、

他の講座で学んでみてよかったことは、そのまま取り入れますし、ダメだと思ったところはもっとよくならないか、、と自分で改善案を入れながら、自分の講座を作っていきます。

 

いろいろとメリットがありまして、これをやるとそもそも学習速度があがります。人に教えることでインプットしたものの記憶が脳に残りやすいですし、英語を覚えたいのなら英語を人に教える講座を作ってしまうのが一番手っ取り早かったりします。

あるいは、書籍から学んだ内容や人から聞いた話など、0円で仕入れた情報に関しても、講座の一部として組み込むことで、利益を生み出すことが可能です。

見たこと聞いたことが全て利益に繋げられますので、講座など受けても、即回収、、、、という流れが作れます。

 

例えば、パーソナルジムに通ったとして、単純に費用を払って終了、、、ではなく、そこで教えてもらったダイエット方法などがあれば、それを自分で講座にすることもできますし、、、教えてもらったことが全て事業・利益になっていく、、、と考えると、学習自体に面白みが出てきます。

これめっちゃよくないですか?

聞いたこと、見たことが全部利益になるって、もはや無双状態なわけですよ。

リーンスタートアップでリスクなくFIREを狙える

ちなみに、コンテンツマーケティングが初手のビジネスとして最強だと考えているのは、「リーンスタートアップ」という手法が使えるからでもあります。

通常の事業であれば、商品を作ってから売る、という当然この工程を経るわけですが、これだと、時間とお金をかけて作った商品が売れない、、、というケースも考えられます。

 

ですので、賢い人はどうするか?というと、

  • 「売ってから作る」
  • 「売れたら作るし、売れなかったら作らない」

とこういうやり方をしていきます。

これがリーンスタートアップです。

 

例えば、ミュージシャンのライブチケットは、先行販売をしますが、実際にライブとして商品が提供されるのは、チケットを買ったあとです。

「お金を先に受け取って、商品提供は後で行う」

このように進めていきます

 

売れない商品を作ってしまう、そこに時間をかけてしまうというリスクがないので、気兼ねなく事業を作れますし、最近、年商規模を短期間でどんどん増やしている人たちは、たいていこの手法を使いこなしているケースが多いです。

外部委託の戦略が身に付き、自動的に商品が売れていく流れを何度でも構築

ここまで話を聞いて、50%~60%程度の人が疑問に思っていることがあるかと思います。

「私、そもそも、何を商品にして、何を売ればいいのかがわからない」という問題です。

 

これちなみに、起業初心者の中では、あるあるの問題ですので安心してください。

 

そしてもっといえば、「売るものが決まっていない方が売りやすい」。

逆に売りたいものがガチガチに固まりすぎているほど、売りづらさが出てくる、、、。

 

この辺り、コンセプトメイキングを本質的に理解している人でないとわからないと思うのですが、結論をいえば、「自分にできることの範疇で起業しようとするな」ということです。

今現在、自分の中であれをやりたい、これをやりたい、、、というものがある人は、良いことではあるのですが、ただし、市場があなたのやりたいことに興味を持ってくれるかどうかは別。

むしろ、売れている人は、まず自分のやりたいことは一旦抜きにして考えて、売れているもの、要は売れ線の商品にいかに近づけるか?という考え方をします。

 

例えば、市場にはトレンドというものが存在します。

健康系でいうならば、今は腸内改善、オートミール、低糖質、、、

このあたりがトレンドです。

 

そして売れる人ほど、こういった市場トレンドをまず把握し、売れているものを分析。

そして、自分がいかに、腸内改善やオートミールの知識がなかろうと、無理矢理、商品を用意して無理にでも売る。

 

例えば、私がよく言うのは、タイムチケット。

30分、人のアドバイスを自由に買うことができる、というサービスです。

こちらを使って、数千円程度、お金を出しさえすれば、あなた自身が商品を提供する必要はないわけですよね。要はお客さんを集めたはいいけど、提供できる商品がないぞーとなった場合、このタイムチケットに助けを求めることができるわけですよ。

 

流れとしては、

  1. 集客する
  2. セミナーを開催
  3. 商品を予約販売
  4. 商品の提供をタイムチケットの誰かに振る

これでいいわけなんですよ。

 

ですから、何度もいいますが、別に自分の今のスキル、今の知識で、事業なんてやる必要はなく、むしろ、売れているものにいかに近づけるか?これが利益を得るためには重要です。これを理解していれば、どんなに初心者でも、ぱぱっと年商1000万円、3000万は超えていきますので、マジな話、楽勝です。

このスキーム、これだけシンプルなのに、使ってる人マジでいないんですよ。

でもこの方法使ったら、自分が持っていない知識でも、起業できるわけじゃないですか!?

最強だと思いませんか?

 

売れない人ほど、こだわりが強く、自分のやりたいことを押し通そうとしますが、世の中の人々の大半は、みなさんのやりたいことに興味がありません。世の中の興味、ニーズに答えないと事業にはなりませんから、もはや自己満足で終わります。そういった人は利益の一切発生しない趣味としてやっていく方がおすすめです。

逆に売れる人は、ニーズを汲み取って、売れ線の商品をいくらでも作れますから、お客様に喜ばれますし、利益も発生しますので、よく社長方がいう「働くのが趣味」という状態へ変わっていきます。

 

こういった人に任せる、、、ということに慣れていかないと、経営者になれませんし、人に任せるという行為自体になれるためにも、このように委託していく、、、という作業工程を経て欲しいと思います。

ほとんどの業種業態でコンテンツによって売上をあげられる

ちなみに、コンテンツマーケティングを使えば、だいたいの業種業態で、現在よりも売上をあげることができます。

 

医者や看護師など、医療系に関連している人たちは、医療関係者向けの起業講座をやったり、あるいは健康系のコンテンツ(予防医学セミナーなど)をすれば利益があがりますし、

整体院などの人たちは、腰痛改善のセルフケアコンテンツを販売したり、他の整体向けの経営アドバイス講座みたいなものを販売するのもいいです。

あるいは営業マンとして働いている人は、そのまま営業講座が売れますし(ただし、営業という言葉は使わない方がいいが)、

税理士や弁護士などの人たちは、最近、競合がかなり多いと思うので、差別化をするためのコンセプトを入れこんだHP制作をして、集客に繋げていくといいですし、節税マニュアルのような講座を作って販売することも可能。

ファッション関連やスタイリスト経験があれば、ファッション講座をそのままやればいいですし、プログラマーやSEの方なんかは、プログラミングの入門講座など作って売るのがおすすめです。

 

その他、正直、なんでもコンテンツになりますし、

上記のような職業ではなく、単純に会社員してます、、、みたいな人は、

何度もいっていますが、自分のスキル/知識の範疇で考えず、

売れているものを真似して、売る。

という練習を積むことで会社経営が上手くなっていきますので、そちらのやり方をおすすめします。

 

ちなみに参考までに言っておくと、

自分のやりたいものでやってもいいんですが、

私が言う通りのコンテンツを売る方が、何倍も早く結果は出ます笑

重要な3つのスキル

以上がまず、「コンテンツマーケティングでFIREを目指す」ための基礎的な知識になりますが、このコンテンツマーケティングで大きく利益を出していくためにはいくつかポイントがありますので、そちらを紹介します。

主に3つでして、

  1. コンセプトメイキング
  2. セールス(ライティング、パブリックスピーキング)
  3. 広告(集客)

この3つです。順に話していきます。

コンセプトメイキング

問題:売れる商品を作ることができない、コンセプトがわからないことがいかにヤバいのか

  • 自分で商売始めてみよう、だけど自分に商品なんてないしな
  • どういうものが売れるかわからない
  • なにから始めたらいいかわからない
  • 低単価でしか物が売れない
  • 差別化ができない
  • 競合に負けている
  • もっと投資対効果の高いビジネスをしたい

こういうことを思ったのであれば、

コンセプトメイキングについて理解を深めないといけないです。

 

ライザップでいう「結果にコミット」。

ダイソンでいう「吸引力の落ちないただ1つの掃除機」。

 

もし、コンセプトメイキングを本質的に理解できているのであれば、、、

  • 商品を作る前に、その商品がヒットするかどうかが予測可能
  • そもそも年商規模が伸び悩むことがなく、簡単にいえば、金で悩むことがない状態(年商5000万円~1億は超えているはず)
  • 自社商品だけでなく、他人の商品のプロデュースも可能
  • 1社だけでなく、複数社同時に多角化経営が可能
  • たまたま1商品がヒットした、、ではなく毎回の商品をヒットに導ける

こういった状態になっていなければ、おかしいのです。

 

事業構築をする上で、最も重要度が高いのが、コンセプトです。

 

 

例えば、、

「吸引力の変わらないただ1つの掃除機」

というキャッチコピーとコンセプトで一大ヒットしたダイソンですが、

 

仮に「吸引力の変わらないただ1つの掃除機」

というキャッチコピーを使わないで、

ダイソンを売っていたとしたら売れていたでしょうか?

 

想像してみればわかると思いますが、答えはNOですね。

だって、コンセプトがなかったら、

「ただちょっとパワーが強いだけの掃除機」になりますよね?

 

電気屋さんの営業マンもめちゃくちゃ売りにくくなります。

なんで、三菱の掃除機よりも、ダイソンの方がいいんですか?って言われたら、

いや、、、三菱よりちょっとだけパワーが強いですよ、、、

としか言えないじゃないですか。

 

わかります?

 

吸引力が落ちないただ1つの掃除機っていうコンセプトがあるから、売りやすいんです。

というより、セールスしなくても、欲しがってくれる人が現れるわけです。

 

要はダイソンは、コンセプトがあったからこそ売れたわけです。

逆にコンセプトがないと、売れません。

 

ここ理解してない人、本当に多いですよね。

 

コンセプト理解せずに、商品売るって、

運動せずに痩せたいです!っていってるのと同じですからね。

無謀だと思って下さい。

あなたの考える差別化は差別化ではありません。

あなたの考えるコンセプトはコンセプトではありません。

 

例えば美容院。

カットが3000円の美容院と5000円の美容院。

あなたはカット技術の違いって理解できますか?

 

私は正直言って何一つわかりません。

どちらのカットが素晴らしいかなんて違いはわからないんです。

 

カットが得意な美容院としてブランディングをしている美容院も多いですが、はっきり言ってカットをこだわっても、そのクオリティの差を理解してくれるお客様なんて微々たるものです。

理解してもらえない差別化は差別化とは言いません。

 

わかってくれないのなら、別のところで差別化しなければならない。

当然ですね。

 

例えば、オーシャントーキョーという美容院があります。

ここは「トーク」で差別化をしている美容院です。

メインターゲットは10-20代の男子学生。

所得は低いはずですが、なんとカットに7000-10000円出します。

 

これはなぜなんでしょうか?

先程お話しした通り、オーシャントーキョーの強みは「トーク」です。

 

もっと言えば「学生の人生相談に付き合ってあげる」というサービスなのです。

 

学生からしてみれば、周りの大人は学校の教師か、親くらいしかいません。

だから、社会というものが見えないんですよ。

 

そのため、将来が不安になるわけです。

どういった仕事に就くべきか、進路はどうすべきか。

 

そういった人生相談に乗ってくれる美容師を配置しているのが、

オーシャントーキョーです。

 

人生相談ですから、悩みも尽きないですし、リピート率も高い。

要はカットに10000円を払っているわけではなく、

人生相談料に10000円支払っているわけですね。

 

わかりますか?

これが「差別化」です。

世の中のサービスは、差別化しているつもりで、できていないものばかりなのですよ。

 

差別化がなければ、あと比較するものは値段になってきます。

安い方が買われ、高い方は買われない。

そうなるとどんどん値下げをしないといけなくなる。

客単価が下がるので、たくさん働いて、少しの収入しか得られなくなる

時間が失われて、しかも安月給という最悪の形が完成します。

 

簡単な話、コンセプトを理解してない人は、時間もお金もなくなり、

理解している人だけが、時間もお金も手にする、、こういった構図が出来上がってしまってるんですよね。

コンセプトを理解しないまま事業をスタートしようとする人たち

ところが、これから事業をスタートしようとする人の9割は、

そもそもコンセプトというものをあまり意識していません。

 

しかし、コンセプトとは事業の軸、事業の柱であり、いわば設計図です。

 

あなたがどのような事業で成功したいのかは知りません。

しかし、実店舗ビジネスでも、ネット事業でも、ブログや物販などの副業であろうと、

とにかくコンセプトを理解しなければ、売上が立つことはない、、、

とだけお伝えしておきたいと思います。

コンセプト=外見である

コンセプトってそもそもなんなんですか?

こう聞かれたら、

コンセプトというのは外見です。とお答えしています。

 

段ボール紙の上に置かれた一流の寿司。

高級な皿の上に置かれた100円寿司。

お客様が価値を感じるのは、後者です。

 

 

 

同じく、、

1000円のワインと100万円のワイン、

飲み比べても、どちらが高級ワインかをほとんどの方は理解しません。

 

要は、味(コンテンツクオリティ)を、

大半のお客様は理解していません。

 

重要なのは、見た目です。

 

例えば、Royal Blue Teaという企業があります。

この企業は、「お茶」を販売しているのですが、

一本あたり5000円~30万円程度の値付けがされています。

 

正直、お茶の微々たる味の違いを理解できる人たちが、日本全国でそれほどいるとは思えません。

 

しかし、売れているのは、

「ワインボトルに入れて提供しているから」です。

 

現在、年間7万本も売れており、年商は5億を突破。

しかも従業員は15名程度しかいません。

 

お茶の味よりも、容器がキーポイントでありトリガーです。

 

商品よりも、商品コンセプトが重要である、、、、

という事実をまずしっかりと受け止めてください。

 

まだ資産が1億を超えていないビジネス初心者に共通するのですが、

コンセプトの認識が甘い人たちが多いです。

 

いいですか?

あなたがお金を得ようと思ったら、中身も重要ですが、まず最初の利益を出すために重要なのは、外見です。

ここを理解してください。

 

あなたを選ぶ理由を教えてください

売れないネットショップをやっている人、

どこにでもあるようなブログ、SNSを運営している人、

全員、コンセプトがダメだから結果が出ていないんですね。

 

snsでも、あなたをフォローしないといけない理由ってなんですか?

商品も、あなたの商品を買わないといけない理由ってなんですか?

 

、、、これちょっと考えましょうよ。

なんかありますか?あなたの商品じゃないといけない理由。

これがないのなら、売れません。

 

で、ほとんどの人は、あなたの商品を買う理由を考えずに、商品作り始めるんですよ。

いやいやいやいや、そりゃ売れないでしょうって話になってきますよね。

 

 

コンセプトとはいわば、「あなたを選び続ける理由作り」です。

 

専門用語を使うと、エコノミック・モート(参入障壁)を用意し、

他が真似できないコンセプトを作らなければならないわけです。

 

逆にいえば、ここさえできてしまえば、「あなたは選び続けられる」わけですから、集客やリピート、売上の上で困ることはなくなるわけですよね。

 

こう考えていくと、事業というのは、全般的に「最初の仕込み」が肝心であるということがよくわかります。最初のコンセプト設計を外すと、もう何をやってもダメです。

 

もう一度聞きますが、「あなたを選び続ける理由」とはなんですか?

ここに明確な理由で答えられなければ、コンセプトの設計が固まっておらず、あなたのビジネスはそのまま続けていても、売上は残念ながら伸びることはありません。伸びたとして微々たる伸び方しかしません。大きくブレイクすることはないわけですね。

コンセプトメイキングで年収1000万円~5000万円は楽にブレイクできるはず

まだ年収で1000万円~5000万円に到達していない人は、コンセプトメイキングが急務です。

  • 「副業でブログかYouTubeをやろうと思うんですが、何をやればいいかわからなくて」
  • 「ビジネススクールをやっているんですが、売上に伸び悩んでしまって」
  • 「プログラミングスクールをやっているんですが、集客で詰まってしまって」
  • 「自分の講座を売りたいんですが、セールスが決まらなくて」

 

こういった相談が毎日寄せられますが、

私は、毎回のように「コンセプトが原因です」と告げています。

 

事業の成功の9割をコンセプトが握る。

と言われるほど、コンセプトが重要です。

原因:なぜ売れる商品、売れるコンセプトが作れないのか?

ここまでで、コンセプトの重要性はなんとなく理解できたと思うんですが、

じゃあ、なぜみんな売れる商品、売れるコンセプトが作れないんだと思います?

 

理由は簡単で、「みんな0から売れるものを作ろうとしているから」上手くいかないんです。

 

私もみなさんも、天才じゃありませんから、売れるものを0から作るなんて無理なんです。スティーブ・ジョブズやイーロンマスクになろうとしないでください。

 

「0から作るんじゃなかったら、何をしたらいいんですか?」

って質問が来そうですが、結論からいうと横展開という方法を使うんですね。

 

簡単にいってしまえば、ライバルのビジネスを

9割真似て、1割新しさを加える、、、という手法です。

 

これちなみに、世の中のヒット商品を生み出しているガチのプロたちは全員使っているんですが、その辺のコンセプトコンサルタントみたいなのを雇っても絶対に教えてくれません。

 

この方法を知らない人たちは、0からアイデアを生みだそうとして、プロから見れば、やる前に絶対売れないだろうな、っていうゴミコンセプトをバンバン生み出します。

私の場合、この横展開という手法を使うので、売れているライバルのコンセプトからアイデアを持ってきて、それを活用するので、楽ですし、コンセプトを外すということがほぼありません。

 

横展開を知らない人たちは、自分にどんなビジネスができるんだろう、どんな商品が売れるんだろう、というのが検討もつかないですし、1つのアイデアを出すまでにめちゃくちゃ苦労します。

私の場合は、ネットでちょちょっとリサーチを加え、企業の成功事例を見つめたり、ニュースサイトをぱらぱらと見ているだけで、売れる事業アイデアがバンバン出ます。

 

ですから、まずコンセプトを作るには、横展開。

ここを覚えないとスタートラインにも立てませんし、

ビジネスを始めてもだいたいこけます。

ノウハウ編

はい、じゃあ実際にこの横展開の手法なんですけど、知りたい方ってどれくらいいらっしゃいますか?

知りたい方が多ければ教えますし、少なければ次の話にスキップしたいと思います。

挙手して教えてください。

 

はいでは、知りたい人が多かった場合、続きのノウハウを見せていきますね。

で、実際に話していきたいと思いますが、

横展開をするときに着目して欲しいのが、その事業で使われているキーワードなんですね。

 

説明するのに、youtubeを使うと便利なので、youtubeで練習してみましょう。

 

(赤字部分は別途動画で撮影)

はい、これ筋トレのチャンネルなんですけど、、まぁ、いろんな筋トレの動画があがってますよね。

じゃあ、質問です。

この人のチャンネルは、次、どんなコンセプト、どんな企画の動画を出せば、もっとチャンネル登録者を増やせますか?

はい、これちょっと考えてください。

スタッフさんはちょっと参加者さんに聞いてみてください。

これがわかっていれば、まずコンセプトの入り口には立てています。

 

 

はい、じゃあ答えをいいましょう。

 

まず、やることは、動画を人気順に並べます。

で、基本的に、まず事業でも動画でも、平均値より伸びているものに着目します。

会社なら、その業界で、平均よりも売上高が高い、集客ができているかです。

動画であれば、平均よりも再生回数が高いかどうかです。

 

今回の場合でいえば、まず動画を人気順に並べて、

再生回数が多い、トップ10個くらいの動画をざーっと見ます。

で、ここで着目して欲しいのが、さっきもいいましたが、「キーワード」なんですね。

 

これざっと見て、伸びている動画に共通するキーワードや法則性ってありませんか?

はい、じーーっと眺めてみてください。

まず、1つは、「デカくなる」っていうキーワードがありますよね。

あと法則として、やってはいけない筋トレとか、大きくならない理由とか、禁止系の動画がかなり多いっていうのは気づくかなと思うんですね。

あとは胸筋系の動画が多いとかくらいですかね。

 

なので、このチャンネルで次伸ばそうと思ったら、

胸筋を鍛える系の動画で、こういうことをやってはいけない、という禁止系の動画にし、同時に「デカくなる」というサムネイルを入れる、、、

っていうことをやるといいっていうことがわかるわけですよ。

 

で、そこに対して、少しだけ新しい要素を混ぜていくんですね。

tシャツが似合う大胸筋の育て方、、、みたいなファッションの要素を混ぜてみたり、

女性から見た理想の大胸筋、、、みたいな恋愛の要素を混ぜてみたり、、、

 

それで当たっていくかどうかを検証していくわけですよ。

 

わかります?

事業アイデアを作るときも似たような考え方をします。

企業のビジネスモデルを見て、このビジネスがあたっているんなら、こういうビジネスも上手くいくよね、、、という形で横展開していくんですね。

 

これちなみに、今のキーワードの考え方の話だけ聞くと、

すごいシンプルなんだなと思うかもしれませんが、

このシンプルな施策だけでも、全く効果が違ってきます。

 

例えば、これ恋愛系チャンネルなんですね。

恋愛について話す動画です。

 

で、こっちは恋愛心理系チャンネルなんですね。

中身はさっきと同じ恋愛について話す動画です。

別に恋愛心理系チャンネルだからって、心理学について特化しているわけでもなく、普通に恋愛のテクニックを話しているだけです。

 

要は、2つのチャンネルの中で、出されている動画の系統は完全に一緒です。

違いは、チャンネル名に「心理」というキーワードが入っているかどうかだけです。

 

これで、どれくらいの差が生まれるのか?

というと、再生回数が平均で3倍違ってきます。

3倍ほど、恋愛心理 というコンセプトでチャンネルを作っている人の方が再生回数をとれています。

3倍再生回数があるってことは、キャッシュの増え方も3倍違うってことですよ。

資産も3倍になるってことです。

 

わかりましたか?

同じ商品を扱っていたとしても、コンセプトが違うだけで、

年間の売上も個人の資産も3倍増えるわけです。

この辺を理解しているからMTCの人たちって売上がどんどん伸びるわけですよ。

 

こんな微々たる差で資産の増え方がこれだけ違うってことは、

もっと大きなところの施策を加えていけば、ガンガン、売上伸びますよね。

いや、マジで知識・情報があるって、無双できるんですよね。

 

今は、コンセプトの基礎の基礎、キーワードについて話しましたが、

みんなたぶん、この辺りの知識すらない人が多いんですよね。

だから商品を作っても売れない、どんなビジネスを始めればいいかもわからない。

 

私の場合は、最初からもう明確なんです。

どんなビジネスをすれば当たるのか、どんなコンセプトなら売れるのか、どういう商品がヒットするのか。だから結果が出るのは当たり前なんですね。

ここに差があるわけです。

別に才能とかじゃありません。単純に当てる方法を知っているか否かだけの問題です。

 

ですから、あなたもここが理解できるようになれば、必ず収益はあげられます。

 

今はコンセプトの入り口しか話していませんが、これもっとちゃんと学習すれば、作る事業作る事業、基本、ほとんど全てあたりますし、売れない、、、ということがなくなってきます。ライバルと差別化もしっかりできるので、基本は高単価でも選ばれる商品になっていきますし、時間はあるのに収入が増える、、、という状態を作れるわけですよ。

ですから、コンセプトをしっかり学ぶというのをぜひやってもらえたら、キャッシュの増え方がまず全然違ってくるでしょうね。

 

OKでしょうか?

コンセプト、今後、しっかりと学んでいってください!

セールス(ライティング、パブリックスピーキング)

問題:営業力がないといかにヤバいか

はい、じゃあ次、セールスについて話していきますが、

結論、セールスができないと、ビジネスで成果をあげるのは不可能です。

基本、富裕層の7割は、営業をどこかしらで経験していると言われているんですね。

 

たぶん、今、資産がない人、起業経験が浅い人は、

  • 物が売れない
  • 売れたとしても1個の商品を売るのに時間や労力がかかる
  • そもそも顧客がなぜ商品を買い、なぜ商品を買わないのかがわからない
  • 安い商品は売れるけど、高い商品は売れない

など、こういった問題が起きていると思いますが、

 

コンセプトメイキングで売れやすい商品を作ったとしても、

営業力がなければ、当然、商品は売れていきません。

 

結局のところ、売れなければ会社は終わりです。

営業力のある会社は伸び、そうでない会社は終わって行きます。

 

だって、物が売れないのに、どうやって売上伸ばすんですか?って話ですよね。

これ、当たり前のようでいて、しっかり営業のトレーニングをプロから受けている人って少ないんですよ。みんな、たかだか本を数冊読みました、、、、くらいなもので、いや、もっと力入れようよと言いたいです。

だって、営業できない人、お金持ちになれるわけないんですから。

物を売らずにお金を増やしたいです、って、英単語覚えずに英語喋れるようになりたいです、っていってるのと同じくらい無謀なんで、もうだったらあきらめましょうって話になってきます笑

 

 

ちなみに、

セールスに対して不安や苦手意識がある方も多いと思いますが、

そこまで心配する必要はありません。

 

人が商品を買うパターンにはある一定の法則があります。

その法則を知っていると、物を販売するのに、

ネットでも店舗でも困ることがなくなります。

 

そして実は、私は、毎回同じ法則を使い、

毎回同じような手法でものを販売しています。

 

毎回毎回、やり方を考え、売っているわけではありません。

毎回、同じような文章で売っているのです。

 

ですから、その一定のパターンを一度習得すれば、

問題なく物が売れていくようになります。

コピーライティングに興味がないのであれば、あなたのビジネスは上手くいっていないはずです。

あなたがもしコピーライティングに興味がないのであれば、

あなたのビジネスは上手くいっていないはずです。

なぜか?

 

単純に

「コピーライティングを重視している人は、結果が出ている」

というファクトがあるからです。

 

例えば通販業界の話をしましょう。

私もプロデュースしている通販会社があったりするので、

あまりおおっぴらに言いにくいところはあるのですが、

 

全くオブラートに包まずに言うと、「サプリメントは全く効かない」。

これが事実です。

 

しかし、通販業界では、

年商10億や30億じゃ収まりきらないほど

売れている会社が多数あります。

 

なぜなら、コピーがいいからです。セールスが上手いからです。

9割の通販会社は商品力ではなく、セールスだけの力で売っています。

 

私は頻繁に健康診断にいくのですが、

サプリを飲んだところで、

一切健康診断の数値が改善に向かわないことは実証済みです。

 

まぁ、そもそも医薬品ではないですし、

論文など読むと、いかにサプリが医学的根拠がない

代物かが事細かに書いてあります。

 

よく見るマルチビタミン、プラセンタ、コラーゲン、

全部医学的根拠は全くありません。

 

飲んでも飲まなくても大して健康状態は変わらない、

ということがデータとして出ています。

 

しかし、サプリメントは、ネットで馬鹿みたいに売れています。

 

なぜか?

何度も言いますが、セールスが上手いからですよ。

 

通販会社は、とにかく営業力を強化し、

あとは広告費を入れ、10億、50億など、事業を拡大していくスキームを持っています。

 

通販会社で一番重要になってくるのは、セールスです。

これは実際に通販会社の経営者が口を揃えて言うことです。

 

というより、「セールスが重要」という事実は、

ネットにしっかり取り組んでいる経営者なら、

全員が理解していることです。

 

理解していないのは、売上が立っていない経営者か、

起業したて、もしくは今後起業予定の赤ちゃん起業家くらいです。

 

 

実際、こないだアンケートを取ったのですが、

年収で3000~5000万円以上に至っている人はセールスライティングや営業力の重要性に気づいており、

それ以下の方は、セールスは大事かもしれないけど、

とりあえず他に学ぶことがあるでしょ、と思っている傾向が強いことがわかりました。

 

 

え〜〜、はっきり言いますが、

セールスを学ばずに、

インターネットの事業で売上を立てようとしているなら、

諦めた方がいいです。

 

インターネットに関わらず事業において、セールスが全てであり、セールスが全ての売上の基盤を支えている、という厳然たる事実は、変えようがありません。

 

工数/労力をかけずに1枚のWEBページだけでセールスが自動完結

セールス力やライティング力がない人ほど、工数/労力が必要になります。

 

信頼を構築するために何通ものメールを流したり、

マンツーマンで会話をしたり、無料体験セッションなどを行います。

 

その上でようやく1件や2件、

成約が決まるかどうかという世界で戦っています。

 

だから、いつも時間がないと喚く人が多いですし、

実際、売上はなんとか作れていてもなんだか疲れている人が多いです。

 

ライティング力がない人ほど、

教育とセールスを別個のものとして考えます。

 

じわじわとまず教育をし、信頼関係を構築。

 

その後、セールスし、売り上げを立てる。

これがよくあるインターネットマーケティングの手法です。

時間がかかるし、成果は出づらいし、大変です。

 

しかし、ライティング力があれば

わずか1時間で書き上げた一枚のWEBページで、

教育とセールスが同時に完結します。

 

わざわざ物を売るために、

入念に下準備する必要ってないんですよね。

1時間ほどライティングを行えば、それ単体で物が売れます。

「私はセールスやコピーライティングを学びましたが、物は売れませんでした」

 

という人も多いでしょうが、

それはライティングの「ウェイト」を理解していないのです。

 

「ウェイト」とはセールスの威力のことです。

例えば、何十通もセールスメールを送らないと物が売れない人は、1発1発のライティング威力が軽いのです。

 

ボクシングと同じですね。

軽いジャブしか打てないのであれば、相手を倒すことはできません。

 

 

しかし、

一発でも重いパンチを入れることができれば、

相手は簡単にノックダウンします。

 

セールスライティングで効果が出ないという人は、

ウェイトの重い(威力の高い)文章を書く施策について知らないだけです。

 

いわゆるコピーライティング講座であったりセールス講座では、

ウェイトの軽い(威力が弱い)セールス施策しか学べないので、

せっかく学んでも売れないという状態になるのです。

 

セールスライティングを学んだことがある人は、PASONAの法則やAIDMAの法則など聞いたことがあると思いますが、ああいったものは不要です。

(この辺の言葉について知らないという人は、むしろ幸運です。巷のコピーライティング講座で変な癖がついてしまう前に正しいコピーを習った方がいいです)

 

セールスライティングの旨みの1つが、「楽に売上を作れる」ことにありますから、

そもそも元来、頑張って頑張って売上を作る、、、

というものでもありません。

 

さっと書いてさっと売る。

これがセールスの役割であり、メリットでもあります。

一発目から集客、一発目から売上を立てる

通常、マーケティングを学んでいくと、試行錯誤の連続になります。

 

せっかく集客ページを作ったのに、集客ができない、、

どこが悪いのかを原因発掘し、それを潰し、、、。

 

あるいは、メールを書いたのに、読んでくれる人が少ない、、、

どこが面白くないのか、仮説を立て、検証していく。

 

さらに、商品販売ページも、なぜか売れない。

ではどこが売れない原因なのか、、、?

 

こんなことを永遠と繰り返していきます。

 

もちろん、マーケティングには必要な作業です。

 

でも正直、試行錯誤なしで、一発で売上立てたい。一発で集客をしたい。

これが本音でしょう。

 

ちなみに私も、マーケティングにおける試行錯誤などはしますが、

はっきり言いまして、軌道修正などしなくても、

一発目で集客できるし、一発目で売り上げが作れています。

 

試行錯誤するのは、

「もっと効率よく売上をあげるためにはどうすべきか」

「もっと投資対効果を高めるにはどうすべきか」

 

などを試行錯誤するのであって、

「利益が出ない、、、」という問題で

悩んだことはぶっちゃけありません。

 

これはなぜか?というと、

コピーライティングを学んだからに他なりません。

試行錯誤は重要です。

 

ただ、ビジネスもライティングも、

相手が望んでいるもの、情報を提供する。

 

そして人の心を動かす。

シンプルにいえばこれだけなので、

これができるのであれば、正直、細かな試行錯誤などは不要になります。

 

人の心を動かすには一定のパターン、やり方がありますから、

その原則に従えば、一発目から利益が出ます。

 

多くのネット系起業家をみていると、

的外れな試行錯誤をしている人らが多く、

 

彼らからすれば、

ビジネスとはトライアンドエラーの上に成立するものであり、

最初は失敗はつきもの、、、

 

という感覚だそうですが、

 

私の場合は、「初動」をかなり意識していますので、

最初から結果が出なければ不満なのです。

 

一発目に少しでも利益が出れば、光を感じますし、

試行錯誤のやりがいも多少は出てきますが、

 

一発目で利益が出ないものには興味がありません。

 

まずここに基準値の差、コピーライティングを

学んできたものと学んできてないものの差がある気がしますね。

 

コピーさえ学んでおけば、一撃で利益を出すのは

そう難しくないですから、やはり最初に学んでおくべきはコピーライティング。

私のこの信念は揺るぎません。

 

③商品の売れ方が変わる

あなたがもし、自分の講座を持っているのであれば、その講座の売れ方が一変するでしょう。

 

せっかくなので、少しこの場でアドバイスをします。

売れない人というのは、

まず、「要らないもの」を売っているケースが多いのです。

 

人の心が理解できておらず、無理矢理売ろうとするケースです。

 

例えば、、、

ダイエットしたいが努力したくはない、

さらに食事制限も嫌だ

 

という人に対して、

「根性で痩せる方法」を

教えたところで、食いつきません。

 

当たり前ですね。

しかし、これと似たようなことをやっている人は非常に多いですよ。

 

この人間心理を理解できていると、

商品を売るのはそう難しくなくなります。

 

例えば、今の時代、「婚活アドバイザー」という

仕事は受注を受けにくいのですよ。

 

これはなぜかというと、時代の流れ的に、

「結婚はしたい、、、が、別に焦っていない。いつかできればいい。」

という女性が増えてきているからです。

 

この人間心理を理解せず、

「今すぐ理想の彼氏を捕まえる方法講座」

みたいなものを売ろうとしても、なかなか売れづらいわけです。

 

あるいは、「投資の方法を教える講座」に関してもそうです。

「お金は増やしたい。でも投資は面倒だし、投資にお金を払いたくない、、」

という流れが今形成されてきています。

 

ですから、普通の投資講座を売っても売れない、、、、。

 

私からすれば当たり前なのですが、

この当たり前を理解していない人が多いです。

 

ここの人間心理等々は、

コピーライティングをやっている人でないとわからないはずです。

 

私からすれば、みんな売れない商品を売ろうとしすぎています。

 

私のようなライターは、お客様の人間心理を最大限尊重します。

 

そして、シンプルに欲しいと思ってくれるように、

オファーを調整していき、欲しいから買う。以上。

この状態を作ることだけに注力します。

 

物を売る、物を買うのはシンプルで、欲しいから買うのです。

それ以上でも以下でもありません。

 

そして、欲しいと言ってもらうために、

「やり方」があるわけです。

そのやり方さえ覚えれば、講座の売り方が180度変わります。

 

今まで見向きもしなかった客層が、一度に注目するようになります。

 

すぐに閉じられていたWEBページが、

何度も何度も繰り返し読まれるページへと変わります。

 

セールスは簡単、ライティングも簡単

コピーライティングと聞いて、

「私は文章が苦手だから」

「コピーライティングって何を書けばいいの?」

「セールスってなんだか難しそう」

そう思うのは無理もありません。

 

特にコピーライティングやセールスを若干かじったことある人ほど、苦手意識が大きいでしょうね。

 

しかし、結論を言えば、コピーライティングもセールスも極めて簡単です。

 

難しいと思っている層は、

「コピーやセールスは0から生み出すものだ」と勘違いをしています。

また同時に「コピーライティングは感性だ」と勘違いをしています。

 

まっさらのA4用紙とボールペンを握らされて、

0からコピーライティングをするつもりなら、当然難しいでしょう。

 

しかし、実際のコピーライティングやセールスは違います。

 

コピーライティングは、0から作るものではなく、お手本を見ながら書くものです。

 

私たちは作家ではありませんし、小説家ではありません。

ゼロから創作する必要はないんです。

 

カンニングシートを見ながら、売れるライティングを作る。売れるセールスの台本を作る。

これができれば、セールスとしては合格なんですよ。

 

売れないコピーライターほど、

頭を悩ませながら、自分でオリジナル要素を

足しまくった文章を作るのですが、結果は散々です。

 

下手すると、1枚のWEBページを作るのに、

1週間~1ヶ月ほどかけて構築する人も多いのですが、

その結果全く売れていないので笑えません。

 

私の場合は、お手本を参考に

さらっと1時間ほどで文章を書きます。

それだけで、月1000万円です。

 

はっきり言ってやっていることは本当に、

お手本を横に置いて、文章を書くだけです。

それ以外本当にやっていないんですよねぇ〜〜。

だから、売れていない人たちが本当に謎。

 

小学生でも簡単にこなせる作業のように聞こえるでしょうが、

元来、コピーライティングとは、小学生でもこなせる作業なんです。

 

原因:人間心理を理解していないから売れない

ここまでの話を聞いて

だいたい理解していただいたと思うのですが、

コピーライティングに限らず、セールスで成果が出ない人は、

まず間違いなく人間心理を理解していないから、売れないんです。

 

例えば、これちょっとクイズなんですが、

どちらのコピーの方が売れますか?

「どちらが売れますか?」って両方、同じコピーじゃないですか?

と思った方は、一世代前のコピーライティングしか知らない人間です。

 

人間心理を理解できていません。

物を売るパターンを理解できていません。

 

そして、永久に物が売れることはありません。

 

今の時代、 UI(ユーザーインターフェース)と

コピーライティングは切っても切れない関係にあります。

 

同じく「副業」というワードを使った

ライティングですが、デザインがまるで違います。

 

Aパターンでお客様を集めると、今日明日の生活費すら危ういレベルの

可処分所得及びリテラシーが低い層(会社員/サラリーマン)が集まります。

 

一方で、Bパターンで集客すれば、同じサラリーマンでも、

「独立/起業」を念頭に置いた上で「副業」を始める、意識の高い層が集まります。

 

当然、Bパターンを採用しなければ、

売上が上がらなくなるのは目に見えています。

こういったことを全て含めて「コピーライティング」と表現するのですが、

残念ながら、こういった知識/情報を教えられる人間が現在日本にはほとんどいません。

 

逆にここまで深くライティングを知っている人や、

教えていますというライティング講座の主催者は私に教えて欲しいくらいです。

 

いや、本当にいないと思うんですよね。

だから売れない人が多いんでしょう。

 

解決:セールスマンは医者であれ

 

じゃあ、結論、どうやったら、人間心理を理解し、物が売れるようになるのか?

これ知りたい人ってどれくらいいらっしゃいますか?

挙手で教えてください。

 

はい、じゃあまたこれも少し教えますが、

セールスが上手くなるコツというのは、1つ言うとすると、

「医者になったつもりで売れ」ということなんですね。

 

え、どういうことなんですか?と思うかもしれませんが、

まずそもそも、人が商品を欲しくなるのはなぜですか?

これはめちゃくちゃ基礎なので、知っている人も多いと思いますが、

Before→Afterがあるからですね。

 

なにか悩み、問題があって、それを解決した先に良い未来があるから、

商品が欲しくなるわけです。

 

要は、BeforeとAfterにギャップがあれば商品は売れます。

ところが問題があるんです。

 

病院に来る患者さんって、自分の体調が悪いと思ったから病院にきたんですよね?

でも、そこらへん歩いている人たちを捕まえて、あなた今悩んでいることってありますか?ってダイレクトに聞いても、答えてくれます?

答えてくれないじゃないですか。

 

要は、お客さんは自分のBefore、つまり問題に気がついていないケースが多いんです。

 

例えば、今、コピーライティングとかセールスの話をしていますけど、このあたりの重要性って、お金が増えない人ほど、やっぱり理解していないんです。

問題はあるけど、本人は自覚していないんですね。

 

だから、まずやるべきことは、セールスの重要性について徹底的に話すっていうことです。

マジでちゃんと時間とって学ばないと死ぬよ、とまで言えているかが大事なんですよ。

 

 

これをせずに、商品の話をいきなりしてしまうとか、知識をひけらかすように話してしまう人というのはだめなわけです。

例えば、よく、美容院とかいっても、「このシャンプーはアミノ酸系で、これこれこういう成分でできているので、髪にとってもいいんですよ」とか言う美容師さんとかいますよね。

あれはいきなり商品の話をしてしまっているんですよ。

そうではなくて、まず重要性の話をしなければいけないんです。

 

 

例えばですよ、病院にいったとき、まず診断受けますよね、そこで医者に薬の成分について質問したことあります?

しないですよね?

わかりますか?

私たちは、実は商品についてなんて興味がないんですよ。

 

そうではなくて、自分の体調が悪いのはなぜなのか?

どれくらいやばいのか?そっちに興味があるでしょう?

 

 

ですから、セールスマンは医者と一緒で、

薬の説明ではなく病気について語らないといけないんですよ。

 

で、もっというと、医者って、お客さんに必要のない薬とか売らないでしょう?

あれも飲んだ方がいい、これもついでにのんどこう、薬はあればあるほどいい、、みたいな風にいってくる医者がいたらやばいじゃないですか。

 

ですから、セールスマンも全く同じで、いらないものを売りつけてはいけないんですね。

というより売る必要がないんです。

 

基本的にはセールスマンはお願いします、買ってくださいなんて言わないんです。

だって医者がお願いします、この薬買ってくださいなんて言わないでしょう。

 

基本は、お客さんより医者の方が若干立場が上なんです。だって、お客さんは病気にかかっていて、医者はその薬をもってるわけですから、お客さんから「薬をわけてください」っていうのが自然じゃないですか。

 

この立場を理解していない人が多すぎるんですよね

 

セールスマンは医者ですから、

変な物を売りつけてはいけないですし、本音で話さないといけません。

 

この本音で話す、というのもほとんどのセールスマンができてないんです。

 

医者は薬についての副作用、デメリットもちゃんと話しますよね。

だから信頼できるんでしょう。

 

セールスマンで、自分の商品のデメリットについて話さない人はクソです。

いいところばかり紹介する人は本音じゃないし、本音じゃないからこそ信頼されません。

 

私も、なにか商品の話とかするときは、こういうデメリットはありますよ、というのを必ず話します。あくまで医者としての立場で、お客さんが抱えている問題については指摘するし、どれくらいやばいのかというリスクの話もします。

そして薬の必要性についても話しますけど、薬の副作用についてもしっかり話すんです。

 

ここまで聞くとわかりますよね、だからセールスマンは医者なんです。

医者でないセールスマンは全く売れませんし、売れないセールスマンは人間心理が理解できていない証拠なんです。

 

 

ちなみにこの辺りは、本当にセールスの基礎なんですよね。

でも、この基礎がズレているからこそ、セールスしても売上が立たないんですよ。

なんか変なテクニックとかは知ってるくせに、セールスマンは医者である、、、というこのスタンスの基礎がなっていないので、売り上げが立たない人はごまんといます。

 

これ、まじで格言ですからね。

セールスは医者である。これは必ずメモして、覚えてください。

 

ここさえ覚えておけば、セールスで伸び悩んだ時、ちゃんと基本に立ち返ることができますし、なんか売れないなーとなったときに、基礎を思い出すことができます。

 

下手なセールステクニックを教えるようなスクールとか、100万円くらいするところとか、私知ってますけど、そんなところ通うよりも、セールスは医者である、、というここを覚えていた方が、何倍も結果が出るのが早くなりますから、こっちの方がよっぽど価値がありますし、時間とお金の節約になります。

 

ちなみに、セールスについてもっとちゃんと勉強すれば、

本当にブログのコラムを1時間程度かけて1つ書くだけで1000万円売り上がる、、、とか

あと私の場合は、MTCを運営するにあたり、スタッフを雇っていますから、スタッフが私の代わりに営業してくれるんですが、そのスタッフも別に正社員とかちゃんとした社員ではなくて、アルバイトの子なんですね。

 

普通の会社員のお小遣いでも雇えるくらい、めちゃくちゃ安く雇ってるんですけど、MTCで扱っているセールスのノウハウを彼らにもお伝えして、営業かけてもらうと、彼らでも普通に100万円の商品とかをバンバン成約とってきてくれるんですよ。だから私はなんにもしてなくても、セールスのノウハウをスタッフに教えて、それだけでも月500万円とか1000万円くらい売り上げがたってしまうんですよね。

 

こういうこともセールスの勉強をするとできるようになりますので、

晴れて、働かなくてもものが売れていく、、、

という状況が生み出せるようになっていきます。

 

ですから、セールスを学ばない人って本当に謎なんですよね。

今日のこのセミナー受けている方はぜひ学んでいってください。

 

ここまでの話を聞いているだけでも、かなり遠回りせずに済んでいるはずですから自信を持ってください。基盤を整えてからちゃんと学べば、必ず上手くいきます。

広告(集客)

問題:集客が安定しない、増えていかない

はい、では最後に集客の話を少ししましょう。

 

集客に関する悩みって多いと思うんですよね、

  • 今の現段階で最も効率的な集客の方法を知らない
  • 集客が安定しない
  • 来て欲しい客がきてくれない
  • 集客できるまでに時間がかかる
  • 集客をコントロールできない

とか、、、集客段階でつまづいている人がめちゃくちゃ多いです。

 

実際、倒産する企業の7割は、集客ができずに倒産します。

 

 

まず結論からいうと、集客をしたいのなら広告を使ってください。

これが一番手っ取り早いです。

 

私はもともとSEOの会社をやっていましたが、正直、ブログやらSNSやらの最新手法を教えたところで、ほとんどの人は「続かない」という理由で終わります。

そもそも論、ブログやらSNSやらは、結果が出るまでが圧倒的に遅いんですよね。

たまに短期間でガッと結果が出る人もいるのはいるんですが、平均していくと、やはり1年以上はかかっているケースがほとんどです。

 

逆に広告であれば、始めた初日から結果が出ますし、売上になります。

 

にも関わらず、頑なに

  • クチコミ
  • 交流会
  • 紹介
  • SNS
  • ブログ

から集客し始めようとする人たちが多いです。

 

そもそもですが、売上を倍にする考え方の基礎としては、

集客を倍にすればいいわけですが、、、

 

じゃあ、1年かけてSNSを育て、それなりに集客ができるようになったとして、売上を倍にしよう、、と考えたとき、どれくらいの時間がかかるのか?というと、やはり倍かかるのですよね。

労力と売上が比例するので、売上をあげようと思うと、倍の労力が必要になるわけです。

ですので、ここから入ると、売上があがるまでが遅いばかりか、早々に売上があがっていかなくなります。

 

売上があがらない人ほど、お金がないといって、最初から無料集客系をやろうとしますが、基本的にみんな無料集客をやりたいと考えているので、まずライバル数が多いですし、そこで勝ち上がっていくのは至難です。そのため、難易度も相まって、途中でやめるケースが9割です。なんの結果も残りませんし、時間を浪費します。

売上が初月からどんどん上がっていく人は、広告から入ります。単純に早いですし、仮に1万円かけて3万円売り上がったとしたら、その3万円をさらに再投資すれば、9万円、、、さらに9万円を投資すれば、27万円、、、、のような形で、倍々ゲーム形式で、キャッシュを増やしていけます。

 

売上があがらない人ほど、お金がない、お金をケチりたいといって、広告費が出せませんなどと言い出します。そういった方ほど、まずキャッシュフローのなんたるかを理解していません。

売上が上がる人は、手元資金がなかったとしても、キャッシュフローの概念を理解しているので、広告費はクレジットカードで払い、売上をさきにもらえば、口座残高が0円だったとしても、なんの問題もないことを理解しています。

 

売上が上がらない人ほど、キャッシュがないときにキャッシュを作ることに頭と体を使わず、「お金がないです」とすぐに諦めますが、

売上が上がる人は、お金が現在なかったとしても、ではいかに無理やり調達するのか?と考えます。政府の金融公庫であったり、国の補助金から資金を調達する方法もありますし、なんなら消費者金融でも構いません。お金を作れる人は、友人や家族を説得して借りるくらいのパッションもあります。

(ちなみに、消費者金融は金利が高いから使わない方がいい、と言っているのは頭の悪いバカだけで、消費者金融の金利は確かに他と比べれば高いですが、たかだか年10~15%程度です。経営者の場合、事業を作って広告費を払い、広告費の3倍(300%の利回り)の売上を狙っていきますので、10~15%程度の金利がついたところでノーダメージです。)

 

 

いいですか、集客で苦しむのは主に3つなんです。

1つ目はまず最初の100人を集めるのに苦労する

もう1つは、集客数を増やすのに苦労する

最後に集客を安定させるのに苦労する

3つあるんですね。

 

でもこれ全部、広告を使えば一発解決するんですよ。

ですから、広告がいかに最強かを覚えて帰ってください。

原因:集客が安定しない、増えていかないのは、集客媒体をたくさん持っていないから

そもそも、集客が安定しないのってなんでだと思います?

ちょっと考えてみてください。

これもスタッフさん、ちょっと受講者さんに聞いてみてください。

答えを言うと、1つの集客にこだわりすぎているからです。

これたぶん、みなさんも自覚はあると思うんですよね。

1つしかやってないから、集客が安定しない。当たり前ですよね。

 

でも、みんな、Facebookが流行ったらFacebookしかやらなくなります。

インスタがいいって聞いたら、インスタしかやらなくなります。

 

ところが、Facebookもインスタも必ず衰退するときが来ます。

だいたい3~4年に1回は、新しく大きくはねるSNSが登場する、、、と言われていて、

例えば、ClubhouseとかTiktokとかですよね。

 

で、新しくそういったSNSが流行ってくると、既存のSNSはだんだん衰退していくんですよ。実際、Facebookは、もうかなり使っている層が少なくなってきていますよね。

 

こういう何かの媒体をコツコツと更新していって、集客をする、、、

というのはいいのはいいんですが、

もしやるんであれば、1つだけをやってはいけないんです。

 

結論からいえば、3つ以上同時にやってください、ということになってきます。

 

椅子の足も1本では立てない、2本でも立てない。3本でようやく椅子はバランスをとれるんです。

それと同じで集客も最低3つはやってください。

 

本当に1つの集客しかやらない人が多すぎるんですが、

結論、だから集客数が伸びないんです。

だから、集客数が安定しないんですね。

 

逆に、facebookをやっている人が、youtubeも、tiktokも、twitterも、、、全部やれば、集客数は何倍にもなります。

 

よくね、個人事業主で「集客が安定しないんです、、」って自分で言ってる人を見るんですけど、その危険性、リスクをもっと真剣に悩んだ方がいいんですよ。

 

みんな悩んでいるところではあると思うんです。

 

ただ、みんな「いや〜〜、集客が安定しないんですよね、ははは、、、」みたいな感じじゃないですか。

 

私だったら、もう1日中頭抱えて、「やばい、どうしよう。集客媒体が1つしかない。これが潰れたらおしまいだ、、、」とこれくらい悩みますよ。

 

 

だってですね、使っている集客方法が、使えなくなるリスクってかなり高いんですよ。

しかも、みなさんは経験あるかわからないですけど、集客方法が使えなくなるのって、みんなじわじわ来るものだと思ってるんですよね。

 

そうじゃないんですよ。ある日突然、急に来るんです。

 

規約が変更されました、とか、アップデートがありましたとか。規制が入りましたとか。

今まで、GoogleもYouTubeもFacebookもLINEも、全ての媒体でこういう規制がいきなりやってきました。それによって、今まで絶好調だった人が、いきなり転落する姿を何回も見てきました。

 

ですからみんな、集客に対して、危機管理が甘すぎます。

 

だって、1個しかない集客媒体が使えなくなるかもしれないって、

勤めている会社が倒産するかもしれない、、、、っていうのと同じくらいやばい状況ですからね。

なんでみんな、そんな悠長に構えていられるのかがわからないです。

 

だからもう一度いいますが、集客は3つ以上必ずやってください。

これはやったほうがいいって話ではないです、やらなければいけないんですね。

 

こういうと、「え〜〜1つさえできてないのに、3つもやるなんてできないですよ」という人がいます。

そうですよね、私もそうです。

 

Facebookも更新して、YouTubeも更新して、インスタも毎日頑張って、、、

というのは不可能です。

しかもこういった媒体って毎日投稿が基本ですから、毎日投稿し続けるのを数年間永遠にずっと続けていくわけです。やってみたらいいと思いますが、かなり無謀です。

 

じゃあどうしたらいいのか?

この解決方法をこの後教えたいと思いますが、、、

 

念のために聞きます。

 

集客媒体を楽して一気に、そして同時に複数個作って、安定させる方法聞きたい人いますか?

これも挙手して教えてください。

解決:たくさん持つ方法を教える

はい、じゃあ続きを話していきます。

 

話していこうと思いますが、これはずっと言っている通り、「広告をやろう」。

実はこれだけなんですね。

 

なんだよ、、、それだけか。と思ったと思いますが、これもね、教えてくれるところないんで、ぜひ聞いてください。今後、みなさんの資産の増え方が違ってきます。

というか、売上で伸び悩んでいる人は、この話を聞くだけでも、30万円払いますって人は実際いると思いますよ。だって、本当にここ理解するだけで、売上伸びますから。

 

 

あのですね、広告がいいのは、500円とか1000円とか、めちゃくちゃ安いお金でもいいので、とりあえずお金を入れた瞬間から集客ができるというところです。

要は、YouTube広告、Facebook広告、インスタ広告、Yahoo広告、Google広告、、、、全部同時に始めるのもめちゃくちゃ簡単にできます。

だって、無料集客のように、コツコツ1年以上投稿し続けないと効果が出ないとかではなくて、お金を入れたその瞬間から集客がスタートしますから、凄まじく簡単です。

 

 

しかも、広告って、多少の違いはあるんですけど、扱い方はほぼ一緒ですから、一個覚えれば、広告の出し方はマスターできますし、

 

例えば、Facebook広告覚えたら、YouTube広告も出せるようになるんですよ。他の媒体でも問題なく広告を始められるんですよね。

facebook広告やってる人は、youtube広告も同時に始めてみてください。

上手くいけば、速攻で売上が二倍になります。

 

いや、まじですよ?

こんなシンプルな話なのに、みんなやらないんですよねー。

なぜか1個にこだわるんです。

 

 

集客って、普通めちゃくちゃ時間と労力をかけないといけないのに、

広告なら、1000円入れれば、とりあえず始められるし、お客さんの反応も見れる。しかも同時に3個とか5個の集客媒体を持つこともできて、1個ダメになっても全然余裕がある、、、、

って最強じゃないですか?

マジな話、なぜ広告をみんな始めないのかが謎なんですよ。

 

 

無料集客は無料集客でいいと思うんです。

ただ、無料集客って自分でやらなくても、まず広告で売上をどかんと一気に初月とかにあげてしまって、その売上を使って、誰かにやらせればよくないですか?私は最近はずっとそうやってやっていますから、いわゆる集客活動っていうのをほとんどしたことがないんですよ。

 

集客なんてしなくても、勝手に集客元が増えていくし、年々安定していくし、年々月間の集客人数もあがっていきます。

 

ですから、まずは広告から始める。これだけ覚えておいてください。

普通に売り上げ、めちゃくちゃ上がります。

 

 

ちなみに広告の世界は奥が深く、

見様見真似で始めても100%に近いレベルで結果が出ません。

 

 

なぜなら、広告はかなり水物でして、

時期によって反応が取れる広告、取れない広告が変わってきます。

 

今反応がとれなくても、5年後だったら反応とれているかもね、、、という広告もありますし、逆にその広告を今出しても完全に手遅れ、、、というケースもあります。

 

ちなみに2021年当時の話をすると

ビジネスジャンルにおいて、反応が取れる広告は、

  • 最小努力で最大の結果
  • 要約、時短
  • 教養
  • 伝え方

これらのエッセンスを押さえた広告になります。

 

なぜこういった広告が当たるのか?

反応とれるんですか?集客できるんですか?

そんなことがわかるんですか?

というと、こちらを教えていると、途方もない時間がかかるので今回は省きますが、

簡単にいえば、広告の当て方、調査方法というのが存在するからです。

 

 

多くの広告を出している人たちは、ほぼ当てずっぽうでやっていますので、売上が出なかったり、

 

一回まぐれで当たったが、その後が散々であったり、あるいは単純に赤字になるケースが多いです。

 

私の場合は、狙って広告を出せますので、大外しするということは滅多になく、無難に利益があがるか、大きく利益があがるか、、、どちらかのケースが多いです。

 

 

また、手法をとっても様々あり、単純に1つの広告をストレートで使っていく方法から、他のメディアと組み合わせる方法まであります。

 

例えば、Facebook広告とチラシを組み合わせる方法であったり、Facebook広告とYouTube広告を組み合わせる方法、、、

あるいは、Yahoo!広告とYouTubeを組み合わせる方法、Facebook広告の中でも、動画再生数UP広告と、コンバージョン広告を組み合わせる方法、などなど、、、、

 

やり方は無数に存在しますし、広告に関しては、最新の情報をキャッチし続けて、今現役で結果が出やすいものに焦点を絞って打っていくしかないですね。

 

なので、皆さんも、集客をしたい、集客を安定させたい、集客活動しなくてもどんどん売上があがる状態を作りたいと思ったら、最新の広告情報をキャッチアップし続けてください。

■そういう能書きはどうでもいいから、楽にさっさとF.I.R.E.したい

ここまで永遠と、コンテンツマーケティングで

F.I.R.E.する方法に関して話してきましたが、

ちなみにこれ、まだ概要だけですからね。

 

具体的にじゃあ、何をどこから始めていけばいいのか?

みたいな話は一切できておりません。

 

さらにいえば、「話が難しかった、、、」と思っている人もいるでしょうし、

 

もっといってしまえば、

「なんでもいいから、金持ちになれる簡単な方法を教えて欲しい」

という感じの方もいらっしゃるでしょう。

 

私はどちらかというと、しっかり計算し、

出口までのストーリーを構築していくタイプですが、

 

そんな事をしないで、さっさと結果が出ればいい!

面倒なことは嫌い!難しい事は嫌い!

バカでも結果が出る方法が知りたい!

というタイプの人が一定数いるのも知っています。

 

私個人としては、しっかりニーズを発見し、それに応えるような事業を作る、、

そんなマーケティング能力をつけた方が、結果的にFIREするまでのスピードが早いと思っていますし、実際うちの受講生たちは、基本しっかりスキルを身につけた上でFIREしていますが、ちゃんとスキルを身につけるといっても、早い人でたった1年しかかかっておりません。

 

ただ、バカでもFIREできる方法、、、ちょっと気になるし、聞いてみたい、、、

というニーズがあるのも確かですので、一応お話したいと思います。

 

実は、この方法使うと、労力等、一切かけない状態で、一気に1ヶ月でfireするまでの基盤を整えられてしまうんですよね。

 

ちなみに、楽してFIRE、、、みたいなルートを選ぶと、

結果が出るのは早いかもしれませんが、その代わりスキルはつきませんし、

マーケティングは理解できるようにはなりませんので、そこは理解しておいてください。

事業としての面白みも全くありませんが、実際、結果だけが欲しいならアリな方法なので、こちら後半戦に紹介したいと思います。

 

、、、とここで、一旦前半は終了という形になります。

■次回セミナーについて、、、今回を逃すと二度と参加不可となる希少セミナーです

今回はかなり内容が濃いですので、

前半と後半の2回に分けてお届け、、、という形になりました。

 

前半では、おおよその概要論についてお話ししました。

後半のセミナーでは、

  • 「じゃあ私の場合、結局どこから始めたらいいの?」
  • 「具体的なプランニングはどうすればいいの?」
  • 「実際、0からFIREを狙っていく場合、何をすればいいの?」
  • 「過去、FIREした人が実際に何をしていったの?」
  • 「楽にFIREって実際どうやって狙っていくの?」

などなど、、より掘った具体的な話をしていきます。

 

正直、ここまでの内容だけでも、

かなり学べることが多かったと思います。

 

こういった内容を日々吸収させていますので、

実際、私のクライアントって、私よりも成果を出すのが早いのですよ。

 

私でいうと、過去の話ではありますが、まず月商1000万円を安定させていくまでに、たしか3年以上かかっています。私もさまざまなプロからアドバイスを受けつつ、時間と労力をかけて、ようやく月1000万に到達した、、、という過去があります。

にもかかわらず私のクライアントは1年程度で月1000万円を余裕で超える人も現れてしまいましたし、月100万円ならかなりゴロゴロいます。

 

これだけ成長スピードが早いのは、

私が実際に今結果が出ている手法をそのまま教えているからです。

 

後半戦も当然、そういった内容をお話していきますし、

価値でいうならば、10万円以上は余裕でするかな、、と思っています。

 

実際にFIREした人の事例って、なかなか他で聞けないですし、

基本、事業を成功させるのに重要なことって、なにかっていうと、

成功した人たちのストーリーを追いかける、、、ってことなんですね。

 

いかに理論だけ身につけても、意味がなく、

実際に、FIREした人たちが、それこそ本当にただのOLだったり、ただの主婦、、、みたいな段階から、いかにFIREしていったのか、、、

どういう手順で進めていったのか、、、

などをしっかり聞いて、自分もそれを追いかけるようにして、真似していく、、、、

 

これが今も昔も、結局のところ、一番結果が出る方法です。

ですので、これはめちゃくちゃ価値がありますし、

後半戦のセミナーも、今回、完全無料となっていますので、

ぜひ受講してください。

 

ちなみに、今回のセミナーに関して言うと、

お一人様一回までとさせていただいていますので、

再受講等は一切できませんのでご了承ください。

 

予約方法はこのあと、ビデオで解説しますので、必ず本日中に2回目のセミナー予約をしてから、お帰りください。

では、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。