起業家として「未熟」なまま
3ヶ月で100万円以上の収益を立てようじゃないか
起業というのは、スキルが完璧でなくても、
せいぜい100万程度の収益なら、割と誰でも作れます。
具体的な作り方をレクチャーするサロンです。

pasonaの法則

反応の取れやすいコピーライティングモデルの1つにPASONAの法則というものがあります。

全くこれ通りに書く必要もありませんが、なぜ反応が取れるのかに注目してみてください。

PASONAの法則とは?【動画講義】

PASONAの法則とは?

PASONAとは、

  • P(Problem)
  • A(Agitation)
  • SO(Solution)
  • N(Narrow Down)
  • A(Action)

の頭文字をとったものです。

神田昌典さんから広まっていったコピーライティングの型ですね。

 

以下、順に解説していきます。

P(Problem)

ここでは、問題提起をしていきます。

「〇〇でお困りのことはありませんか?」のような感じです。

潜在的に感じている不満などを再認識させていきます。

A(Agitation)

次に、問題点を炙り出していきます。

問題を放置していると、どうなってしまうのか。

などなど不安をさらに煽っていきます。

SO(Solution)

そして、そこに救いの手を差し伸べます。

解決策の提示をするわけです。

「〇〇ならそんな悩みも一発で解消できます」などですね。

N(Narrow Down)

絞り込みや緊急性をアピールしていきます。

「先着10名」とか「本日限り」とかのことです。

人は、こういった要素がないと、

選択を後回しにして、保留にしていたことさえ忘れ、結局買ってくれません。

A(Action)

最後に行動をしっかりと促していきます。

「ご購入はこちらから」などの文言を加えて、

しっかり顧客に行動させましょう。

バナーを貼っておくだけだと不十分です。

 

以上がPASONAの法則ですが、

ネガティブなところから開始する公式なため、

また不安を煽ることに重点が置かれているため、

あまりイメージが良くありません。

 

しかし、売り込み色はそれほど強くないですし、

コンプレックスを抱えている顧客にはよく刺さるので、使える型です。

【オンラインサロン】
入会費3000円⇢今なら永年無料

好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?

【学べる内容】

  1. 月商で30万いかない起業家が翌月から月商100万~300万をコンスタントに出す方法
  2. 年商1億円いかない人が確実にやっていないあることとは?
  3. 6割の起業家は3~4年に消える。しかし、10年~20年以上続くビジネスにする方法がある。その方法とは?
  4. 月商100万がまだまだ非現実だと思う人へ勧める「初月で月商30万を出す方法」
  5. 1日50人安定して集客する方法
  6. コピーライティングは習得するのに最低3年かかる。しかし圧倒的な成約率を3ヶ月で出す方法とは?
  7. 世界中を旅しながらビジネスをするイケてる社長になる方法
  8. 半年以内に独立・起業したい人がムダなことをせずに最短でビジネスを軌道に乗せる方法
  9. リピート率を驚異的に高めて、固定客だけで安定した売上を出す方法とは?
  10. 初心者が短期のうちにメディアに取りあげられ、一気に知名度を高める方法