pasonaの法則

反応の取れやすいコピーライティングモデルの1つにPASONAの法則というものがあります。

全くこれ通りに書く必要もありませんが、なぜ反応が取れるのかに注目してみてください。

PASONAの法則とは?【動画講義】

PASONAの法則とは?

PASONAとは、

  • P(Problem)
  • A(Agitation)
  • SO(Solution)
  • N(Narrow Down)
  • A(Action)

の頭文字をとったものです。

神田昌典さんから広まっていったコピーライティングの型ですね。

 

以下、順に解説していきます。

P(Problem)

ここでは、問題提起をしていきます。

「〇〇でお困りのことはありませんか?」のような感じです。

潜在的に感じている不満などを再認識させていきます。

A(Agitation)

次に、問題点を炙り出していきます。

問題を放置していると、どうなってしまうのか。

などなど不安をさらに煽っていきます。

SO(Solution)

そして、そこに救いの手を差し伸べます。

解決策の提示をするわけです。

「〇〇ならそんな悩みも一発で解消できます」などですね。

N(Narrow Down)

絞り込みや緊急性をアピールしていきます。

「先着10名」とか「本日限り」とかのことです。

人は、こういった要素がないと、

選択を後回しにして、保留にしていたことさえ忘れ、結局買ってくれません。

A(Action)

最後に行動をしっかりと促していきます。

「ご購入はこちらから」などの文言を加えて、

しっかり顧客に行動させましょう。

バナーを貼っておくだけだと不十分です。

 

以上がPASONAの法則ですが、

ネガティブなところから開始する公式なため、

また不安を煽ることに重点が置かれているため、

あまりイメージが良くありません。

 

しかし、売り込み色はそれほど強くないですし、

コンプレックスを抱えている顧客にはよく刺さるので、使える型です。

WEBで年商1億を作る方法