起業家として「未熟」なまま
3ヶ月で100万円以上の収益を立てようじゃないか
起業というのは、スキルが完璧でなくても、
せいぜい100万程度の収益なら、割と誰でも作れます。
具体的な作り方をレクチャーするサロンです。

副業という考え方をやめよう

こんにちは。YOUです。

今回は少し厳し目な講義になりますが、ぜひ知っておいて欲しい重要な考え方です。

サラリーマン向けの内容になっています。意識を変えるためにぜひ聞いてください。

 

副業という考え方を止めよう【動画講義】

副業というからビジネスにならない

僕はそもそも副業という言葉自体、それほど好きではありません。

というのは、副業という位置づけから、ビジネスに本気になれない

人が増えているような気がするからです。

 

ビジネスはビジネスですから、本業も副業もないはずです。

むしろ、自分でビジネスを興す方が、あなたの人生を劇的に変える

スパイスになり得る可能性が高いはずです。

 

今のまま本業を続けていても、

特に人生が変わることはなく、永遠に今の生活を続けるだけです。

そういう観点から見ると、副業の方が重要なのです。

 

ですから、副業を副業として扱うのは止めたほうがいいということですね。

もう少し真剣に向き合って取り組んでみるだけの価値はあると思います。

片手間・不労・ほったらかし

よく聞く言葉だと思います。

この言葉に釣られて、ビジネスをやってみようかなと思った人も多いはずです。

しかし、努力するつもりが一切ないのなら、ビジネスは向いてないかもしれません。

 

確かに、インターネットでは自動化ということが容易に可能です。

そのため、「片手間・不労・ほったらかし」も可能になります。

しかし、これを最初から目指してしまうのが間違いなのです。

 

やはりある程度は自ら手を動かして、

ビジネスをしていく必要があります。

手動→半自動→完全自動と進んでいくものです。

 

ですから、最初は結構泥臭くやっていく必要があることを

しっかりと覚悟しておいた方がいいと思います。

 

しかしそれでも、人生トータルで見れば会社で何十年と働くよりも、

圧倒的に自分でビジネスやった方が楽できますけどね。

ただ、自分で初速を付ける必要はあるということです。

 

ですので、繰り返しになりますが、きちんとビジネスと向き合って真剣に取り組みましょう。

 

【オンラインサロン】
入会費3000円⇢今なら永年無料

好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?

【学べる内容】

  1. 月商で30万いかない起業家が翌月から月商100万~300万をコンスタントに出す方法
  2. 年商1億円いかない人が確実にやっていないあることとは?
  3. 6割の起業家は3~4年に消える。しかし、10年~20年以上続くビジネスにする方法がある。その方法とは?
  4. 月商100万がまだまだ非現実だと思う人へ勧める「初月で月商30万を出す方法」
  5. 1日50人安定して集客する方法
  6. コピーライティングは習得するのに最低3年かかる。しかし圧倒的な成約率を3ヶ月で出す方法とは?
  7. 世界中を旅しながらビジネスをするイケてる社長になる方法
  8. 半年以内に独立・起業したい人がムダなことをせずに最短でビジネスを軌道に乗せる方法
  9. リピート率を驚異的に高めて、固定客だけで安定した売上を出す方法とは?
  10. 初心者が短期のうちにメディアに取りあげられ、一気に知名度を高める方法