人生は30000日

どうも。YOUです。今回は人生についてお話しします。30000日しかないという話です。

 

人生は30000日しかない【講義動画】

もっと焦った方がいい

老人が後悔していることランキング

というものを見つけました。

  1. チャレンジしなかったこと
  2. 他人がどう思うか気にしなければ良かった
  3. 幸せをもっと噛み締めて生きるべきだった
  4. もっと他人のために尽くせばよかった
  5. くよくよと悩まなければよかった
  6. 家族ともっと時間を過ごせばよかった
  7. もっと人に優しい言葉をかけていればよかった
  8. あんなに不安を抱えながら生きるべきではなかった
  9. もっと時間があれば・・・
  10. もっと思い切って冒険すればよかった
  11. 自分を大切にすればよかった
  12. 他人の言う事よりも自分の直感を信じればよかった
  13. もっと旅をすればよかった
  14. もっとたくさん恋愛をすればよかった
  15. もっと一瞬一秒を大事に過ごせばよかった
  16. 子どもたちに好きな事をさせてやればよかった
  17. 言い争いなどしなければよかった
  18. もっと自分の情熱に従うべきだった
  19. もっと自分のために頑張ればよかった
  20. もっと自分の本音を言うべきだった
  21. もっと目標を達成すればよかった

 

確かに、全く後悔しない人生なんて

そんなものを送ろうと思ったら大変です。

人生なんて後悔の連続でしょう。

 

しかしながら、人生の先輩がこうして

後悔していることを言ってくれているわけですから、

「後悔して当たり前なんだから、結局いつも通りでいいや。」

っていうのもちょっと違う気がするんですね。

 

自分の人生なんですから、

ベストを尽くす義務が自分に対してあると思うんですよ。

 

僕は誰を裏切ろうが、自分だけは裏切ったらダメだと思ってます。

結局、自分のことを大事にできるのは最終的には自分だけです。

だから、思うままにやってしまえばいいと思うんですね。

 

それもあって僕はとくに20代、30代のうちは挑戦し続けようと決めています。

結婚しようと、子供ができようと、自分の人生を全うしなければと思っています。

じゃないと楽しくないと思いますので。

 

もっと不満を持った方がいい

結局、何も挑戦できなかった人というのは、

突き詰めていくと、そこまで自分の人生に不満を持っていない人のことです。

もしくは不満はあるんだけれども、それを許容してしまっているか、

諦めてしまっている人のことです。

 

今の人生に満足しているのなら、何も言うことはないのですが、

後者の場合、自分に制限をかけて我慢しているわけなので、良くないですよね。

 

僕はとにかく朝が弱いです。寝れることなら半日は寝ていたいくらいです。

しかし、会社に勤めると8時に起きて、出社しなければいけない。

しかも、自分が楽しめもしない仕事をその後8時間以上こなさないといけない。

 

あり得ないなと思ったのです。

 

人間は慣れる生き物なので、慣れてしまうと、

不満を抑え込んでしまう傾向にあります。

 

しかし、自分の一回きりの人生、

我慢する必要はないと思うので、当初抱えていた不満を

すべてわがままに解放してもいいと思います。

 

とにかく人生は30000日しかありません。

20代の人で残り20000日ちょっとです。

30代、40代、50代だともっと少ないです。

 

残り限られた人生を楽しむために

好きなことをして生きるようにしたいですね。

WEBで年商1億を作る方法