ビジネスの本質

 どうも。YOUです。今回は、ビジネスの本質についてお話していきたいと思います。

しっかりと理解した上で、ビジネスするようにしましょうね。

マーケティングでもかなりこの考え方は活きてきますよ。

ビジネスの本質【動画講義】

 ビジネスの本質とは?

ビジネスの本質とは何だと思いますか?

これは色々答えがあると思うのですが、僕はそのうちの1つが、「等価交換」だと思っています。

 

実際には等価交換になっていないケースももちろんあります。

特に、インターネットだと商品・サービスに手を触れられないので、価値を確かめにくく、お金を払ったもののそれほどの価値を感じられなかったというケースも珍しくありません。

しかし、それでもお金を払ってもいいと思うだけの価値を感じたからこそ、お金を払うのであって、何かしらの価値は受け取っているはずです。

全く完全に等価でなかったとしても、価値と価値の交換をしていることに変わりはありません。これがビジネスの本質を突いた1つの要素であると思っています。

ビジネスをしたいなら先にメリットを示すべし

もっというと、ビジネスとは先に自分から価値を提供すべきものです。

でないとビジネスになりません。

 

スタートトゥデイの前澤さんが、Twitterで提携ビジネスの募集をしていたことがあります。

「何か面白いこと提案してくれたら、うちと提携しましょう」って。

 

それで、各社がプレゼンしまくっていたのですが、なかなか前澤さんのOKを貰うことが出来ません。恐らく、「それ面白いね!」と言ってもらった会社はほとんどゼロに近かったのではないでしょうか。

 

みんなメリット提示が下手っぴなのです。Twitterなので、文字数制限も結構あり、端的にメリットをガガガっとまとめあげるスキルが必要なわけですが、メリットばかり書いても自分の会社サービスの内容が伝わらず、なかなか難しそうでした。

 

しかしとにかく、メリットは先に提示すべき。という原理原則は必ず覚えておくべきです。例えば僕があなたにプレゼンするなら、「30日まるごと僕にくれれば、あなたを1ヶ月で100万円稼げるようにしてみますが、やってみますか?」というオファーになるでしょう。

 

では自分がオファーするならどうなるでしょう?考えてみてください。ビジネスとは価値と価値の交換。スキルがゼロ、知識がゼロで全然与えられるものがないかもしれませんが、何かしらの価値を提供できるはずです。家の掃除手伝います!とか、わかりやすいのはお金支払います!とか。

相応の価値を提供できれば本当になんでもいいんですが、資本主義では価値の提供手段としてお金は非常に便利なツールですね。困ったらお金支払えばいいわけです。それで価値提供できるわけですから。

 

たまに僕のもとに無料でビジネスを教えてもらおうと必死でアピールしてこられる方がいるのですが、教えると僕の時間が削られます。その削られた時間分の価値をなんらかの形でやはり僕にオファーしてみてほしいのです。そこにビジネスセンスが全部詰まっているわけです。

もし初心者で何も提供できないなら、それこそお金でも構いません。しかし、他に自分に何か与えられるものがないか探ってみるといいですよ。とにかく価値提供をする。しかも先にする。ということを覚えておいてくださいね。

 

WEBで年商1億を作る方法