キーワードプランナー

キーワードプランナーは、検索需要を調べるために、かなり重宝するツールになります。

サイトジャンルの選定やキーワード選定にも使っていきますので、ぜひ導入していきましょう。

簡単!キーワードプランナーの始め方

photo-1458040937381-49c067dfd49a

まずはじめに、Googleアカウントを作成しなければなりません。

こちら(▶︎Google アカウントのお申し込みはこちらから

からGoogle アカウントを作成してください。

終わりましたら、

こちら(▶︎Google Adwards はこちらから)にアクセスします。

そして、作成したGoogleアカウントでログインしてください。

そうしますと、このような画面が出てくるかと思います。⬇︎

1

「Google Adwardsへようこそ」

の説明は飛ばしてしまって構わないので、「設定ガイドをスキップ」をクリックしましょう。

すると、Google Adwordsのアカウント作成画面へ移ります。

2

各項目が正しいことを確認し、「保存して次へ」を押します。

 

そうしましたら、もうキーワードプランナーを使い始めることが可能です。

3

右上のタブ、「運用ツール」の中にある「キーワードプランナー」をクリックしましょう。

 

そうしますと、このような画面⬇︎が出てくると思います。

4

「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」

をクリックし、

「宣伝する商品やサービス」

にあなたが検索したいキーワードを入力します。

そして、青いボタン「候補を取得」をクリックしましょう。

 

すると、こんなグラフが表示されるはずです⬇︎

5

平均月間検索ボリューム:月に大体どれくらいそのキーワードが検索されたのか

キーワード:調べたキーワードと関連性の高いキーワード

競合性:どれくらいライバルがいるのか、参入しやすいマーケットか

推奨入札単価:もしあなたが広告を出稿したときに、グーグルに支払うべき1クリックあたりの料金

※Google Adwords を使って、あなたが広告を出したとします。

そして、広告を見た誰かがそれをクリックしますよね。

そのときに、1クリックあたりいくらかをGoogle に支払わないといけないんです。

そのときに、掛かるおおよそのお金を「推奨入札単価」と言います。

なので、最終的にあなたが支払うお金は、「クリック数」×「1クリックあたりの料金」ということになりますね。

これが高ければ、高いほどマネタイズしやすいということを意味します。

 

以上がキーワードプランナーの始め方。使い方です。

WEBで年商1億を作る方法