未分類

ネットの批判が怖い人におすすめの本を紹介する!

どうも、YOUです。

今回は「批判が怖い人におすすめの本」というテーマで話していきます。

で、僕って、こうやってブログやYouTubeで情報発信して、ビジネスの一環にしてるわけなんですけど、まぁ、批判がとにかく多いんですよね。Facebookは結構、本名登録なので、批判する人も少ないんですけど、YouTubeは子供が多いっていうのと、匿名性なので、隠れて人の悪口が言えるっていう媒体なので、ひたすら批判が多いです。

特に、今僕は広告で集めてて、ちゃんと僕のことを知って登録してくれた人とかは批判してこないんですけど、なんかあんま知らずに適当に入ってきたユーザーからはマジで批判されまくるんですよね。

一例を出すとこんな感じです。

  

まぁ、批判が多いっていっても、やっぱ5人くらいの特定の人からの批判が多いって感じですね。で、まぁ、こういう批判があるのは仕方ないかなーと思ってるし、僕個人は慣れてるんで、正直なんとも思わないし、低評価押されても、YouTubeの再生回数に影響してこないんでむしろ再生回数増やしてくれてありがとうって感じで思ってます。

ただ、こういう心無い批判をされたときにメンタルやられちゃう人とかもいますよね。

なので、今回はそういう批判を受けた時に、いかにメンタルを保つか?って話をしていきます。今回の動画を見ていただくことで、いろんな批判を受けても、割とへっちゃらになると思いますので、ぜひ最後まで見ていただけると嬉しいです。

ネットの批判が怖い人におすすめの本を紹介する!

ちなみに、僕はこのテーマに関して、先日こんなツイートをしました。

で、この内容って僕が考えたものじゃなくて、本から取ってきたものなんですね。

で、その本というのが、こちらです。

「他人を攻撃せずにはいられない人」という本ですね。

で、今回はこの本の中で、これは使えそうだなーと思ったやり方とかをピックアップしながら紹介していきたいと思います。

ネット批判が怖い人がまず理解すべきこと

で、まずネット批判をしている人たちの心理を知るべきです。戦うためにはまず敵を知らないといけないですからね。どういう心理で批判してくるのかを解説します。

正直、叩くところないよなーっていう動画であったり、ニュースであっても、絶対叩く人は100%います。で、なんで叩いてくるのか?批判してくるのか?を知る必要があります。

例えばこないだ見たのは、ソフトバンクの孫さんが月3億枚のマスクを配布するというニュースで、すげーなーと思ったし、尊敬につぐ尊敬って感じだったんですが、

中には批判する人も結構たくさんいたんですよね。

例えば、こんな感じです。

で、個人の考えをコメントするのは自由なので、別にいいと思うんですが、なぜ他人のことを単純に尊敬、評価できないんだろう?って思いませんか?

まぁ、仮にこの人たちが言ってることが正しいとして、単純にマスク配布したっていう事実単体を見た時に、その行動が素晴らしいじゃないですか。なにも行動してないし、影響力を何ももってない弱い人たちがわーわーと喚き立てて、行動している人たちの批判だけしているのを見ると悲しくなりますよね。

でも、批判するわけです。

これ、なんでだと思います??

 

まぁ、結論から言ってしまうと、理由ってあんまりないんですよね。

とりあえず批判してる。以上って感じです。

深い理由や動機はないわけです。

 

結構、こういうのって、日本人本当に性格悪いところがあって、YouTubeでも、日本人って、結構動画を見ずに低評価する人たちが多いんですよ。でも海外は、動画はしっかり見た上で、判断する人たちが多いわけです。

要は、日本ってとりあえず人を叩いておこうっていう人たちがうようよとわきやすい文化なんですよね。

で、ただ、これで終わってしまって諦めてしまうと、対策しようがなくなってしまうので、本からいくつかピックアップしてきました。

批判をする人たちがどういう心理で批判してくるのか?

まぁ、いくつかあったんですが、僕がなるほどーと思ったのは、

  1. 他人を無価値化して自分の価値を保つ
  2. 自分とは異なる価値観を受け入れられない
  3. 自己愛の塊(自分こそが正義)
  4. 支配こそが究極の目標
  5. スッとするために正義を振りかざす

というこの5つです。

で、これ見るとわかると思うんですが、まぁ、自分に自信がなかったりとか、弱い立場の人たちが取る行動の典型例ですよね。

実際、こうやって批判している人たちって、プロフィールとか見てみると、経済的にあまり恵まれてなかったりとかすることが多いんですよね。

で、ちゃんと成功してたりとか、リテラシーがある程度ある人たち、自分自身行動している人って人を褒めることはあっても、人を叩きまくるってことはしません。

たとえば、さっきの孫さんのニュースでも、こうやってコメントしてる人がいました。

で、ちゃんとこういうことが言える人って、やっぱプロフィール見ても、勉強熱心で、しかも行動力もありそうな経営者さんだったりするんですよね。

なので、批判する人は社会的にも基本弱い人たちなケースが多いわけです。

 

なんか例えばファッションとかでも、全身ブランド物で固めてる人は、心理的に自分の自信のなさを隠すためだったりとかするらしいですね。それと同じ原理な気がしますけど、相手を批判することで、自分が正しいんだ!っていう風に思いたいわけです。

合理的に考えても、褒めるっていうのは相手に好意を寄せる行為なので、リターンが返ってくる可能性が高いじゃないですか。仲良くなって人脈作れて、そっからビジネスができあがってくってこともあるかもしれないし、困った時に助けてくれるかもしれないですよね。でも、批判ってマジでなんのメリットもないじゃないですか。社会的に弱い人たちがとりあえず暇つぶしでやってることですよね。

まぁ、まず理解してほしいのは、批判する人たちはそういうレベルであり、程度の低い人たちが多いってことです。

 

 

僕が一番共感したのが、5番目の「スッとするために正義を振りかざす」っていうやつだったんですが、

例えば、芸能人の家族が生活保護を受けているっていうネットニュースがあったときに、叩きたい人っていうのは、もう本当に叩きまくるわけですね。「税金泥棒!死ね!生きてる価値ない!」とか言いまくるわけですよ。

で、確かに生活保護は必要な人が正しく受けるべきなんですけど、これ批判する人って、社会問題を解決したいって言うよりは、自分の攻撃欲を満たすために発言してるってケースがほとんどなんですよね。

だって、正しくスマートに批判できる人であれば、問題が解決できるように論理的にアドバイスしてくれるはずじゃないですか。でも、だいたいのケース、彼らはかなり鋭い言葉を使ってきますよね。

で、「悪を叩いてスッキリした」って思ってるわけですよ。

で、悪を叩いてスッキリしたいのは、イコール、「叩くことで自分に悪はない」と思いたいからなんですよね。

でもよく考えると、人生の中でルールや常識を一度も破ったことがない人間ってたぶんいないと思うんですよ。完璧な人間っていないじゃないですか。

車の制限速度を1キロもオーバーしたことがないとかって人いないですよね。でも、叩く人は、自分のことを棚上げして、とりあえず叩きまくることで、自分は正しい人間なんだと思いたいわけです。

これが批判する人たちの心理です。

で、これを知った上で、じゃあどうやって対処していけばいいのか?って話に移っていきたいと思います。

ネット批判が怖い人は、こうやって対処しよう

で、対処法なんですが、結論からいうと、こういう批判する人たちを変えようと思っても無駄です。相手を叩くことで、相手がどういう気持ちになるか?が理解できないので、基本的にコミュニケーション能力が低い人たちが多いです。

なので、話し合って解決っていうのは、機能しないケースが多いですし、説得とか自分のことをわかってもらうとかは完全に諦めた方がいいです。

で、解決方法は大きわけると、3つです。

  1. スルー
  2. やり返す
  3. 批判されない環境を作る

批判はスルーするが勝ち

基本的に一番いいのは、とりあえずスルーする。無視する。という対処です。これが一番無難ですね。YouTubeでもどんなにいい動画をあげても、批判は必ず一定数きます。僕も尊敬してるYouTuberいますし、この動画めっちゃいいじゃんって思っても、低評価0ってことはほぼないですよね。なので、批判してくる人たちはどこでも湧くのでもう関わらないのが一番です。

あるいは全ての批判に対して、「批判してくださってありがとうございます」って感じで返すのがおすすめですね。

彼らは極力、気持ちよく叩きたいわけで、こてんぱんにしたいんですよ。

なので、言い返したりすると、また叩きたい欲が湧いて逆効果だったりします。

逆に開き直ってありがとうございますとか言われると、叩きにくくなるので、おすすめってことですね。

ときにやり返すことが重要

メンタリストDaigoさんが言ってましたが、もともといじめっ子だった時に、反撃したらいじめっこたちがいじめてこなくなったっていうエピソードがあるんですよね。なので、ときにやり返すことも重要です。

叩きたい人たちは自分の優位を示すために叩くことがほとんどなので、おとなしい人たちを狙ってきます。叩き放題な人たちを探してるわけです。

なので、やられっぱなしにしとくと、調子に乗ったりしてくるので、悪質な誹謗中傷に関しては法的措置を取るのもありだったりします。訴訟を起こしていくわけです。

ちなみに僕も知り合いの弁護士に頼んで、数回ほどやったことがありますが、こういうのを定期的にやっておくと、訴訟されるかもしれないっていうリスクを乗り越えてまで相手を批判するって人はなかなかいないので黙ってくれたりします。

まぁ、別に訴訟を起こさなくても、攻撃されっぱなしじゃないんだぞ!という姿勢を見せるのは大事だったりします。

批判されない環境を作る

僕も、今広告を使ってYouTubeを伸ばしてる最中で、広告をかけると基本的に変な人が入ってきやすいんですよね。例えば、リテラシーを高めたいと思って、検索して僕の動画にたどり着いてきてくれた人って、学びたい欲が高いし、もともと考え方がしっかりしてる人が多いので、あんま変な批判とかしてこないんですよ。

でも、広告だと不特定多数に配信されるので、やっぱり変な人たちの割合が増えるし、今まで高評価100%だったんですが、広告経由で入ってきた人たちにめちゃくちゃ低評価つけられたんですよね。で、まぁ再生回数が伸びてるのでいいんですが、なんか気持ち悪いコメントがつくのは面倒なので、コメントを承認制にしてます。

不適切なコメントをする人が多いので、僕の許可がないとコメントを載せられないような設定にしてます。ネットの批判がめんどくさかったり、怖いって人は僕のように、そもそも批判ができにくい環境を作るのがおすすめです。

で、それでも批判してくる人がいたら、法的措置でやり返してやればOKです笑

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。

まとめると、まず批判する人たちの代表的心理として、

  1. 他人を無価値化して自分の価値を保つ
  2. 自分とは異なる価値観を受け入れられない
  3. 自己愛の塊(自分こそが正義)
  4. 支配こそが究極の目標
  5. スッとするために正義を振りかざす

こういうのがあって、基本的には自分の保身のために批判することがほとんどですよーって話でした。

で、その上での対処法として、

  1. スルー
  2. やり返す
  3. 批判されない環境を作る

という3つを紹介しました。

ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

ABOUT ME
アバター
経営戦略家YOU
1993年生まれ/牡牛座/愛知県出身/大阪大学出身 ビジネスの基礎(月商300万まで)を作る専門家。 大阪大学を卒業し、大手WEB広告会社に入社するも、2日で辞め、起業してしまう。その後、ビジネスを短期間のうちに軌道に乗せ、増収増益を繰り返す。 現在では、年商20億円企業の経営サポートから、美容院コンサル、歯科医院や飲食店コンサル、個人の起業・独立サポートまで幅広い経営戦略の立案を手がける。 その他にも、経営者・マーケター・プロデューサー・コンサルタントなどなど、様々な一面を持っており一言では説明できない存在である。 特に個人起業家のサポートには定評があり、ビジネスの基礎を作らせたら右に出るものはいない、と言われるほどビジネスの基礎作り・会社員の独立サポートは人気がある。 詳しいプロフィールと実績はこちら →https://you-ito.com/profile
【オンラインサロン】
入会費3000円⇢今なら永年無料

好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?

【学べる内容】

  1. 月商で30万いかない起業家が翌月から月商100万~300万をコンスタントに出す方法
  2. 年商1億円いかない人が確実にやっていないあることとは?
  3. 6割の起業家は3~4年に消える。しかし、10年~20年以上続くビジネスにする方法がある。その方法とは?
  4. 月商100万がまだまだ非現実だと思う人へ勧める「初月で月商30万を出す方法」
  5. 1日50人安定して集客する方法
  6. コピーライティングは習得するのに最低3年かかる。しかし圧倒的な成約率を3ヶ月で出す方法とは?
  7. 世界中を旅しながらビジネスをするイケてる社長になる方法
  8. 半年以内に独立・起業したい人がムダなことをせずに最短でビジネスを軌道に乗せる方法
  9. リピート率を驚異的に高めて、固定客だけで安定した売上を出す方法とは?
  10. 初心者が短期のうちにメディアに取りあげられ、一気に知名度を高める方法

 

LINEに登録して豪華プレゼントをもらう!