未分類

金持ち父さん貧乏父さんを批判してみる!鵜呑みにすると失敗するし危ないよ!

今日のテーマは「金持ち父さんを読むと貧乏父さんになる理由」についてです。

僕が起業する前、一番最初に金持ち父さんを読みましたし、うちの祖父は、金持ち父さんに則って、不動産と株で数億円の資産を築き上げました。

また実際、僕は金持ち父さんを1つのきっかけにビジネスの世界に入りましたし、何十周も読み込んできましたが、金持ち父さんの言うことを聞かなくて本当によかったと思っています。

なぜなら、金持ち父さんで語られている「お金持ちになる方法」には、最も重要なお金持ちになるためのエッセンスが抜け落ちているからです。

金持ち父さん貧乏父さんを批判してみる!鵜呑みにすると失敗するし危ないよ!

今回話す、金持ち父さんで抜け落ちているところ、そして金持ち父さんの裏側、、、

ここを理解すれば、

  • 今まで本を読んだけど結果が出ない。
  • 勉強はしているのに結果に残せない。。。

という状況を必ず打破できるようになります。

 

ちなみに僕は金持ち父さんとほとんど真逆の方法でお金を増やしてきました。そして、会食で会う様々なお金持ちや大企業の社長さんたちも、多くの場合、金持ち父さんに則った方法ではなく、僕と同じ手法でお金を増やしてきています。

24歳で、貯金30万円の状態から、1年程度で1000万までに増やしましたがこれは金持ち父さんのいうことを聞いていたら絶対にできなかったことです。

 

なので、今回は金持ち父さんに抜けている、とあるエッセンスと、じゃあ本当の金持ち父さんになるためには実際どうすればいいのか?についてお話していきます。

で、まず初めに、簡単にだけ、

金持ち父さんの内容をざっくりとまとめます。

金持ち父さんで、語られている内容は一貫して、

「労働者になるな。お金を増やしたければお金に働かせろ。」

この一言に尽きます。

 

働き方は大きく分類すると、

「employee、self-employed、business owner 、investor」

という4つです。

 

そして、縦で真っ二つに分けまして、

お金が増えるのは、business ownerとinvestorだけだと言っています。

いつまでたっても、労働収益ばかりに頼っていては、

永遠にお金は増えないよ。とこう言っているわけです。

 

これが、金持ち父さんで学べる内容なのですが、実際、この主張は正しいですし、ぼくも間違っているとは思いません。

 

しかし、この事実さえ知っていれば、

他に金持ち父さんから学べるところというのはほとんどありません。

いえ、むしろ金持ち父さんだけではなく、ほとんどのビジネス書や自己啓発本で同じことが言えるんですが、こういった類の本を読み終わった時に、「なんだかいいことを知って、自分がレベルアップした感覚になっている」人ほど、注意が必要です。

この感覚から抜け出せない限り、永遠にお金を生み出すことのない勉強を続けてしまう羽目になります。

金持ち父さん貧乏父さんのここがやばい!

しかしとあるお金持ちになるエッセンスを抑えさえすれば、無駄なことを一切しなくなりますし、効率的にお金をもてるようになっていきます。

そして、そのエッセンスを押さえる上で重要になってくるのが、

「お金持ちになる順番」です。

 

自己啓発本や、ビジネス書では、

当然もうある程度のステータスを築いた人間が上から、物を言ってきます。

 

俺はこんなことをして、上手くいったんだ。
だからお前もこれを真似すべきだ!

とこんなことが語られているわけですが、

驚くほどに初心者だった時期、

何からビジネスを始めていったのか?を

詳しく書いている本はほとんどありません。

 

金持ち父さんも、結果的に不動産や株式投資などで資産を増やしていることは事実でしょうし、それを否定するつもりはないですが、

株式投資や不動産をやろう!であったり、ビジネスオーナーになろう!であったり、こういう次元を最初から目指すと必ず挫折します。

 

なぜなら、まず最初に

圧倒的な資金不足の問題が発生するからです。

 

うちの祖父も、不動産営業の事業でお金を作ってから、

株式投資を始めたり、不動産投資を始めたりしましたし、

周りの経営者たちもそのほとんどが、

事業で作ったキャッシュを他の投資に回す形で資産を形成していっています。

 

しかし、金持ち父さんでは、あまりにも、

business ownerとinvestorにフォーカスして書かれすぎています。

 

著者のロバートキヨサキの世の中の一番の貢献は、

「不労所得」という概念を世の中に広めたこと。

そして、彼の一番大きな罪もまた、

「不労所得」と言う言葉を広めたことなのです。

 

お金持ちになるのに、確かに、不労所得や資産は重要です。

しかし実際問題、お金持ちになってきた人で、最初から不労所得を目指してお金持ちになれた人はほとんどいません。当たり前ですが、一番最初は死ぬ物狂いで学んだり働かないと、収益はあがらないんです。

金持ち父さん貧乏父さんで洗脳されているあなたに気が付いて欲しいこと

お金を増やす方法は大きくわけて、3つあります。

・労力を使ってお金を増やす方法
・時間を使ってお金を増やす方法
・お金を使ってお金を増やす方法

そして、不動産投資や株式投資はまさに3番目の「お金を使ってお金を増やす方法」なわけですが、まだ所持金がほとんどない状態で、お金を使ってお金を増やすというのは限界があります。

投資を真剣に始めたいのであれば、資本金は最低でも300万は欲しいですし、欲をいえば、数千万単位で用意できないと非常に効率が悪いです。

 

お金を使ってお金を増やす方法はたしかに効率的なんですが、

再現できないところが非常に多いのです。

 

ではどうしたらいいと思いますか?
あなたもぜひ考えてみてください。

そうです。

つまり、金持ち父さんは、business ownerとinvestorにばかりフォーカスが当てられた本ですが、その前段階である、従業員と自営業者というのも非常に重要なのです。

 

それぞれの段階で重要なことをお話ししますが、

まず従業員の段階で重要なことは、しっかりと節約と貯蓄をすること。

そして、起業する上で絶対に必要になってくる、広告宣伝費や教育費などを確保しておくことです。まずは100万円あれば、現代ではいくらでもビジネスを軌道に乗せることが可能だと思っておいてください。

 

そして、自営業者の段階で重要なことは、節約と投資、そして先を見据えた行動です。まず余分なお金は徹底的に排除してください。食費や家賃、車や保険など、お金が大きくかかるところは最低限に抑えてください。

そしてその上で、投資すべきところにはしっかりと投資してください。
投資すべきところというのは、先ほども言った広告宣伝費と教育費です。

 

まず教育費で起業に必要な知識を学んでいきます。
セールスや集客、商品づくりなどについて知識がなければ、教えてもらうのにお金が必要になります。

 

そして次に、広告宣伝費です。

あなたの商品やサービスを世の中に広め、集客していくのにかかるお金です。
この広告宣伝費はかければかけるだけ、商品が売れ、利益があがります。
そのため、絶対にケチってはいけないところです。ケチれば、ビジネスの売り上げが下がることになります。

 

そして、ここで僕が最も話したいのは、先を見据えた行動です。
金持ち父さんで言われているように、最初から不労所得を目指すのは無謀です。

しかし、確かに資産を作って行ったり、将来的に不労所得を作っていく努力は必要です。

では、どうすればいいか?と言いますと、将来の資産を構築するために、今必死で働かなくてはならないんです。

 

ここが金持ち父さんで全く語られておらず

「不労所得」にばかりフォーカスが当てられるからこそ、

金持ち父さんを読んでもお金持ちになれないんです。

 

それどころか、貧乏父さんになってしまう人が続出するのです。

 

お金を生み出せない人ほど、基本的に働くのが嫌いで、

仕事というものに対してマイナスイメージを持ち、
働かずに済む「不労所得」と言う言葉を好んで、金持ち父さんを盲信し、
お金を稼ぐには働いていちゃだめなんだ!働かなくてもいいんだ!と誤認します。

 

しかし実際問題、お金を稼ぐ人は、仕事が大好きですし、自分の仕事に対して愛着を持っていますし、愛着を持っているからこそ我が子のように育てたいと考えています。

だから、ビジネスを育てるために投資を惜しみませんし、

投資をするからビジネスが伸びていくんです。

 

その証拠に、お金持ちほど実は「不労所得」と言う言葉をあまり使わず、「ストックビジネス」であったり、「手離れのいいビジネス」といったりします。

それは最初からお金が不労で

入ってくることなどほとんどないことをしっかり理解しているからです。

 

わかりますか??

お金持ちになるためには、仕事を好きになって、育てていこうという気構えが必要であり、
今資産家の人たちも、もとはしっかりと働いています。

しかし、金持ち父さんで、「お金持ちになるには不労所得が大切だ!」と語られたことによって、働かなくてもいいんだ!という勘違いが生まれ、不動産を買って破産する人が増えたり、株をやって、破産する人が増えたりしたのです。

 

株式投資や不動産投資をしたいのであれば、

自営業者の段階で短期間に爆発的な利益をあげてからで十分です。

 

それがまだ叶わないうちは、自分の人的資本、つまり体をしっかり使って、しっかり働き、しっかりとお金を自分の手で生み出すということを覚えないといけません。

ここが、金持ち父さんでは明らかに語られておらず、資産家のメリットばかり語られているからこそ、「金持ち父さんを読むと貧乏父さんになる」とお話ししているわけです。

そして、金持ち父さんを読むと、

実際にはお金持ちになれないと話したところで、疑問が湧くと思います。

金持ち父さん貧乏父さんはアムウェイ!?本当の金持ち父さんになるためにはどうしたらいいのか?

じゃあ、具体的にどうやってお金持ちになるのが正解なんだ?と。

それをこれから後半パートとして話していきます。

 

「金持ち父さんを読んでも、お金持ちになれないのー!?どうすればいいんだぁーー!!」

と思っているあなたにお伝えしたいのが、

「仕掛けられる側ではなく仕掛ける側になれ」ということです。

 

芸能人やインフルエンサーも
「金持ち父さん貧乏父さんと言う本がすごい!」と盛り上がっていますが、
この話に乗せられて、「金持ち父さんを読めば、お金持ちになれるかもしれない!」
と思ってしまうのであれば、まだ仕掛けられる側の人間だということです。

そうではなく、ぜひ仕掛ける側になってみてください。
ここで1つ、世間ではあまり知られていない情報をお話しします。

 

そもそも、金持ち父さんというこの本は、
今では世界中で売れ続けているミリオンセラー作品ですが、
もとはといえば、全く売れていない本で大量に売れ残っていました。

金持ち父さんはアムウェイの力を借りていた!

そこで、ロバートキヨサキが考えたのが、アムウェイの力を借りることです。

ネットワークビジネスで有名なアムウェイですが、もともとコネクションのあったロバキヨは、アムウェイネットワークを使って金持ち父さんという本を爆発的に売って行ったんです。

 

だからこそ、ロバートキヨサキは、ネットワークビジネスを勧めていたりするわけですね。

アムウェイの力で本を売ってもらったので、
ネットワークビジネスを勧める立場になるしかないのです。

いいでしょうか、本を売る著者、

要は仕掛ける側には、こういった事情であったり、

立場であったり、都合、狙いがあったりします。

 

そして、狙いがあるのは当たり前で、むしろ狙わずにビジネスするなんてバカでしかないので、ビジネスには必ず何か狙いがあると思った方がいいです。

なので、ロバートキヨサキを否定するつもりもないですし、僕が語るまでもなく、ぶっ飛んだ成功者であることは否定しようもありません。

金持ち父さんになりたいのであれば、仕掛ける側に回れ!

ただ、理解しておいてほしいのは、

仕掛けられる側になるのではなく、仕掛ける側の人間になってほしい。

というこの1点につきます。

 

仕掛けられる側の人は、
「ロバキヨがネットワークビジネスを推しているから、やってみよう!」という思考になりますが、これでは永遠にお金を生み出せる「仕掛ける側の人間」になることはできません。

 

なので、もし、あなたが本を読むときは、

何を狙って、この本が作られたんだろう?と考えてみてください。

どのように読者を扇動していきたいんだろう?

どこに誘導したいんだろう?と考えてみてください。

 

これは、別に本だけではなくて、
全てのサービスに共通して言えることです。

例えば、普段あなたが通っているカフェがあったとして、そのカフェのメニューを見た時に、あなたはどこを見ているでしょうか?

 

もし何も考えず、どのドリンクにしようかな〜と考えているのであれば、

今日から意識を変えてみて欲しいのです。

 

例えばカフェのメニューで、価格帯にばらつきが多く、高い商品から安い商品まで、幅広く扱っているカフェなのであれば、そのカフェはあまり売りあがっていないはずです。

 

なぜなら、価格にばらつきがあるカフェは、

どういったお客様にきて欲しいのか?が明確に定まっていないからです。

 

例えば、ファミリー層にきて欲しいのであれば、基本的に価格は安めの方が喜ばれるはずです。コーヒー一杯1200円取るようなカフェではなく、400円や500円程度に設定した方がいいですよね?

そして、自分が来て欲しいお客様像がはっきりと理解できているのであれば、ちゃんとそのおきゃくさまたちが使いやすい価格に設定できますし、店の雰囲気もお客様像に合わせた設計にできるはずです。

 

たとえば、一杯1200円も取るカフェであれば、ビジネスの商談に使う人が増えるでしょうから、極力店内は静かにしたり、個室を増やしたりした方が使い勝手がいいでしょうし、あるいはコーヒー一杯400円のカフェであれば、学生や家族連れが多くなるでしょうから、子供の遊ぶスペースを作ったり、テーブル席を多くした方が使い勝手がいいでしょう。

 

このように顧客ターゲットがしっかりと理解できているカフェなのか?全く理解できていないカフェなのか?はメニューを見れば一目でわかります。

 

今は一例としてカフェを例にあげましたが、

あなたも僕も毎日、様々なサービスを浴びながら生きているはずです。

 

そこで、仕掛けられる側の人間になるのか?
あるいは仕掛ける側の人間になるのか?

ここが明確にお金持ちなのか、
そうではないのか?をわけるところとなっています。

もしあなたが仕掛ける側になりたいのであれば、
様々なサービスに対して、常に「疑問」をもってください。

先ほどもお話しした通り、ビジネス上のサービスは、
なんらかの狙いがあって、今の形になっています。

例えば、電車にのったとき、なぜ電車内には脱毛の広告が多いんだろう?
電車に広告を載せるのってどれくらいお金がかかるんだろう?
電車に広告を載せても、儲かってるから広告をかけられるんだよね。
じゃあどれくらい儲かっているんだろう?

だとか、

世の中の事象に関して、

常に疑問をもちながら生活してほしいのです。

 

そうすれば、あなたも仕掛けられる側の人間ではなく、仕掛ける側の思考になることができ、本当の意味で金持ち父さんに近づくことが可能です。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

今回は、金持ち父さんを読むと貧乏父さんになる理由として、
従業員、自営業者の重要性についてお話ししてきました。

また、本当に金持ち父さんになるためには、まず仕掛ける側の思考を手に入れることが重要であるとお話ししてきました。

ぜひ、参考になれば幸いです。

ABOUT ME
アバター
経営戦略家YOU
1993年生まれ/牡牛座/愛知県出身/大阪大学出身 ビジネスの基礎(月商300万まで)を作る専門家。 大阪大学を卒業し、大手WEB広告会社に入社するも、2日で辞め、起業してしまう。その後、ビジネスを短期間のうちに軌道に乗せ、増収増益を繰り返す。 現在では、年商20億円企業の経営サポートから、美容院コンサル、歯科医院や飲食店コンサル、個人の起業・独立サポートまで幅広い経営戦略の立案を手がける。 その他にも、経営者・マーケター・プロデューサー・コンサルタントなどなど、様々な一面を持っており一言では説明できない存在である。 特に個人起業家のサポートには定評があり、ビジネスの基礎を作らせたら右に出るものはいない、と言われるほどビジネスの基礎作り・会社員の独立サポートは人気がある。 詳しいプロフィールと実績はこちら →https://you-ito.com/profile
【オンラインサロン】
入会費3000円⇢今なら永年無料

好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?

【学べる内容】

  1. 月商で30万いかない起業家が翌月から月商100万~300万をコンスタントに出す方法
  2. 年商1億円いかない人が確実にやっていないあることとは?
  3. 6割の起業家は3~4年に消える。しかし、10年~20年以上続くビジネスにする方法がある。その方法とは?
  4. 月商100万がまだまだ非現実だと思う人へ勧める「初月で月商30万を出す方法」
  5. 1日50人安定して集客する方法
  6. コピーライティングは習得するのに最低3年かかる。しかし圧倒的な成約率を3ヶ月で出す方法とは?
  7. 世界中を旅しながらビジネスをするイケてる社長になる方法
  8. 半年以内に独立・起業したい人がムダなことをせずに最短でビジネスを軌道に乗せる方法
  9. リピート率を驚異的に高めて、固定客だけで安定した売上を出す方法とは?
  10. 初心者が短期のうちにメディアに取りあげられ、一気に知名度を高める方法

 

LINEに登録して豪華プレゼントをもらう!