起業家として「未熟」なまま
3ヶ月で100万円以上の収益を立てようじゃないか
起業というのは、スキルが完璧でなくても、
せいぜい100万程度の収益なら、割と誰でも作れます。
具体的な作り方をレクチャーするサロンです。

cafe de content

Cafe de Contents

特別な“何か”を持っていない初心者でも

楽しみながら、ビジネスを作ることができる!

時間とお金の自由を手に入れ、自分と周囲の人を

あらゆる束縛から解放するための講座

最初にご確認ください

どうも、YOUです。

さて、今回、初心者向けの講座

スタートすることになりました。

 

というのも、やはりボリューム数的に最も多いのが、

月商で30万に満たない初心者だからです。

 

僕自身、以前から初心者の方には、早めにレベルアップして、

ステージをガンガンあげていってほしいし、

出版戦略やTV CMを使った戦略なども視野に入れつつ、

どんどんと展開していって、

レベルの高い起業家になっていってほしいなって思っていました。

 

というのも、やはり同じ視点でビジネスについて話せる

それだけでかなり楽しいからです。

 

なんでも、共通の話題があるというのは、楽しいことですよね。

 

しかし、ビジネスの知識やレベル感が上がって来れば来るほど、

基本的に孤独になります。そんな仲間がわんさかいるわけでもないので。

 

ということで、

みんなに上級者になってもらうため、

初心者のためのレベルアップ教材

必要だろうなーと思っていました。

 

ただ、僕はあまり熱心に働くタイプではないので笑、

正直いって、教材を作るのを後回しに後回しにしていたんですね。

 

ですが、最近になってまた、初心者さんからの声がすごく多くなり、

「なんとしても脱サラしたいんですけど、やり方がわかりません」

「YOUさんなら他の方が知ってないような方法を知ってますよね?」

というなにか圧力的なもの(笑)を強く感じ、

 

それだけ希望者が多いのであれば、

いよいよやりますかーということで、

この講座をリリースすることにしたわけです。

 

なので、みんなの期待の圧力によって、出来上がった講座です笑

存分に楽しんでいってもらえればと思います。

初心者が覚えるべきは、コンテンツから楽しくお金を生み出す手段

ビジネスってなんか難しそうですよね。

 

いろんな理論があるし、ビジネス書を読むと、

やれリファーラルマーケティングやら、

やれエンゲージメントマーケティングやら、

なんやそれ!!みたいに難しそうな用語がずらずらと並んでいます。

 

僕もそれらをひとしきり全て学んできた人間の1人ですが、

初心者が覚えないといけないのは、まずもうこれだけ。

 

コンテンツ作り。

以上、です。

 

もうほんとにとりあえずここだけやりましょう。

 

これができれば、

趣味をビジネスにしてお金を作ることもできます。

ちなみに超マニアックな趣味だとしても、

戦略によってほとんどのものがビジネスとして普通に成立します。

 

学べば学ぶだけ利益が膨らむし、

100万単位の商品がどんどんと売れていくし。

 

正直いって、やはり楽しいですし、

天職と巡り合った気分になること請け合いです。

 

初心者ってやはり楽しくないと、ビジネスが続かないので、

まずは楽しいことだけやってほしいと思います。

週刊少年ジャンプもジブリ映画も「面白い」「楽しい」から購入される

インターネットマーケティングを学んでいる人で、

売ることに躍起になりすぎて、逆に利益が出ないという

これが本末転倒という言葉の由来なのかな?

と思うような状態に陥っている人がめちゃくちゃ多いのですが、

 

まず重要なのは、「コンテンツ」です。

コンテンツありきでビジネスは見なければいけません。

 

当たり前です。

 

例えば、週刊少年ジャンプやジブリ映画はなぜあそこまで売れるのか?

 

面白いからです。

 

逆につまらないものはそこまで売れません。

例えば大学受験の参考書は、漫画ほど売れないでしょう。

 

なぜか???

面白くないからです。

リピートしようと思わないからです。

 

なぜ人はコンテンツを買うのか?というと、

これはもうシンプルでして、面白いから。

そのコンテンツに浸っていると心地いいからです。

 

これ以外の法則は実は存在しません。

 

面白けば売れる。

コンテンツがよければ売れるんです。

あなたにも「面白いコンテンツ」は作れる

しかし、週刊少年ジャンプやジブリ映画のような

面白いコンテンツが到底作れるとは思えない。

 

そうでしょうね。

 

僕も正直言ってあんな面白いものは作れません。

ただ、ある程度面白いコンテンツ

であれば、作れます。

 

レベルでいうと、なんだろう。

素人が頑張って書いた四コマ漫画みたいな感じ。

このレベルであれば、作れると思いません??

 

ビジネスで面白いコンテンツを作る

というのは、ほんとにこの程度のレベル感です。

 

誰も、かの宮崎監督に勝とうとはしていませんので、安心してください笑

初心者がコンテンツから利益を出すためにすべき3つのこと

そして、初心者がコンテンツから

利益を生み出すまでの流れというのも全て明確に決まっています。

 

これ、ちゃんと覚えてくださいね。

①商品コンセプトを作る

まず商品コンセプトを作ります。

「いや、なんかいきなり難しそう!」と思うかもしれませんが、難しくないですよ。

パターンが決まってますからね。

 

うーん、さっきの漫画の例を出すとすると、、、

これのテーマ、「麺が大好きだけどしりとりが超弱い人」っていう、

このテーマを考える作業が、商品コンセプトを考えるっていう作業です。

パターン通りにやっていけば、プラモデルを組み上げるかのごとく商品コンセプトができあがりますから安心してください。

②商品が欲しい人を集める

次が商品が欲しい人を集めるっていう方法ですが、

なんか集客も難しいイメージありますよね?

 

しかし、これもやり方が明確にあります。

無料でも有料でも出来ますが、両方ともそう難しくないです。

というか、人任せにするって方法もありますし、それで全然利益出るので、大丈夫ですよ。

③商品をツールを使って販売する

最後。作った商品をツールを使って販売していきます。

別にお客さんに対して、直接営業をかけましょうとか、

テレマーケティングみたいに、電話で営業していきましょうとか、

そんな話はしませんので、大丈夫です。

 

そもそも論として、商品の売り込みをしなければ売れない商品って

売れ続けるような商品ではないので、

お客の目の前にポンっと提示した段階で

飛ぶように売れていくものを作るっていうスタンスをとっていきます。

セールスもやったことなくても大丈夫です。

 

さて、この3つの順序で、

何もない初心者がネット上にコンテンツを作り、

それを使って売上を立てていきます。

初心者はあんまり頑張ると、逆に成果をあげにくいという事実(笑)

ただ、1つ言えるのは、

あんまり頑張りすぎると、初心者ってだれてしまうってことです笑

 

おらっ!気合入れろや!!!

と言いたいところですが、僕も基本的にはかなりぐーたらで、

昼過ぎにしか起きれないし、部屋はちらかしっぱなしで掃除する気力もないので、

だれかがやってくれるのを待機する、というダメ人間っぷりなので、

よーーーくわかります。

 

僕も2日だけ会社員として働いていましたが、

あれは頑張れない。

どう考えても。

 

「YOUさんなら、会社員になったら、めちゃくちゃいい成績あげそうですね!」

とかおだててくれる人も多いんですけど、

いや、無理です。結果出せる自信がないし、頑張れそうにない笑

 

だって面白くないんだもの笑

 

僕が今の仕事を継続できているのって、紛れもなく面白いからです。

これ以外の回答はありません。

 

だから、頑張る!っていう姿勢自体が間違っているというか、

面白いからやっているっていう姿勢が正しいし、

結果も出るよなぁと日々思うわけです。

ただし、頭を使うか、体を動かすかはしなければならない。どっちもできないと、、、、

ただし、面白いことをひたすらしていれば、

収益になるのか?と言われるとなりません。

 

例えば、つい先日、

ハンドメイドバックを作るのが趣味で、

これを仕事にすれば楽しいし、

ビジネスが苦手な私でも続きそうなので

やってみたいんですが、、、

 

というご相談をいただきました。

 

ただね、商品見ると、

ほんとに主婦が手作りで頑張って作ってる

素朴などこにでもあるバッグなんですよ。

 

これ、売れると思います??

毎日がんばって、バッグの製作に半日くらい費やしまくって、

どれくらい売れると思います??

 

たぶん、時給が1000円切りますよ。

マクドナルドでバイトしてた方が全然割いいじゃんーーーっていう結論になります。

 

でも、この「ハンドメイドバック作り」を収益化し、

ビジネスにもっていくって方法もあるんですよ。

 

例えば、僕であれば、いきなりギネス記録を狙いますね。

ギネスを取りにいきます。

 

「え、いやいやギネス??難しそう!」って思うでしょうが、

たぶん、ギネスっていう言葉に負けてるだけですよ?笑

 

ギネス取るのって全然難しくないです。

だって、、、

便座をいかに割りまくるか?っていう記録でギネスを取っていたりとか、

卵をひたすら割りまくったりとか、、、、

そんなんで、ギネス取りまくれるんですから笑

 

ギネス取ったら、あとはビジネスモデルを簡単に作れば、

普通に利益がバコンバコン出るような状態までもっていけます。

 

なので、戦略はやはり重要。

知識を学ばないと、ひたすら「ハンドメイドバッグの在庫」がたまりまくって、近所の主婦集団に配って歩くという謎の奇行に走らなければならなくなります。

 

手を動かすのは、思考停止状態でやりまくればいいだけなので楽そうですが、実際やっぱきついので、普通に頭使って少量の努力で成果を出しにいくことを考えましょう。

本物の経営者は、仕事を減らすことを考えます。

仕事を増やすだけなら、どんなバカでもできるんですから。

利用される側ではなく利用する側にならなければならない

ネットでコンテンツを作り、販売するというスキルを身につければ、ネットマーケティングにも徐々に精通していきます。

 

すると、

「ははーーん、この会社はこういうコンテンツをこうやって売っているんだなー」

と理解できるようになってきますし、お金を上手く生み出すようになれます。

 

年金や医療制度や保険システム、税金問題、、、

すべてに言えるんですが、

ろくに勉強しようともしないおバカな人は、

やはりいつまでたっても「利用され」続けます。

 

しかし、逆にそういうものを扱える、

利用できる側の立場になれば、

うまーく使って、ネット上に限らず、

いたるところからお金を生み出すことも可能となります。

「ネットを利用できる個人」になると、、、

ネットを利用できる個人になると、、、、

例えば、こういうことがおきます。

犬を撮影するだけで、

数十万の利益がネットから生まれたりするわけです。

 

あ、ちなみにこれ、今、ネットで犬やら猫やらの動画を撮影しまくってあげるだけでは、なかなか収益が出来ませんし、ビジネスとして成立しません。

 

なので、間違っても、ビジネスに利用してやろう!という目的で犬を拾ったり、飼い始めないでくださいね。普通にワンコがかわいそうなので、動物愛好家の僕としても黙っていられません。

 

ただ、1つの例として、、、、

動画をただ撮影するだけでも、正直、会社員の収益を大幅に超えるだけのビジネスとして成立させることができるってことを示したかっただけです。

たった1冊の本から月商100万円が生まれた

例えば、僕の例でお話すると、僕の場合、読んだ本をまとめ直して、それを動画にし、わかりやすく説明して、そこから収益が100万ほど生まれました。

 

たった1本の動画です。

たった1ヶ月で、です。

これがコンテンツの力ですねー。

 

ある程度、戦略的に面白いコンテンツを作れるのであれば、こんなことが可能になります。

1年、、、?バカにするな。半年で十分だ。

コンテンツ作りの精神として、確かにコツコツ頑張る、というのは重要です。

継続は力なり、なんていったりもしますからね。

 

ですが、コンテンツを作って利益を立てていく、

ということをするのに1年以上の努力は必要ありません。

半年以内に、なんらかの成果が出ないのであれば、確実にやり方が間違っています。

 

だって、そもそもそんなに時間かかる方法じゃないですから。

 

目標設定として、1年から3年以内に、ビジネスを軌道に乗せる!

って言う人がすごく多いんですが、たぶんその数字に根拠はないと思います笑

 

はっきり言いまして、なんの戦略もなく1年~3年努力するよりも、

最低限の知識を学んだ上で、3ヶ月でも頑張った方がよっぽど大きな成果が手に入ります。

やるべきことは明確。コンテンツを作ることだけ。

何度も言いますが、初心者がまずやるべきことは、

もうひたすらにコンテンツを作る。

これだけです。

 

コンテンツを作って、受け取った人をを喜ばせてください。

 

コンテンツとは資産です。

蓄積していくものです。

 

人を喜ばせて、

価値提供していくコンテンツが毎日1個ずつ蓄積していくとしたら、、、?

ビジネスになるのはもちろん、一度も会ったことがない人間に価値提供ができます。

 

要は、過去に作ったコンテンツが、

勝手に価値提供してくれていて、

勝手にお客さんとの信頼関係が構築され、

勝手に商品が売れていく、という流れを作ることができるわけなんですよ。

面白いコンテンツがあれば、ライバルが一瞬で姿を消す

コンテンツ作りさえマスターしえしまえば、

ライバルの存在はほとんど皆無といってもいいほどになります。

 

なんかみんな頑張ってビジネスしてますよね。

例えば、コツコツSNSの投稿したりだとか。

正直、あれ、僕できないんですよ。面倒臭くて。

 

だって、毎日コツコツ頑張っていようが、ファンを作れていないのであれば、

ひたすらに無駄な労働作業を繰り返しているだけになりますから。

 

それより、もっと効率的に、最低限のコンテンツだけ作って、

半年以内にパパッとファン化させ、勝手に利益を生むストック型ビジネスを

作った方が、よほど楽にビジネス展開ができます。

 

でも残念ながら、みんな正しいコンテンツの作り方を知らない。

だから、ネット上に、誰も見てくれないような

ゴミを無限量産することになってしまうわけです。

 

はっきり言いまして、誰も見てくれないコンテンツなんて、存在しないのと同義です。

なので、ちゃんとした面白いコンテンツを作れるようになってほしいんですよ。

 

あなたのコンテンツに一度でも触れれば、

その価値に気付いて、他のコンテンツに見向きもしなくなる。

そういうコンテンツ作りをしてほしいんですよね。

 

僕はそれを狙ってやっているからこそ、

ライバルと雲泥の差がついてしまうわけです。

エンドレスリピートされ、エンドレスに売れ続ける商品を作る

面白いコンテンツを作ることができるのであれば、

極論、本当にエンドレスにリピートさせることが可能です。

 

漫画とか、やはりいい例ですよね。

出せば出した分だけ買われていくじゃないですか。

 

例えば、漫画のワンピース。

これ、例えば、1巻から読んだ人は当然のごとく、2巻、3巻、、、、

と継続して続編をリピートし続けるわけですが、、、、

 

例えば、10巻だけを

たまたま読んだ人ってどうなると思います??

 

そう。

面白い!!ってなって、1巻に戻って、そこから2巻、3巻、4巻、、、、

ってまたエンドレスにリピートされるんですよ。

 

さて、こういうコンテンツが例えば、30個、50個、100個、あったとしたら,…?

そりゃあ、えげつないくらい利益出ますよ。当然です。

しかもファンも自ずと増えますよね、当たり前です。

 

こういう流れを作れているマーケターがあまりに少ない。

だからこそ、ライバルと圧倒的に差別化できてしまうんですよ。

今後、ITリテラシーが高い20代が新富裕層として確実に地位を築いていきます

今後、こういうコンテンツを作れる人がどんどんと地位を築いてきます。

 

今、20代で資産1億円以上を作った人のことを

新富裕層なんて呼んだりもしますが、彼らがやっているのはまさにここ。

コンテンツ作りなんですよ。

 

なので、コンテンツを作ってください。それはもうひたすらに。

それで、ビジネスは上手くいきます。

もう一度言いますが、初心者はこれしかしないでください

なので、念押ししておきますが、初心者はもう、

  1. 商品コンセプトを作る
  2. 商品が欲しい人を集める
  3. 商品を販売する

これ以外のことは一旦置いておいていいです。

ひたすらここを極めてください。

いやいや商品にするような知識やら情報やらアイデアやらないんですが(汗

ただ、コンテンツ作りをしましょう、とか、

商品作りをしましょうとか、

こういう話をすると、たいていの方は、

「いやいや私に商品にできるような情報やら知識やらアイデアなんてありません。」

とアレルギー反応を示します。

 

これ、結構多い勘違いなんですが、

コンテンツに必要な知識や情報なんて、最初は全然いらないんですよ。

僕もビジネスの情報発信を始めたとき、

ビジネスの知識なんて一つとしてなかったですからね。

 

ではどうすればコンテンツが作れるの???って話ですが、

簡単でして、一番最初は、

知識を得た瞬間にコンテンツにする。

これを心がけてください。

 

僕の例でいうと、一番最初は、メンターから習ったばかりの

ビジネスの知識をすぐにコンテンツ化していましたね。

 

要は、伝言ゲームのようなものです。

人から教えてもらった内容をすぐにコンテンツとして人に伝えるんです。

 

もちろん、最低限のコンテンツの作り方やファンの作り方は学んだ上でやってください。

でも、基本はここにあります。

最初は、覚えたての情報をコンテンツ化していく。

これだけでOKですし、これだけで利益が普通に出ます。

よし、難しそう。やめます!

とはいえ、なんだかまだ難しそうと思っているかもしれませんね。

まぁ、それは当然のこと。

やったことないわけですから。

 

ちなみにビジネスで上手くいくかどうかって、

ほぼほぼ今まで出会ってきた事例と知識の数で決まります。

 

例えば、良いコンサルタント=たくさんの事例を持っているコンサルタント

という風に理解してしまって問題ありません。

 

ビジネスで上手くいくかどうかは、90%、出会ってきた知識と事例で決まります。

あとは1割のビジネスセンスが関わってきますが、取るに足らないものです。

ないならないで構いません。さして問題にならないので。

(すごく高い目標を目指すのであれば、話は別ですが)

 

あなたはまだコンテンツ作りの知識であったり、事例だったりを知らないので、

「難しそう!」と毛嫌い、食わず嫌いしないでください。

 

やってみると、いかにシンプルかがわかると思います。

いや簡単なんだけどなぁ。。。

コンテンツ作りを学ぶと、コンテンツを作ることがいかに簡単なのかもわかるようになりますし、正直、面白いコンテンツ作れる人って本当に少ないので、一人勝ちできます。

 

市場によっては、本当にライバルが皆無。

もし時間が無限にあるのであれば、余裕で勝てる市場なんて山ほどあるので、コンテンツ投入して、余裕でライバルをごぼう抜きしたいですね。

 

ちなみにインターネットマーケティングで、面白いコンテンツを作れている人って本当にめちゃくちゃ少ないです。特に、ビジネスを教えている、指導しているコンサルタント系の人で、面白いコンテンツを全然見たことがない。

 

例えば、飲食店経営とか整体院経営とか、

美容院、ネイルサロン経営、士業の経営などなど。

 

あらゆる業種業態に応用できますし、周りにこれだ!!と思えるような面白いコンテンツを持っている人が少ないのであれば、もうそれ、勝ちがほとんど見えています。

 

なので、初心者ほどコンテンツ作りを学んでほしい。

これを学ぶだけで、中上級者と一気に戦えるレベルまでいけるので。

素人だろうが、関係ないです。

コンテンツを作れるというのはそれだけのインパクトを持っています。

自分らしいコンテンツを作り、自分らしいビジネスをし、自分らしく社会貢献をする

コンテンツはもちろん、利益が出ます。

というより、コンテンツビジネスほど、利益が出るビジネスもそうないかなというほど、利益が出やすいモデルです。

 

なんですけど、まぁ、利益のことは一旦おいておいて、

やっぱり楽しめることをやっていってほしいと思うんですよね。

 

だって利益がいくら出たとしても、苦痛が伴うものであれば、

やっぱり続かないじゃないですか。

 

なので、ありきたりな言葉を使ってしまうと、「自由」ってことになるんですが、

コンテンツ作りをしっかり学んで、利益をあげられるようになれば、

 

通勤にそもそもいかなくてよくなりますし、昼まで寝ててOKになります。

変な人間関係でストレスを蓄積する必要もないですし、

絡みたい人と絡めばそれでOKです。

なんの心配もないまったりとした日常が続いてくわけです。

 

地味かもしれませんが、きっと今苦労している人から見れば、

あり得ないくらい幸せなことですよね。

 

 

しかも、社長って得てして

「いつ働いているんですか?」って言われるほど、

忙しくなさそうにしていますが、実際に忙しくないんですよ。

 

よくある言葉で、

「年収1000万よりも年収1億の人の方が暇」

というのがあるんですが、

これはお金持ちの中での常識です。

 

コンテンツが作れれば、作って放置しておけば、

それだけでもう暮らしていけるんですよ。

 

旅行したり、美味しいご飯たべておけばいいんです。

それだけであとは暇つぶしでもしておけば、利益があがるんです。

 

これができるのは、コンテンツの作り方を知っているから。

本当に知っているか知っていないか。この差だけです。

 

「コンテンツ作りのやり方なんてだいたいこんな感じでしょ!」

と言っている人ほど、コンテンツのなんたるかが全く理解できていないですし、

出来ていないってことは、知っていないのと同義なんですよ。

 

知っているのと出来るのは違うって理論もありますが、

ビジネスにおいては、100%理解できているのであれば、100%できます。

 

なので僕から言わせれば、コンテンツによって利益が積み上がっていってない人は、

コンテンツ作りを知らない。あるいは理解が甘すぎるわけです。

なので知りましょうよって話になるわけですね。

 

しかもコンテンツは人に消化してもらうものです。

消化して喜んでもらうものです。

つまり、社会貢献まで出来てしまうわけですから、

これほど面白くてやりがいのあるビジネスもなかなかないでしょう。

お金、資産、仲間、経験、知識、、、、全てがコンテンツ作りによって増えていきます

しかも嬉しいことに、お金や資産だけでなく、

仲間や経験や知識まですべてがコンテンツ作りから増えていきます。

 

例えば、僕が作ったコンテンツを見て、

連絡してきてくれる経営者の方は

めちゃくちゃ多いんですよ。

 

先日もかつて、大手百貨店の中に入っていたメジャーブランドの社長さんから僕のところへ連絡がきて、ビジネスをなにか1つ一緒にやってみないか?というお誘いがあったりしました。

これ、過去に作ったコンテンツ、たった1個から出来た人脈です。

 

他にも事例はたくさんあるのですが、こういった現象がひたすら重なるので、コンテンツがあれば、仲間も人脈も、当然知識などもついてくるので、ビジネスをやる上ではやはり無敵かなと思いますね。

今まで結果が出なかった理由は簡単。楽しくないから。

もし今まで何かに取り組まれてきて、結果が出ていないのだとすれば、

その理由は明快です。

  1. 楽しいことをしていない
  2. コンテンツについて学んだことがないor学んだけど理解が浅い

このどちらかです、確実に。

 

気が進まないことに取り組んで結果が出るわけがないんですよ。

これはあなたも経験があるはず。

例えば、受験勉強とか。

気が進まない人は一向に結果が出ません。

 

僕の場合は、「勉強と知識=お金」 につながるということを学生の段階で強く意識していたので、必死に学んできましたが、目的意識がはっきりしてない人はやはり勉強に注力できませんよね。

自分も相手も楽しくて仕方がないビジネスを作ろう。

コンテンツを学べば、無双状態を作れます。

僕がコンテンツ作りに関して教えて人は、業界でもやはりどんどんトップ層に食い込んでいっています。だって周りに面白いコンテンツ作れる人いないんだもん。そりゃ勝てるよねって話です。

知識は力です。

力がないものは、社会的に相手にされません。特に年齢を重ねれば重ねるほど、単なる「労働力」としても評価されなくなってくるので、知識をつけるしかないんですよ。

 

知識をつければ、コンテンツについて学べば、

どういうロジックで人は誰かのファンになっていくのか?がわかるようになります。

例えば、それこそジブリファンとか、ディズニーファンとかいますよね。

 

ああいったファンを作る方法がわかるわけですよ。

 

ってなってくると、

人を先導することもできるようになります。

(これを社内(インナー)ブランディングって言ったりしますが)

 

さらに人からモテたりとかも全然しますし、

会社の中でも、どんどん自分の協力者が増えていきます。

 

例えば、いじられキャラって得てしてどこでも人気がありますよね。

あれはなぜかっていうと、いじられる何かしらのコンテンツをその人が抱えているからなんですよ。だから人がコンテンツに触れたいと思う。そしていじる。で人気が出る。

 

コンテンツを学び、活かせば、

それだけで人生が輝くわけです。

【講座内容】こちらが今回お伝えしていく内容です

 

では、今回あなたにお伝えしていく講座の内容を説明しますね。

 

商品コンセプトを作る

この講義では、簡単にいうと、ネット上の無料の媒体を使って有料の商品を生み出す、ということを学んでいきます。

例えばそれこそ、YouTubeやらブログやらです。

例えば、あなたが書いた1記事のブログが、

10000円で販売できるとしたらどうでしょう?

100記事書けば、100万ですよね。

 

実際、こういうビジネスが成立してしまいます。

 

「商品を作る」というと、難しそうに感じてしまうかもしれませんが、

まずそもそも、やり方を知らないだけですので、問題ありません。

 

慣れれば、商品を量産することが可能です。

僕も、時間が無限にあるのであれば、絶対利益になる、やりたいコンテンツ作りが山のようにあります。ただ、これも講座の中でお話するつもりでいますが、それやれば利益は絶対出るけど、それやるのであれば、絶対こっちをやった方がいい、っていうルートも見えるので、全てに手をつけるってことはしません。

 

【講座の一部】

  • 作るべき商品というのは、もうほとんど法則で決まっているが、ではどんな商品を作ればいいのか?ちなみにこの商品作りを外すと確実に売れません。ネット上で販売できる鉄板コンテンツを紹介します。
  • 売れるコンテンツとはどんなものなんだろう…と悩み続けて5年。ようやく完成だ!と言ってる人のコンテンツがまーったく売れない理由。とその解決策。このポイントだけは押さえてくださいねっていう話
  • 販売する商品は「お客に切望される商品」でなければいけません。ですから、買っても買わなくてもどっちでもいい商品はまず間違いなく売れないと思ってください。では、切望される商品ってどんなもの?
  • 売れる商品が作れる人は、「売れる商品」と「売れない商品」の区別が瞬時にできる。では、あなたにもチェックしてもらいましょう。チェックすべきポイントというのも明確に決まっているのです。
  • 高い成約率を出して、最初から利益を出しまくる考え方があります。1つのポイントを押さえるだけです。知らない人が多すぎるのでレクチャーしましょう。
  • コピーライティングをかじったことがある人であれば、Not Believeというのを聞いたことがあるでしょう。要はお客は常に懐疑的であり、妙に疑り深いという原則です。では、彼らとしっかり信頼を構築して、懐疑的なマインドをオープンにするにはどうすればいいのか?
  • 実はライバルがいればいるだけ、利益を出しやすいのですが、なぜだと思いますか?
  • この要素を外すと、「絶対に商品が売れなくなる!」というポイントがあるのですが、そのポイントとはどういったものなんでしょう?
  • どんなジャンルでも、とある方法を使うと、一気にビジネスがしやすくなり、どのジャンルでも月商100万円は絶対に切らないのですが、その方法って?
  • 網羅性の高い商品を売りたい場合、市場を見なければいけないんですが、どういった市場であれば、売れるのか?また現代で必要とされている商品とはどんなものなのか?
  • なんとなくで商品を作ると100%売れないのですが、では何に意識を傾けて商品を作ればいいのか?
  • コンセプト以前にターゲット設定で躓く人も多いのですが、本当に正しいターゲット設定とはどんなものか?
  • コンセプトとは、そもそもライバルとの差別化をするために作るものです。ですが、多くの人がやってしまっているのが、「その商品とあっちの商品どう違うの?」と言われてしまうような商品作り。差別化の正しいやり方を教えます。
  • ヒットコンテンツを作るために意識しなければならない5つのポイントとは?

商品が欲しい人を集客をする

商品が欲しい人を集客する。そのままですね。

初心者は特に意識して欲しいのですが、「欲しい人」を集めてください。

これが最も難易度が低い方法だからです。

 

僕であれば、商品に最初はほとんど興味がなかった人を数通のメッセージによって、商品の魅力に気づかせ、高い成約率を出すことも可能なんですが、いろいろとテクニックを駆使しなければなりません。

ですから、もうすでにあなたの商品を買う準備ができている人を集めてほしいのです。

 

【講座の一部】

  • 学びつつ、集客ができ、さらにそこから商品が勝手に売れていく。そんなコンテンツ作りの極意とは?
  • 目先の利益にとらわれると、長期的にコンテンツで利益が出せなくなる。では、最も注意しなければならないコンテンツの罠とは?
  • 正直いって、完全に素人状態でも、初月から最低100人は集客できてしまう、僕が個人的にかなりおすすめする初心者向けの集客方法とは?
  • お客さんが喜ぶコンテンツを作れば、それは集客にもなり、ファンを作るものにもなり、それが仕組みにもなります。ではどうして、コンテンツを作っても良い結果と悪い結果が生まれるのか?そこには明確な違いがあるのです。

  • 集客だけできていても、実は全然利益は出ません。実際、数十万アクセスをもっているのに、利益がスズメの涙程度しか出ていない企業もたくさんあるのです。では、どうすればいいのか?

商品販売をする

商品が出来上がっていて、

なおかつそれを買ってくれるお客さんがいるのであれば、

あとはその商品を販売するだけです。

 

セールスはそれほど難しくなく、

特に今回のケースでいうと、「商品を限りなく買ってくれやすいお客さんに絞ってセールスをする」ので、どんなにセールス技術がなくても商品が売れていきやすいです。

だって、掃除機が欲しい!って思って家電量販店にいったお客は、店員が無理にセールスしかけなくても、勝手に商品買ってくれるじゃないですか。

 

【講座の一部】

  • セールスを成功させる最も重要なポイントは、セールスをする前にほとんどもう買う!と心に決めたお客さんをいかに連れてくるか?にあります。ではそれを実現するには?
  • セールスの売上を守るために必ず意識しなければならないとあることとは?この原則を守れなければ、セールス時に売上が確実に伸び悩みます
  • ほとんどのセールスレターが見向きもされず、グダグダになり、成約率が落ちまくっているのですが、その根本原因とは?
  • セールスレターは、まず読まれない前提で書くべきです。本当に読まれませんので。ただ、しっかりと読まれるセールスレターもあります。そして、そういうセールスレターでしか、商品というのは売れないんです。では、どんなものなんでしょう?
  • コピーライティングを学びたいのであれば、僕はまずセールスレターを確実に書かせます。その理由とは?
  • 商品が確実に売れるようになる3つの要素とは?この要素を外さずに入れることができているのであれば、その商品が売れることはほとんどもう目に見えています。
  • セールスレターはむしろ書いたあとが重要なのですが、メンテナンスとして確実にやらなければならないこととは?
  • セールスは売り込みだと相手に思われてしまった段階でアウトです。では、自然になめらかなセールスを行うためにはどうすればいいのか?
  • お客様は基本的にネガティブです。他人のことを信用していないのはもちろん、もっといえば、自分のことを信用していないのです。だからこそ「私には無理なんじゃないか」という気持ちが絶対に心のウェイトの多くを占めています。ではその引っ掛かりを取り除いてあげる効果的な方法とは?
  • 「お客様の声」なしで商品を販売する方法とは?基本的に売れる人は、お客様の声なんてものをわざわざ使ったりしないことも多いです。
  • あなたには飛ぶように売れるセールスの流れを組み立ててもらいます。その流れを作る上で、必ず欠かせない4つの要素があるのですが、それはなんでしょう?
  • お客様に喜んでもらいながら、商品販売をかけるコツがあるのですが、これを理解できると本当にクレームも少なくなってビジネスが膨らみます。

特典をご紹介します

  • どんなマニアックな趣味でも、ビジネスに繋げてしまうことができるとある方法とは?
  • 一般的にブログには、雑記的な内容を書いてはいけないと言われがちですが、しかし狙ってそういった雑記ブログを書くことができるのであれば、販売戦略が非常に上手くいきます。その方法とは?
  • コンテンツを量産することができる思考法とは?正直、やればやるだけ利益は膨らみます。
  • コンテンツの最終形態はコミュニティです。バンドのファンクラブとかがわかりやすいですが。そのコミュニティを作り出せれば売上が安定化するのですが、どうやって作ればいいのでしょうか?
  • 自分の専門分野や詳しいことでしかコンテンツを作れない人は、その市場がダメになったときに食いっぱぐれます。そうではなく、どのジャンルでもコンテンツを作れて、なおかつライバルに簡単に勝てなければいけないのですが、その方法とは?
  • コンテンツを作れば作るほど、コミュニケーション能力が向上して、人脈が広がりやすくなっていく理由とは?
  • コンテンツをするとき、ビジネスをするときに、前提として「増え続けるものをやらなければならない」というのがあります。これは利益もですし、集客数もです。ではどのビジネスをすれば増え続けるのか?
  • コンテンツを面白くし、何度もなんどもリピートさせる絶対必要な要素とは?
  • 人は誰しもいいコンテンツを持っています。どんなに「なにもない」と思っている人でもです。しかしながら、その才能を埋もれさせてしまっています。ではその才能を引き出すためには?
  • 本当にいいコンテンツとは、セールスをかける前に圧倒的な信頼構築をして、相手からその商品欲しいです、と言わしめてしまうものですが、ではその商品の作り方とは?
  • 実は中上級者ほど、コンテンツ作りが下手だったりします。逆にいえば、初心者も練習を重ねていく上でコンテンツ作りが最初よりも下手になります。その理由と対処法とは?
  • コンテンツは量が全てではありません。量産しても仕方ない場合があります。これを知らないと無駄なことばかりしてしまうのですが、どういうことか?
  • 物を売るためにコンテンツを作ろうとすると、逆に全く売れていかなくなるのですが、ではどういったコンテンツを作ればいいのか?
  • コンテンツを作る上で意識しないと、いくら量産してもコンテンツがウケない、ハマらないという要素が1つあります。これ意識できないと、よくいる、ブログ記事だけ量産している人とか、動画を本当にただただ量産して、でも売上はゼロという人になってしまうわけです。

コンテンツに価値をつけるのは難しいが。。。

さて、これだけのコンテンツに価値を付けるのは難しいです。

そもそも、コンテンツの価値というのは、市場が決めるものですから。

 

必要ない人には必要ないですし、

でも欲しいと思っている人が多ければ、

それだけ多くの価値がつきます。

ダイアモンドと同じですね。

 

需要と供給バランスが、

大きく需要側に傾いていれば、それだけ価値も高くなるわけです。

(なお、需要というのであれば、僕のガチコンサルの価値は300万円ほどしますし、それでも購入される方は全然いらっしゃいます。)

 

さて、今回のコンテンツですが、そもそも「初心者」がコンテンツを学び、面白くてなおかつ売れるコンテンツを作るということが主題としてありました。

 

もちろん、ボリューム数的に最も大きいのが、初心者ですし、

「需要」という意味でいうのであれば、

かなり多くの人から求められる内容を作っています。

 

今回お教えしていくのは、

無料で作れる商品を有料で販売する

という手法なわけですから、

ビジネスの原則である「安く仕入れて高く売る」のわかりやすい例なわけです。

 

僕としては、本当は70万円程度で販売すると、

いい感じに「本気の初心者さん」がお客さんとして来てくれて、

なおかつ結果も出してくれやすいかなーと踏んでいるのですが、、、

 

いかんせん、今回のテーマは「初心者応援教材」ですので、

僕のコンテンツに今まで触れたことがない方にもたくさん来て欲しいですし、

いかに他のコンテンツとレベル感が違うかにも気付いてほしいと思いました。

 

はっきりいって、他のものより内容が上であることは自負しているので、本当に70万で押し出していきたい気分ではあります笑

 

が、、、、

初心者さんが手に取りやすい費用ということであれば、

5万円、というのが妥当な金額ではないかと考えました。

 

コンテンツを作る力があれば、あなたの生活のすべてをコンテンツ化することができます。

ちょっとしたレストランにいったりだとか、旅行にいったりだとか。

そういったことまでコンテンツになります。

 

そしてそこから利益が出続けるわけです。

ですので、ぜひ学んでおいてください。

初期の初期に学ぶからこそ、大きな力を発揮します。

 

参加は以下の参加フォームよりお願いします。

期間限定とさせていただきます。

なお、今回の教材へのお申し込みは、期間限定とさせていただきます。

よくある、「販売延長することになりました」とか、そういうのは一切やりませんので、これっきりと思ってください。再販もいたしません。

 

※※あなたのもとにメールが流れてきて、そのメールからこのページを今見ていると思いますが、販売終了メールが流れた時点で、あなたがこの商品を購入する権利はなくなっていますのでご注意ください。

 

 

申し込み自体はできると思います。

が、遅れて入ってきても商品のお渡しをし兼ねます。

販売終了しているのに、料金だけ支払ってしまって、、、

ということがないようにご注意ください。

コツコツと頑張れば報われるというのは本当なのか?

正直言って、コンテンツ作りもしらずに、コツコツ頑張ったところで、無意味です。

利益は出ません。

だって、コンテンツはコンテンツの使い方を

しっかり理解していて初めて利益が出るんです。

 

例えばですね、富裕層との人脈を作りたいとき、よく多くの方が名刺を配るんですが、あれって配るだけでは超無意味なんですよね。名刺の使い方が全くわかっていません。

 

名刺は、配って、

そのあとにラインを交換しないといけないんですよ。

名刺は、ライン交換をしても価値があるんだぞ、俺は!とアピールするためのもの。

目的はそのあとのライン交換なんです。

 

だって、名刺配ってそっから人脈繋がったことあります?

ないですよ、僕だって笑

だから名刺は捨て駒なんです。大事なのは、そのあと。ラインです。

 

こんな感じで、みんな「正しい使い方」というのが全く理解できていない。

だから利益が出ないんです。簡単にいうと。

一度きりの人生です。我慢する人生はさっさと卒業して、楽しいコンテンツ作りに時間を割いてください

楽しいことであれば、きっと継続できると思うんですよね。

 

で、僕はぱっぱと利益出して言って欲しいタイプなので、

そんなに中長期で考えず、サクッとビジネスは軌道に乗っけて欲しいと思っていますが、

やっぱりでも、継続力がものをいうものもあるわけです。

 

どんなにセンスがなかったとしても、半年ちゃんと学んで頑張れば、

しっかり利益は出ますし、人生がだいぶ拓けるはずです。

さらに3年頑張れば、正直いって今までとは全く人生が広がっています。

 

なので、ビジネスセンスとかいう、

よくわからない抽象論を語る暇があれば、

とりあえず継続してほしいんですよね。

 

「ビジネスセンス」って言葉、僕は逃げだと思ってまして。

センスがないって言えば、楽じゃないですか。

それで諦める理由ができるし。

 

「あいつはビジネスセンスあるからねー。俺はないから。」

って言えば、楽なんですよ。

 

本当は、結果出している人が裏で努力していることを知っているのに、

努力しているから結果が出たんだって認めてしまうと、

逆にいえば、結果が出てない自分は、努力していないということも認めなければいけなくなるわけです。

 

で、それがいやだから、情けないから、

「ビジネスセンス」なんて言葉を持ってくるわけですが、

正直言って、年商で3000万の会社を作ることくらい誰でもできます。

 

だって、あなたがお勤めの会社、年商規模いくらですか?

何百億とか何千億とか、何兆っていう規模感ですよね?きっと。

 

3000万ってめちゃめちゃミニマムな数字なんですよ。

これ、センスでもなんでもないです。学んでないだけ。

 

だから、逃げないでください。学ぶことから。

楽しいですから。

楽しみながら学びましょう。そしたら継続できます。

あなたが「楽しんで学ぶ」ということを覚えれば、親や家族など周りの人たちを幸せにすることも可能

楽しんで学んでコンテンツを作ることができれば、

そこからいくらでも富を作っていくことはできます。

 

学んで富を作る。

 

 

お金持ちが呼吸するほど自然にやっていることですが、

まだまだここの感覚、あまり理解しにくいですよね。

 

でも本当に学んでそれをコンテンツ化して、で、そこから利益があがるんです。

これができるようになると、「学ぶってたのしーーーー!!!」となりますよ。

だって、今まで学んでそれが報酬になるってことなかったじゃないですか?

 

僕のところに「YOUさんみたいな人に、子供を育てるにはどうしたらいいんですか?」っていう教育に関する質問が結構するので、ついでにこの場を借りてお答えしますが、僕であればわかりやすく、学ぶこと自体に報酬をくっつけますね。

なので、これを学べば、いくらのお小遣いをあげるとか。

そういうわかりやすい制度にします。

逆に、学ばなければ一切何も与えないというスタンスをとりますね。

 

大人もこれをしないといけないんですよ。

学ばないとどんどん貧乏になる。でも学べば目に見えてわかるほどお金持ちに近く。

この感覚を理解できてれば、どんどんお金持ちになるし、

周りの人たちを幸せにすることも可能です。

 

家族や子供を養っていくのも、学び方次第で、全然余裕でできるようになります。

半年ちゃんと学べば、絶対に今のあなたとは違う

半年間、コンテンツについてしっかり学び、実践すれば、

確実に今のあなたとはかけ離れた存在になることができます。

そもそもレベルが全然変わりますよ。

 

働いてお金をもらう、のではなく

学んだことを有料コンテンツにしていく

わけですから、生き方そのものが変わってきます。

 

初心者はまず、「自分が作ったものって案外、簡単に売れるんだ!」という感覚を身につけてほしいんです。

あなたらしい人生をクリエイトしていく

コンテンツを作って、販売するということができると、

当然ながら、人生の選択肢が大きく開けてきます。

 

そもそも、もはやコンテンツを作れるのであれば、

場所に捉われる必要は一切ないので、今の家を出てもいいでしょう。

 

むしろ、旅行に出た方が、学ぶことってたくさんあります。

旅行先で感じたものをコンテンツにすればいいんです。

それでさらに利益が出ます。

 

どうですか、この生き方?

もし3億手元にあっても、今の仕事を続けますか?

僕は、「利益が出る」というのももちろんですが、

やはりなにより「楽しいから」今の仕事をしています。

 

楽しくもない仕事で、苦痛が伴うのであれば、

ストレスにまみれているのであれば、

やはりどんなに利益が出てもやりたくありません。

(僕は就活の時点で、経営幹部にならないか?と人材派遣の会社に言われたこともありますし、安定して年収2000万くらいなら渡せると言われましたが、24時間社長からの連絡に備えていなければならないと言われて、うわーしんどそうだしつまんなそうと思って速攻で辞退しました。)

 

あなたはどうでしょう??

 

その仕事、

今もし手元に3億あったとして、まだ続けますか?

 

NO

と答えるのであれば、

なにかしら我慢を強いられて仕事場へ足を運んでいることになりますよね。

 

僕はそういう生き方はいやなんですよ。

人生たった1回きり。

死んだら終了。

 

であれば、できる限りわがままを言い続けたい。

楽しい人生にしたい。

周りも豊かにしたい。

 

これが当然の発想です。

だからこそ、自分も幸せにならないし、なおかつ大して周りの人間も幸せにできないようなビジネスは、はなっからそもそもやる気がほとんどないのです。

【最後に】学び、コンテンツを作り、そして、人生を豊かにしてほしい

ということで、長くなりましたが、

「コンテンツ作りを学びましょう」というお誘いでした。

 

コンテンツを作って販売する技術を身につけられれば、

それって、もうどこにも依存しない状態を作り出せるということです。

つまりは、あなたはもう誰にもコントロールされなくてよくなります。

 

会社にもですし、基本的に社会は、お金を払うことで生きていかなければならないわけですが、お金を払うという能力が格段に増すので、生き方にだいぶ制限がなくなります。

 

本気で初心者のレベルアップを願って作りましたので、手にとってみてください。

ではでは。

 

お申し込みは以下のフォームよりお願いします

補足:中上級者向けに、最後に少しだけ難しい話をしますが、理解しなくても大丈夫です。

さて、補足として、少し中上級者も唸るような話をしておきます。

コンテンツ作りのための講座ですが、初心者はもちろん、中上級者にもぜひ入ってもらいたいと思っています。

 

なぜか??

 

売れるコンテンツを作れる人は、中上級者であれば、かなりいるでしょう。

でもですね、その商品、10年後も売れてますかね?

どうでしょう???

 

要は、「売れる」のと「売れ続ける」のは全く別の次元の話なんですよ。

 

「商品が売れるルール」というのが時代によって変わるんですね。

例えば、今、日本を代表するような有名大企業よりも、

実はスタートアップの会社の方が、倒産上昇率ポイントが低いんですよ。

※中上級者にもなって、この話を知らないというのは結構マズイ。

 

新しい「商品が売れるルール」を

適用できている会社だけが倒産しなくなっているんです。

 

ですから、伝統やら文化やらを大事にしている企業は企業で偉いんですが、

でもそれだけじゃ生きていけないですし、ちゃんと売れるコンテンツとは、今どういうものを言うのか?は常に追いかけて見続けなければいけません。

 

事業ライフサイクル(商品が生まれてから終焉を迎えるまでの流れ)が

今、格段に早くなってきています。

 

3~4年程度で、このサイクルが一周してしまうんです。

要は、1つの商品を作っても、4年後には完全に売れなくなっている、ということ。

 

例えばですよ、スマートフォンを一個例にあげるにしても、

新しいモデルがすぐに出始めますよね?

最新機種を買ったと思ったら、翌年にはすぐにまた違うモデルが発売される。

 

今は、時代の成長速度が早すぎる。

だから、1個の商品で食べ続けるというのは本来、難しいわけです。

 

一個くらいコンテンツを当てて売ることは容易にできるでしょうが、

中上級者でも、1個の商品で10年食べ続ける、と考えるとかなりきついはず。

 

だからこそ、中上級者の起業家も意外と短命で消えていきます。

3~4年くらいしたら、「あれ、あの人またサラリーマンやってんの?」とか、ザラです。

 

なので、売れ続ける商品を、狙って作る。

これが今回の隠しテーマでもあります。

 

売れ続ける商品コンセプトを作り、販路は常に拡大させ続け、メンテナンスとストックビジネス化を図ることによって、10年連続で売れ続けるロングセラー商品を作っていきます。

 

みんな、1年とか2年だけ売って終わる。

これでは安定からほど遠い。

正直いって、今は調子いいかもしれないけど、

来年その事業の命、ないぞ。

と声を大にして言いたいです。

 

こんな感じで、売れ続ける人はほとんどいないし、

もっというと、売れ続ける商品の作り方を教えられる人はもっといない。

 

だからこそ、僕が教えようと思ったわけです。

 

普通に中上級者でも唸るほどの内容にしていますので、ぜひご参加ください。

【オンラインサロン】
入会費3000円⇢今なら永年無料

好きなことだけに没頭する
人生を楽しみませんか?

【学べる内容】

  1. 月商で30万いかない起業家が翌月から月商100万~300万をコンスタントに出す方法
  2. 年商1億円いかない人が確実にやっていないあることとは?
  3. 6割の起業家は3~4年に消える。しかし、10年~20年以上続くビジネスにする方法がある。その方法とは?
  4. 月商100万がまだまだ非現実だと思う人へ勧める「初月で月商30万を出す方法」
  5. 1日50人安定して集客する方法
  6. コピーライティングは習得するのに最低3年かかる。しかし圧倒的な成約率を3ヶ月で出す方法とは?
  7. 世界中を旅しながらビジネスをするイケてる社長になる方法
  8. 半年以内に独立・起業したい人がムダなことをせずに最短でビジネスを軌道に乗せる方法
  9. リピート率を驚異的に高めて、固定客だけで安定した売上を出す方法とは?
  10. 初心者が短期のうちにメディアに取りあげられ、一気に知名度を高める方法